FC2ブログ

『日本建築の自画像展』に行ってきた


 『日本建築の自画像展』に行ってきた

『日本建築の自画像展』に行ってきた
 
 『日本建築の自画像展』が12月15日までなので香川県立ミュージアムに行ってきた。
 私は舐めていた。1時間もあれば見れるだろうと。内容が充実していて2時間かかった。
 講演もあったが、それはパスした(12月14日・土には建築家・三分一博志さんによる講演がある)。

『日本建築の自画像展』に行ってきた
 『日本建築の自画像展』ポスター

香川県立ミュージアムに行ってきた。
 わたしが建築に興味を持ったのは、丹下健三によるこの香川県庁舎の影響が大きい。当時の金子正則知事の友人である画家・猪熊弦一郎、、インテリアデザイナーの剣持勇などが関わった非常に贅沢な建物で、モダニズム建築20選に選ばれている。

 小学校が近かったので、この庭やエントランスなどで遊んだ。現在は耐震工事中。私は同じく丹下健三設計の県立体育館は(費用の面で)残すべきではないと考えているが、この県庁東館は多少費用をかけても百年以上残すべきだと思っている。

香川県立ミュージアムに行ってきた。
 現在の香川県庁舎の模型(模型などは撮影可だった)。十数階の本館ができて、従来の県庁舎は東館となった(本当にこれだけの建物が必要だったのか?口の悪い人は近くの高松市庁舎より高くしたかっただけじゃないかと言う)。

香川県立ミュージアムに行ってきた。
 五色台にある瀬戸内海歴史民俗資料館。私は3回ほど行った。
 設計者は、驚くなかれ山本忠司(ただし)という香川県職員。ヘルシンキオリンピックに三段跳びの選手としても出場している。丹下健三、猪熊弦一郎、イサム・ノグチ、流正之、ジュージ・ナカシマ、大江宏、芦原義信、大高正人、浅田孝ら著名な芸術家、建築家らと仕事をしている。

 デザイン知事と言われた金子正則知事の時代で、日本自体が右肩上りの時代だったからこれだけの建物が作れたと思われる。現在では無理。

香川県立ミュージアムに行ってきた。
 坂出人工土地の模型。浅田孝、大高正人、山本忠司らが関わっている。

香川県立ミュージアムに行ってきた。
1882(明治15)年の高松市街地。高松(玉藻)城から紫雲山を望んだ写真。立派なものである。

香川県立ミュージアムに行ってきた。
 建築家・藤森照信さん手書きの「日本建築系統樹」。縄文~現代まで。

香川県立ミュージアムに行ってきた。
 建物の基本。丸太とツルと茅(かや)か稲わらなどがあれば雨露はしのげる。
 こうの史代さんの漫画「この世界の片隅に」にも描かれているそうであるが、空襲後、呉市にはすぐに三角式応急住宅がたくさんできたそうである。

香川県立ミュージアムに行ってきた。
 伊勢神宮内宮正殿模型。上記丸太三角家の発展形と見えなくもない。

香川県立ミュージアムに行ってきた。
 過疎化の進んだ高知県土佐山田町佐岡地区の金峯神社はこのような形だという。数戸になればあり得る。

香川県立ミュージアムに行ってきた。
 思いのほか内容があったので図録を購入した。370ページほどある。2800円。




 新国立競技場や高輪ゲートウェイ駅などを設計した隈研吾さんは、高知県梼原(ゆすはら)町とかかわって以来、木材などの自然素材を多用するようになった。

 わたしはずっと建築雑誌『新建築』を毎月読んでいるが、隈研吾さんに限らず、木材を多用する建築が増えているように感じている。戦後、山に植林した木材が建築用に使えるようになってきたこと、山の手入れのためにも順次出荷する必要があること、山村に仕事を生み出す必要があること、自然素材が人にやさしいこと、などが考えられるが、科学的に問題なければ、いいことだと思っている。


以上


結局、車検をした。


 結局、車検をした。

結局、車検をした。

 わたしの3代目マイカー・ホンダ初代フィットの車検はこの11月の末だった。私は1つのクルマを長く乗るほうである。
 1代目の三菱ミラージュは10年弱、2代目ホンダ・アコードは17年半、現在の3代目が15年、走行12万キロ弱。
 あと10年もしたらクルマはCASEの時代になるはず。だからマイカーは次の4代目が最後になると考えた。そうすると替え時かなと。

 現在のマイカー、初代フィットの最大の弱点はAピラー(柱)が太すぎること。視認性に問題あり。あと私のクルマ固有の症状としてジャダー(発進時の振動、異音)が挙げられる。ほとんど1人で乗り、川沿いの雑草・雑木の生い茂った狭い道や山道を走るのが好きなので、小さいクルマがいい。そういう意味ではぴったり。現状で点数をつけるとしたら80点。

