FC2ブログ

高松・丸亀町商店街

高松・丸亀町商店街
 (929円)
 20年後、少子高齢化やAI・IOT時代(自動運転なども含む)などで日本社会は様変わりしているのは間違いない。
 このシリーズ累計76万部突破!とか。

高松・丸亀町商店街
 同上254-255ページ「丸亀町商店街」の成功
 30年に及ぶ努力の成果である。現在も、周辺の町をも巻き込み日々進化し続けている。
 毎日のように視察者が殺到している。

高松・丸亀町商店街
 四国新聞2019年2月28日

 「居住人口の増加に向けた再開発を進めている高松丸亀町商店街振興組合は、まちなかに住みやすい環境を整えるため、診療所を核とした地域包括ケアの仕組みを構築した。丸亀町北端の壱番街内に診療所、薬局、健康管理施設、レストラン、保育所の5施設がオープン。高齢化が進む中、多業種の連携で「医・食・住」のサービスを一カ所にそろえ、年齢を重ねても暮らし続けられるまちを目指す」

.....................................................................................................

今日は新聞休刊日。1時間半ほど時間ができたので久しぶりに商店街に行った。

高松・丸亀町商店街
 高松市商店街三町ドーム。丸亀町、兵庫町、片原町の辻。
 丸亀町は400年以上の歴史がある。

高松・丸亀町商店街
 丸亀町壱番街=A街区三町(さんちょう)ドームやルイヴィトン、テイファニーなどの高級ブティックや診療所、フイットネス、保育所などもある。上階はマンションなど居住スペースになっていることも。

高松・丸亀町商店街
 ドームの下には瀬戸内国際芸術祭の一環として現代美術作家ヤノベケンジさん製作の巨大オブジェが置かれている。背後(北側)は高松三越。

高松・丸亀町商店街
 ほぼ中ほど。ABC-MARTの向こうは雑貨のFrancFranc(フランフラン)。右手はZARA

高松・丸亀町商店街
 今日の目的のひとつ。宮脇書店本店

高松・丸亀町商店街
 丸亀町最南端のG街区=丸亀町グリーン。黒い垂れ幕はトリエンナーレ「瀬戸内国際芸術祭」のもの。
 三町ドーム下とここで各種催事が行われる。

高松・丸亀町商店街
 ここにもヤノベケンジさんのオブジェが。
高松・丸亀町商店街
 丸亀町の最南端。ダイワロイネットホテル高松。この間約470メートル。

高松・丸亀町商店街
四国新聞2019年6月4日

 丸亀町最南端から東へ100mほど行った瓦町(かわらまち)にホテルWe Base(ウィベース)高松がある(元ワシントンホテル高松)。ここにもヤノベケンジさんの作品がある。

 ヤノベケンジさんは、前回だったかの瀬戸内国際芸術祭に、ビートたけしさんとの共作(小豆島)を展示していたはず。

高松・丸亀町商店街
  高松市中央公園
 毎年8月12日~14日は「さぬき高松まつり」。メイン会場のひとつ。
 13日夜の花火大会は台風10号の影響で中止が決まった。
 14日夜の総踊りはどうなるか?
........................................................................................................

高松・丸亀町商店街
 フィットネスクラブがお盆休みなので福岡町市民プールに行った。





高松・丸亀町商店街


河合雅司(かわい・まさし)さんの『未来の地図帳』丸亀町商店街のことが出てくる。抜粋してご紹介します。


.......... .......... ..........


 「丸亀町商店街」の成功

 国内のお手本とすべき成功例がある。香川県高松市の中心に位置する「丸亀町商店街」だ。

 第3セクターのまちづくり会社がデベロッパーとなって再開発ビルを経営するというユニークな再開発スタイルが商店街活性化策の成功事例として有名になったが、重要なのはここではない。注目すべきは「人が住める町」に生まれ変わらせた点である。

 商店街の業種の偏りを是正し、飲食店から日用雑貨や生鮮食品を扱う店舗、診療所まで暮らしを支える機能を充実させたのである。買い物から各種サービスの利用まで日常生活で必要となることの大半を商店街の中で済ませることが出来るような環境が整えられた。しかも、商店街の上部を居住スペースにしたのだ。消費者ではなく生活者の呼び込みを優先した〝住むことのできる商店街〟の実現である。

 バブル経済期の地価高騰を受けて、居住物件の価格を配慮して抑制した結果、郊外に移り住んだ〝かつての住民〟などが戻り、商店街にも活気が戻ったのである。私も何度か足を運んだが、大きなアーケードの下で雨の日も手軽に買い物ができるのは魅力的だ。

 「丸亀町商店街」のようにストリート型の商店街でなくとも、既存の施設でぴったりな建物がある。大型ショッピングモールだ。

 生鮮食品から衣類、雑貨、医療機関やスポーツ施設まで整っており、そこに足りないのは「住民」だけだろう。

 居住スペースはショッピングモールの上層階か、隣接地に作り、地域住民が集まり住めるようにするのである。建物はすでに完全バリアフリーになっているわけであるし、ここの住民は傘を差さずに街に出ることができる。ショッピングモール側にしても、住民は顧客としてだけでなくパート社員ともなってくれるので人材も確保しやすい。


.....................................................................................................


 《付録》


 丸亀町商店街再開発の基本的考え方


 丸亀町商店街振興組合常務理事・明石光生氏が、雑誌『新都市』に2003年1月に次のように書いている。これは、AG両街区の組合設立が認可された頃に書かれたものである。


 思えば、商店街で重要なのは、新陳代謝です。何代も続いているお店も、時代に合わせて商売の工夫を重ねてきています。それができないのなら、もっとうまく商売をやる人に土地やお店を使ってもらわないといけない。今、日本の商店街で空き店舗が増えている理由のひとつは、そういうふうに土地やお店がうまく使われていかないからではないかと思います。

 商売に意欲がある人と、資産を守りたい人の利益がうまくあわなくて商店街の活性化が進まないということもあるのではないでしょうか。土地はやっぱり有効に使われてこそ、みんなのためになるし、ほんとうは権利者のためにもなる。だから、丸亀町でも、権利者の人たちには街づくり会社に資産を投資してもらうという考え方をとってもらっている。大型店の撤退が続いている今では、もう、みんなでやる事業以外にはほかに有利な投資先はないんです。

 といってもどれほどのリターンがあるかは重要です。そこで私たちの開発では、投資額=従前資産(土地+建物)、利回り=年額家賃収入の合計額として、3〜10%程度(平均6%程度)となるように、計画を組んでいます。不動産の時価評価を収益還元型で行う場合の不動産投資に関する還元利回りが4〜7%、不動産の証券化では3〜5%が普通といいますから、その位はリターンが得られるようにしたい。

 実は、このようなリターンを決めるのもみんなでやりました。できるだけ地代が大きいのを望む権利者と、ランニングコストである地代の軽減を図りたい街づくり会社の事業採算のシミュレーションをみんなの参加するワークショップでやっています。こうすることで、とかくブラックボックスとなっている権利変換のプロセスを単純化してわかりやすくし、事業の透明性を高め、地権者間の不公平感を払拭しようとしてきました。

....................................................................................................


①都市再開発法に則り、再開発組合が市街地再開発事業を行う。土地所有は変えない定期借地方式とする。

②商店街・権利者などが出資して設立した街づくり会社が、再開発組合から保留床(定期借地権付き)を購入し、権利床を含め施設全体を運営・管理する。

③権利者は街づくり会社から地代・家賃を受け取る。

出店する地権者はほかのテナントと同じ扱いになるが、支払う家賃と受け取る地代は相殺される(出店する面積にもよる)が、地権者は土地処分型の権利床に相当する床を家賃なしで使うことができる。なお、床の利用にあたっては街づくり会社のマネジメントに従う


以上


太郎さんのケーキ

太郎さんのケーキ
 毎日新聞2019年8月7日「水説 sui-setsu」 福本 容子論説委員

「弱者」を政治利用して税金を食い物にする人々
 れいわ新選組の公約。 全く寸法が合わない!!