日本再生のヒント
 
 4代目ホンダ・フィット。Aピラーが細くなっている。実車を見て、少し走ってみて気に入れば、これにするつもりであった。
 当初10月発売予定であったが、電動パーキングブレーキの不具合で来年2月の発売に変わった

結局、車検をした。
 
 今回車検時の代車、ホンダN-BOX。前回定期点検時代車はN-BOXターボであったが、一般道をちんたら走っていたので違いは感じられなかった。月販2万~3万台売れるベストセラーカーだけある(26か月連続1位)。車幅が狭い以外ほとんど文句のつけようがない。一般道を少人数で50キロや100キロ走るぶんにはこれで十分。公的な試験でもホンダの軽は衝突安全性が高かったし。

 車検が終わりマイカーに戻ったとき、軽といえども200万円近くするものがあるのに納得した。15年間の変化には凄いものがある。ありとあらゆる装備が付いている。装備に関しては500万円の高級車とほぼ同じ。候補車ナンバー2。

日本再起のヒント
 
 候補車ナンバー3のホンダN-WGN(ワゴン)。発売してすぐに電動パーキングブレーキの不具合がみつかり現在は生産見合わせ中。N-BOXはファミリーカー。N-WGNはパーソナルユース。N-BOXより車高が低く、後席ドアがN-BOXの(電動)スライドドアに対し、普通のヒンジ式のドアのため、車重は軽く、価格が十数万円は安いはず。

日本再起のヒント
 
 第4候補のスズキ・スウィフト。クルマ評論家が全員「走りがいい」と言う。フィットに比べて後席は狭い。スズキのディーラーに聞くと、受注してから納車は約2か月後とのこと。乗る機会があり、「これはいい!」となると買うかも。

結局、車検をした。

 第5候補のスズキ・ジムニーシエラ(1500cc)とジムニー(660cc)。ディーラーに聞くと、納車は1年後くらいになるとのこと。世界的にヒットしている。セカンドカーとしては十分あり。

結局、車検をした。

 つい先日発売された12代目トヨタ・カローラ。12代目にして初めてグローバルサイズになった(車幅1745ミリ)。3ナンバー車。私は車幅の大きな車は買う気はないが、やっと「オジン車」を脱し、これは売れそうな予感がする。

結局、車検をした。

 来年2月発売予定のトヨタ・ヴィッツ改めヤリス。ヤリスは世界ラリー選手権で善戦している。同じく2月発売になったホンダ・フィットといい勝負をすると思われる。車内はフィットが広い。

 クルマのデザインは難しい。美しいデザインのクルマが売れるとは限らない。トヨタ・シエンタのデザインはどう見ても「奇」である(私も面白いとは思う)が、売れている。ヤリスも売れそうな予感がする。

結局、車検をした。

 マイカーのフィット。10月に買い替える予定であったが、4代目フィットとN-WGNが現在販売されていないことから車検をすることにした。

 当初車検費用見積額は12万円であったが、1年以内に買い替えるという条件で10万円にしてもらった。バッテリー等は交換した。嬉しかったのは、ジャダーがなくなったこと。まだ2年以上乗れるんじゃないかな?点数は87点。15年も乗っているので手足のように操れるし。

結局、車検をした。

 近所にある初代ホンダ・ライフ。40数年前の軽自動車。こういう乗り方をしたいのだが…。

結局、車検をした。

 つい10年ほど前まで、3代目日産ブルーバードP510型のファンがあちこちにいて、何十年と乗っていたのを見かけた。当時の最先端の技術、装備をしていた。サファリラリーでも総合優勝した。50年ほど前になるか、日産が最も輝いていた時代だった。最近は、トヨタが頑張っている。

結局、車検をした。
 日経新聞2019年6月2日 <こういうクルマの楽しみ方もある>

 千葉県の元会社経営者の島影さん(70)。10年ほど前にスズキの小型4WD「ジムニー」を手に入れ悪路走破にはまってしまった。日本には自由に走れる場所があまりないため山を購入し、重機を使い自分で専用コースを作ってしまった。18人の仲間に無料で開放し一緒に楽しんでいる。写真は(恐らく)先代のジムニー。改造してほとんど面影はない。車体は転倒などしてボコボコ。

結局、車検をした。
 四国新聞2019年9月6日

 「運転やめた高齢者 要介護リスク倍」
 「外出減、健康に悪影響か」 ⇍⇍⇍ これは真理!


以上



次のマイカーをどうしようか?

 次のマイカーをどうしようか?