トリックスター「山本太郎」

 週刊新潮2019年8月8日号で評論家の大宅映子さんはこう言っている。

 「責任を伴わないので、消費税をやめましょうでも、社会保障は十分やります、という連立方程式としては成り立たないこともなんでも言えました。いまの若い人たちは単純だから、〝そうだ、その通りだ〟ってなるのでしょうが、そんなに世の中、単純じゃない

 「政治ってそんなに簡単な話ではありません。複雑な人間社会を理解したうえで、こちらを立てればあちらが立たないなかで考えた挙句、これは捨てなきゃいけないという苦渋の決断をし、これを選んでいこうというものをみなさんに提供するそれが政治でしょう」

弱者の政治利用?
 朝日新聞2019年7月31日「多事奏論」 国分高史編集員

 「れいわ旋風 心からの言葉 だから刺さった」だとさ。朝日的 気色悪さ!朝日ではこういうヤツが出世する。

.....................................................................................................

太郎さんのケーキ
 私は外出するときはハンカチを持って出る。
 100円ショップ・セリアに行ったとき、デザインに惹かれて日本手ぬぐいをついで買いした。
 ハンカチより少し大きいのでポケットでは少しもぞもぞするが、夏はこれがまことに具合がいい。
 手をふく、汗を拭くのほかに、冷房の効き過ぎた場所では首に巻いておけば肩こりを防げる。

太郎さんのケーキ
 そこで、次に行ったときに買い足した。






 太郎さんのケーキ


 朝日新聞「れいわ新選組」を盛り立てようと一生懸命であるが、同じような「偽リベラル」でも毎日新聞は違うようである。2019年8月7日の「水説」福本容子論説委員のコラムをを抜粋してご紹介します。


.......... .......... ..........


 先週、「ケーキ思想」について書いた。ケーキは食べたし、でも食べた後もケーキを持ち続けたし。そんな両立しない願望を「政策」に掲げる政治家代表として、イギリスの新首相ボリス・ジョンソンさんを紹介した。

 今週は日本版ボリスのお話。
 彼は高校を中退しているそうだから、超エリート校出身の真正ボリスと学歴的には対極にある。でも、型からはみ出ていて、人を引きつける才能があり、ジュークで笑わせる、という共通点がある。


 参院選で時の人となった、れいわ新選組代表の山本太郎さん。

 消費税をゼロにする、が「ケーキを食べる」。同時に555万人の奨学金をチャラにする。公務員を増やす、最低賃金を全国一律1500円にする、などは「ケーキを持ち続ける」に該当する。

 今回、れいわから当選した2人の新人が議員の仕事をするには、付きっきりの介助が必要になる。その費用を公費で、も「持ち続けるケーキ」の一つだろう。


 太郎さんは、財源はある、と胸を張る。お金持ちやもうかっている大企業からもっと税金を取れば、総額29兆円を確保できるそうで、「いけるじゃないですか!」と街頭演説で叫んでいた。

 本当にいける?
 まず、お金もちからたくさん所得税を取るというけれど、日本で所得税率が20%超、という人は納税者全体の約5%しかいない。33%のアメリカ、21%のフランス、15%のイギリスとは大違いだ。

 つまり、一握りもいない人たちへの税率を目いっぱい上げても大勢に影響はなく、所得税で消費税の相当部分を補うには、太郎さんが「みなさん」と呼びかける大衆の所得税も上げざるを得ない

 法人税についても、しかり。国税庁の調査結果によると、企業の約6割が赤字を理由に法人税を免れている。ちゃんと払っている4割の企業への税率をどれだけ引き上げたら、消費税撤廃分の穴埋めや、公務員増加による歳出増や最低賃金一律1500円の政府保証などに必要な財源を確保できるというのか


 既存の野党が、ブームのれいわと対抗するには、幻想ぶりを攻めるしかない。それには自分がケーキ思想と決別する必要がある


..............................................................................................................................


(感想・意見など)

 毎日の福本容子論説委員の意見は、朝日の国分高史編集委員と違って、いたってまともである。



以上



「弱者」を政治利用して税金を食い物にする人々

「弱者」を政治利用して税金を食い物にする人々
 れいわ新選組の公約

 日本の国家予算は100兆円を超える(本来なら80兆円程度で運営すべきだろうが…)。
 歳入が120兆円ほどもあれば「れいわの公約」も実現できるのだろうが、とてもじゃないがそんな金はない!

「弱者」を政治利用して税金を食い物にする人々
 れいわ新選組の船後靖彦氏と木村英子氏。
「弱者」を政治利用して税金を食い物にする人々
 週刊文春2019年8月8日号。 
「弱者」を政治利用して税金を食い物にする人々
 同。

 山本太郎氏は勉強は中学生ほどもできないが、参謀が教えることを丸暗記して、演説したり、一問一答に応えるらしい。そういう意味ではある種の才能はある。
 
「弱者」を政治利用して税金を食い物にする人々
 社会保障給付費は増加の一途

.......................................................................................................

「弱者」を政治利用して税金を食い物にする人々
 讀賣新聞2019年7月31日

 「ロナルド欠場 法廷闘争 ソウルの観客 『精神的苦痛』 賠償求め」…いかにもコリアン!!

 C.ロナルドも30代半ば。幼いころからスポーツをして体はガタガタで、だましだましプレーをしているはず。わたしだったらプレーを観れたらラッキーくらいの気持で見に行くが、コリアンはそうもいかないみたい。

「弱者」を政治利用して税金を食い物にする人々
 コサギより大きい。チュウサギか?





 「れいわ新選組」にはうさん臭さが付きまとう。アゴラ研究所社長の池田信夫さんがそのあたりのことを非常にうまく表現していて正論だと思われる。ご紹介します((強調は引用者)。


.......... .......... ...........


「弱者」を政治利用して税金を食い物にする人々
2019年08月01日 池田 信夫


臨時国会が召集された。注目が集まっているのは、れいわ新選組の2人の重度障害者の議員だ。彼らは重度障害者の介護費用をすべて国が負担する制度改正を求め、それが決まらない場合は国会に出ないとも発言していたが、そんな改正が簡単にできるはずがない。参議院は当面の措置として国費による介助を決めた。


重度訪問介護には公的助成があり、介助者のコストは1割負担だが、就労中は「雇用者」が負担するルールになっている。今回は参議院が雇用者負担を立て替えた形だが、参議院は国会議員を雇用しているわけではない。費用を負担すべきなのは、彼らを「特定枠」で当選させたれいわ新選組である。

れいわの山本太郎代表はテレビで「障害者が自己負担で働くのは間違いだ。あしき前例になる」と発言したが、この2人を例外にすることこそ悪い前例になる。日本中に障害者はたくさんいるのに、なぜ彼ら2人だけ100%国費で介助するのか

こういう問題が起こったのは初めてではない。かつて弱者を利用して優遇措置を勝ち取ったのは反社会的組織だった。彼らは暴力で要求を実現したのではなく、役所やマスコミを「差別者」として脅し、その要求を通したのだ。

そういう制度は、初期には弱者を救済する役割があったが、既得権になると差別を利用して税金を食い物にする組織ができた。今れいわ新選組がやっていることは、そういう反社会的組織と同じである。

身内の弱者だけ特別扱いを求めて、実力行使する。それを批判する人は「障害者差別だ」と糾弾して黙らせる。サラリーマンにとっては差別がらみのトラブルは命取りになるので、役所やマスコミは黙るが、ネット上ではそうは行かない。