次のマイカーをどうしようか?
 わたしの理想の車。日産ブルーバードP510型。1600cc。OHCエンジン、四輪独立懸架など先進技術が盛り込まれていた。サファリラリーで優勝したこともある。日産の絶頂期の車。製造1967年~72年。わたしは実際に所有したことはないが、30年以上乗っていたファンはざらにいた。名車。

次のマイカーをどうしようか?
 先日、半日ほどレンタルしたホンダS660。2シーターで、荷室はほとんどなく、ファーストカーとしてはちょっとムリ。

次のマイカーをどうしようか?
 左:スズキ・ジムニーシエラ1500cc,右:スズキ・ジムニー660cc。どちらにするか迷うところ。狭い山道などでは無敵。世界的人気車種でバックオーダーを沢山かかえている。

次のマイカーをどうしようか?
 ホンダN-VAN660cc。ホンダらしい工夫に満ちた商用車&ホビー車。興味がある

次のマイカーをどうしようか?
 ホンダN-BOX660cc。大ベストセラーカー。 

 わたしの今の車は初代ホンダフイット1300cc。Aピラーが太すぎるのが欠点でそれ以外特に不満はない。大きさもちょうどいい。現在14.5年目、11.5万キロ走行。ジャダー(発進時の微振動)が多少ある。


 フィットの前はホンダアコードに17.5年乗っていた。その点検時の代車がフィット。思ったより車内は広いし、実にイージーにキビキビ走る。「これで充分じゃないか!」で、次のマイカーはフィットになった次第。


 恐らく、あと10年もすると自動運転車は普通になり、カーシエアも当たり前になっているはず。とすると、次の車が最後のマイカーになる。今の車には愛着があり、半年ごとに点検に出しているので機嫌よく走ってくれる。しかし、年末には車検が控えているので買い替えどきではある。

 先日、フィット6カ月点検時に代車としてN-BOXを借りた(たまたま)。ターボ付きであったこともあってか、車幅は狭いが、走りはコンパクトカー(1000~1300cc)と変わらない。中は広い。よく出来ている。さすがはベストセラーカー。

 その前の点検時にはホンダフリード1500ccであった。これもよくできた車で、4名以下乗車ならほとんど文句のつけようがない。しかし、フィットの新型が早ければこの秋にも出るといわれている。しばらく楽しく悩みそう。

.........................................................................................................

次のマイカーをどうしようか?
 (草思社)

 島下さんの、以上の車に対する評価は、私とほとんど同じである。

次のマイカーをどうしようか?
 スズキ・スイフトスポーツ1400ccターボ。

 乗ったことはないが気になる車。車評論家10人が10人同じことを言う。①走りがいい。②性能の割に安い(190~200万くらい)。機会があれば乗ってみたい。場合によっては候補になるかも。

 ホンダN-WGN、ダイハツ・タントは今年7月にモデルチェンジの予定。情報によるとどちらも魅力的。

 古い話だが、2011年10月にマツダ・デミオのレンタカーで東北地方の海岸線を走り回った。九十九折れなど走っていて楽しかった。現行車もそのDNAは受けついているはず。

 古い話ついで。レンタカーでヴィッツ派生車のベルタ(4ドアセダン)とist(イスト)を借りたことがある。両方ともひどいものであったが、特にベルタは直進性能とブレーキの効きに問題があった。車固有の問題というよりも、レンタカー会社の整備に問題があった可能性がある。

次のマイカーをどうしようか?
 四国新聞2019年5月20日

 「四国地域について注目すべきなのは、保有車両数に占める軽自動車の比率が51.2%と全国9ブロックの中で最も高いということです。香川県においても48.9%(同)となっており、全国平均より9ポイント高くなっています」

次のマイカーをどうしようか?
 朝日新聞2019年5月29日

このニュースを最初に見たとき、「弱者連合!?」と思ってしまった。規模が大きければいいというものではない。 

次のマイカーをどうしようか?
  紫雲山ハイキングコース
次のマイカーをどうしようか?
 香東川東岸

 わたしは信号機のないこういう道や川の狭い側道を好んで走るので、小さい車(車幅1.7m以下)がいい。狭い道で対向車とすれ違うことが多いので、車の左側は、草花や木、竹藪などで擦りまくり。


 もし私に数億円の金があれば、日産GT-RやホンダNSX、トヨタスープラ、トヨタセンチュリー、ポルシェ911などの高級車を買って、納屋などに保管しておく。1964年だったかにセイコーがクオーツ時計を発売してからスイスの百万円、千万円単位の時計の値打ちが上がったようなことが10年後、20年後におきると思われる。