超高齢化で医療や介護の負担が重くなるとき、それを社会的にどう負担するかは大きな問題である。2018年度の社会保障経費121兆円のうち、介護費用は10兆円。これが2040年には25兆円に達すると予想されている。介護費用は原則として1割負担だが、これを2割負担にする制度改正が検討されている。

そういう中で2人の障害者だけ全額国費負担することは、法の抜け穴になる。国会議員の年収は議員歳費や政党交付金など3000万円以上あるのだから、彼らがその費用を自己負担するのは当然だ。


私は障害者の公的支援が不要だといっているのではない。社会保障の負担は現役世代を含む国民全体の問題であり、受益者だけが決める問題ではないのだ。今回のようにアドホック(その場限り)に国費負担を拡大していくと介護は無法地帯になり、制度として崩壊してしまう

れいわがすべての障害者の利益を考えるなら、今回の2人については党として介助費用を負担し、国会の民主的な手続きで介護制度の改正を要求すべきだ。


以上


弱者の政治利用?

  弱者の政治利用?


弱者の政治利用?
 四国新聞2019年7月31日

 「参院は30日の議院運営委員会で、れいわ新選組の船後靖彦議員ら重い身体障害がある2人の議員活動中の介助費について、参院が当面負担すると決めた」

 今回は議論する時間がなかったので「当面負担」はやむを得ないが、今後、理性的に全体をみて熟議のうえで決めてほしい

弱者の政治利用?
 れいわ新選組の参議院議員2人は、今日初登院した。

弱者の政治利用?
 
 山本太郎氏のお母さんは、「あの子は政治のことは何も勉強していない」と言っていた参謀として中核派がいるとの噂もある。

 誰しもおかしいと思っていても批判し難いことはある。少し批判がましいことを言った者を「差別だ!!」と糾弾し言論弾圧するのは反社会的勢力の常である。

 例えば、北朝鮮の息がかかっている韓国の挺対協は、元慰安婦のお婆さんがたに「日本からの金は受け取るな!」と言って貧しいままにしたり、雨が降る中、90歳前後のお婆さんを反日デモの先頭に立たせ引きずり回したりする。完全に政治利用

弱者の政治利用?
 朝日新聞2019年7月31日「多事奏論」 国分 高史編集委員。いかにも朝日らしい人。

 「れいわ旋風」などと書いているが、そんなものあったの?自民党以外に入れたいがどこに入れるか困った人が面白そうだと思って入れただけじゃないの?「心からの言葉 だから刺さった」だと。キショク悪ーゥ。大仰に持ち上げるような話ではない。

 私は山本太郎はチンピラだと思っている。10年後にまともに活躍していれば考えを改めるが…。

弱者の政治利用?
 朝日新聞2019年7月31日 ニュージーランドのロトアルの小倉哲夫さんの記事。

 ニュージーランドで刺青(入れ墨)が再評価されているという記事。民族の慣習としてやる分にはかまわない。日本人が入れていたら、私は10点満点で2・3点減点し、その人物のことがある程度分かるまで敬して遠ざける。

 そんなつまらぬことより、刺青の健康面への影響を書いてほしい。昔、宅見勝(たくみ・まさる:山口組ナンバー2で射殺された)若頭の話を読んだことがある。宅見若頭も倶梨伽羅紋々を入れていたそうで、「ヤクザは刺青のため皮膚呼吸ができなくなります。そのせいで肝臓をやられて死ぬ者が多い」と言っていた。最近もある組長が同じことを言っていた。本当かな?

 私が中学生の頃は新聞は20ページくらいしかなかった。この日の朝日は34ページある。だから、こんなしょーうもない記事で埋めたり、国分さんのような角度の付いた記事や、出世するための社内向けの記事や捏造記事を書くことになる。20ページくらいで事実を簡潔に書いてほしい

......................................................................................................


弱者の政治利用?
 国立まんのう公園のひまわり。
 今日、高松市は37度C。うんざり。

弱者の政治利用?
 香東川の浚渫工事?





 みずからが重度身体障害者である長谷川 正さんが、れいわ新選組への違和感を表明している。抜粋してご紹介します。


.......... .......... ..........


山本太郎氏はポリコレ利用の逆差別:障害者の立場からの異論
2019年07月30日 06:01 長谷川 正


れいわ新選組の山本太郎氏が重度障害者を参院選の比例上位に重度身体障害者を擁立した手法について、ツイッターで真っ向から非難したところ、様々な反響がありました。

僕の持論は身体障害者に寄り添ったふりをした最も蔑みの対象の行為だと思っております。


僕が障害者になった経緯

僕自身、38歳の頃に脳腫瘍を煩い、奇跡的に一命はとりとめたものの、左半身麻痺、言語、聴覚、視覚障害が残り、健常者から一転、障害者になりました。

独立して10年かけて育てた不動産会社の経営からも退き、いまは障害年金、月額8万ちょいと、蓄えを切り崩しながらの晴耕雨読の生活をしております。

余談になりますが、術後の想い。

開頭手術後、目が覚めた時に愕然としたのは、全く動かなくなった下半身…
動かないのに痛みだけは感じる身体…

頭は働くが身体は動かない、動かせないもどかしさ、悔しさは筆舌に尽くしがたいものでした。

術後、再発の恐怖と戦いながらの抗がん剤治療は過酷で、24時間点滴に繋がれっぱなし、毎食後30錠のステロイド、連日40度近い熱、食事を取ると襲ってくる激しい嘔吐感、髪の毛は抜け落ち、身体は動かないのに、間接の節々が軋むように痛む。

少しでも身体を動かさないと、このまま寝たきりになるとドクターに言われ、足の指先、手の指先から少しずつ少しずつ動かそうと、リハビリを重ねる毎日。

意識ははっきり頭も働くので、下の世話を第三者に頼む事だけは絶対にしたくない!

幸い、経済的には少し余裕があったため、個室に入ってたので、トイレは部屋の中にありましたが、ベッドからトイレに移動するまで15分位かかる。
転げ落ちるようにベッドを出て、這いつくばってトイレにたどり着く。
そして上半身の力を振り絞りやっと便座に座る。
トイレひとつで、この有り様かと悔し涙が込み上げてくる。

看護師さんから、頼むからナースコールで呼んで下さいと懇願されたが、トイレする所なんて絶対に見せたくない!と拒否するも、患者が転倒したりすると、看護師さんが始末書を書かなきゃいけなくなるとの事情を聞かされ、やっと納得し、それからは看護師さんに支えてもらいながらトイレに行くように態度を改めるが、介護がないとトイレも満足に出来ない自分が許せなかった…

絶対に動けるようになってやると強く思い、リハビリを続け、術後1ヶ月後やっと車椅子に移動できるようになり、立てるようになるまで3ヶ月かかりました。

立てるようになってからは、点滴スタンドを支えに、病院の中を歩く練習。
10mも歩くと、息が切れる。

こんな身体になってしまったのか…
心の中では、このまま生きてるだけって何の役にも立たないじゃないか…
家族に負担をかけてるだけじゃないか…
生きてる意味有るのかな?


ベッドの上で、部下からの日々の報告を受け、指示だけを出してる自分に苛立ちしかなく、何も出来なくなった現実を思い知らされる…。

でも、自殺するのは絶対に嫌だ!
かといって今後、誰かの介護がないと生きていけないのは嫌だ!

だから、絶対に歩けるようにはならないと!

その思いだけで、毎日、病院内の廊下で歩行訓練を重ね、半年後退院の頃にはなんとか一人で歩けるまで回復することが出来ました。


退院後に待ち受けていた過酷な現実…

しかし、退院後が、より一層苛酷だった。
退院後社会復帰すると、当たり前だが、周りは病気前と同じように結果を求めて来ます。
病気前は寝ずにでも働けた身体だったのが、そんな無理など聞いてくれる身体ではなくなってる。

結果を出して当たり前、出せなければ口先だけ。厳しいようだが、ビジネスの社会では当たり前の話。

プロとしての仕事ができなくなった以上、身を退くしかない。そうしないと、皆に迷惑かけてしまい、不幸にしてしまう。身体的にハンデを背負った人間はプロとしては通用しない。

これが現実です。

しかし、それを言葉にすると、障害者を差別してるとか、排除しようとしてるとかの非難を受けるので誰も言葉にはしない。いや、言葉にできません。

障害者に健常者と同じような結果を求めるのは酷な話だが障害者だから大目に見ようは、誰も幸せにならない結果を産みます。


山本太郎氏にホントの優しさはあるのか?

障害者には優しくしてほしい。これはたしかに間違いはありません。
だからこそ、責任の発生しない立場で活躍できる場所を作ってあげることがホントの優しさではないだろうか?


健常者と同じ土俵に引っ張り出すなら、障害者に健常者と同じ仕事をしろと迫る事になる事を山本氏は解ってないのでは?

いや、解ってて、あえて、引っ張り出し、合理的配慮が必要と言ってるんだから健常者が障害者に合わせろ等と弱者の立場に立ってるような詭弁を展開するつもりなのか?

どちらにしても、障害者の事など、まるで考えてなく、自身の悪目立ちの手段として利用してるだけだ!

生産性の無くなった人間は生きてちゃいけない社会を作りだそうとしてると彼は主張している。彼だけじゃなく、左派の自称人権派の人たちは皆同じような事を言う。


資本主義社会において、生産性は必要不可欠な要素

生産性が低くなった、なくなった人でも、楽しく明るく暮らして行ける社会とは、障害者でも活躍できる制度や場所を作る事が必要であって、障害者を健常者の中に引っ張り出す事じゃない!

健常者だと、これを言葉にすると障害者差別だと非難の対象になるので、なかなか口に出せないが、障害者だから、敢えてハッキリ言う!

障害者が健常者と同じ立場で働くつもりなら、健常者と同じ結果を求められるぞ!
障害者だから仕方ないよね…なんて言い訳は出来なくなるんだぞ!

そんな場所に重度障害者を立たせる事が、障害者に寄り添うってことなのか?
僕には酷な事を求めてるとしか思えない。


ポリコレ利用を許さない

仮に今回の選挙で、ふなごさん、木村さんが選挙区で立候補したなら、票を託す人が居たでしょうか?
これは、差別でもなんでもなく、自分の思いを託して代弁してもらおうと思ったでしょうか?

僕自身に置き換えると、健常の時なら『おう!任しとけ!精一杯頑張るから!』と引き受け、また結果を出す自信もありましたが、障害を負ってからは『任しとけ!』なんて、とてもじゃないが言えません。


合理的配慮という権利があるんだから、俺のペースに合わせるのが健常者がやらなきゃいけない事なんだ~!なんて、行き過ぎた主張で「障害者だし、強く反対できないな~」このような心理を逆手に取って、己の利益を得ようとする、卑怯なやり方だ。しかし、これを卑怯と批判すると「差別だー!」となるので強く批判ができない。

これが、いわゆる逆差別。
ポリティカルコレクトネスを利用した、逆差別。
こんなやり方を絶対に許してはなりません!

皆さんも、思ってるはずだけど口にはし辛いだろう。
しかし、僕は当事者なので臆せずハッキリ言わせて貰います!

ポリコレを利用し言論を封殺するやり方をするな!

そんな事をするから、行き過ぎた主張になり煙たがられ、穿った見方をされる原因になり、ホントに困ってる人達がもっと困るんだ!

これは、障害者にかぎらず、同和、在日、マイノリティ差別、女性差別、全てに相通ずる。

そんな、逆差別が横行する社会には絶対にさせたくない。

人権屋達の行き過ぎた主張で、ホントに困ってる人達も偏見の目でみられるような事が、あってはならないから、山本氏のような奴らに屈してはならない!


以上



「最低