 数億円の金とは縁がないので、しばらく楽しく悩むことにしよう。


以上


『江戸の超グラフィック』展に行ってきた。

 『江戸の超グラフィック』展に行ってきた。

『江戸の超グラフィック』展に行ってきた。
 ポスター。現在、瀬戸内国際芸術祭の一環として、5月26日(日)まで、香川県立ミュージアムで『江戸の超グラフィック』展が開かれている。高松松平家の博物図譜を紹介するもの。

『江戸の超グラフィック』展に行ってきた。
四国新聞2019年5月13日
『江戸の超グラフィック』展に行ってきた。
 左側が香川県立ミュージアム。右側が香川県民ホール。背景は屋島。
『江戸の超グラフィック』展に行ってきた。
 県立ミュージアム入口。バイク(カブ)で行ってよかった。地下駐車場入り口で車が10台くらい並んでいた。
『江戸の超グラフィック』展に行ってきた。
 すぐ隣がわが母校城内中学校跡地。少子化、市の中心部のドーナツ化現象のため、小学校・中学校ともかなり前に廃校になった。私のころは3学年で800人ほどいたはず。四番町小学校は6学年で2400人。最後は110人前後と聞いた。

『江戸の超グラフィック』展に行ってきた。
 会場から北を見ると、すぐ下が高松城(玉藻城)。遠景はサンポート高松のビル群

『江戸の超グラフィック』展に行ってきた。
 図録 1800円。高松松平家は水戸徳川家と縁が深く、高松松平5代藩主、松平頼恭(よりたか:1711~1771)の命により制作された「衆鱗図」(魚)、「衆禽図」(鳥)、「衆芳画譜」(植物)、「写生画帖」を紹介するもの。
 その精緻な描写力には驚かされる。一説には、平賀源内が関係しているとも。

 この博物図の取り組みは世上の高い評価を得、魚図は徳川将軍へ献上された。またその後の研究により、動植物図は多数の転写(コピー)例があることが判明している。

『江戸の超グラフィック』展に行ってきた。
 一例:「鮎」
『江戸の超グラフィック』展に行ってきた。
 「ハヽテウ」となっている。
『江戸の超グラフィック』展に行ってきた。
 これは私の手元の写真だが、最近時々見るようになった「ハッカチョウ」ではないか?調べたら、元々は東南アジアの鳥で、最近日本でも見かけるようになったと書いていたが?江戸時代からいたのか?
『江戸の超グラフィック』展に行ってきた。
 「アヲイ」

........................................................................................................

『江戸の超グラフィック』展に行ってきた。
 寝るときは暑いので短パンをはいて寝ていたら、朝方はひやひやするので2日続けて脚(あし)がつった(痛いのなんの)。昨夜は短パン、レッグサポーターで寝たら大丈夫だった。ちょっとした違いだが。
 昔、スポーツデポで何組か買った。@1500~1600円くらいだったか?


以上


阪急京とれいん雅洛とガンツウ…

 
 阪急京とれいん雅洛 と ガンツウ…

 その内、落ち着いたら乗ってみたい乗り物です。

阪急京とれいん雅洛とガンツウ
 阪急京とれいん雅洛(がらく)。大阪・梅田~京都・河原町

阪急京とれいん雅洛とガンツウ
阪急京とれいん雅洛とガンツウ
阪急京とれいん雅洛とガンツウ

...................................................................................................

阪急京とれいん雅洛とガンツウ
 ガンツウは、「新建築」2017年12月号で知った。
 ガンツウの名前の由来は、イシガニの尾道地方の方言。
阪急京とれいん雅洛とガンツウ
 尾道のマリーナを発着港とし、瀬戸内海を1~3泊かけて周遊する。
阪急京とれいん雅洛とガンツウ
 途中では寄港はしない。
阪急京とれいん雅洛とガンツウ
 乗客数は最大38名、全18室。
 宿泊は錨泊した船内でする。
阪急京とれいん雅洛とガンツウ
阪急京とれいん雅洛とガンツウ
阪急京とれいん雅洛とガンツウ
阪急京とれいん雅洛とガンツウ
 船尾に搭載された小型船(テンダーボート)を降ろして乗り換え、宮島などの景勝地や集落に乗客を案内する。
阪急京とれいん雅洛とガンツウ
 小型船(テンダーボート)は船尾左右に計2隻搭載されている。
阪急京とれいん雅洛とガンツウ
阪急京とれいん雅洛とガンツウ

....................................................................................................

阪急京とれいん雅洛とガンツウ
 せとうちSEAPLANESは、尾道市を拠点として水陸両用機による遊覧飛行やチャーター便の運航を行っている。

阪急京とれいん雅洛とガンツウ
阪急京とれいん雅洛とガンツウ



 その内、是非乗ってみたい。


以上


プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子、足立康史、竜崎伸也ほか多数。

最新記事
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター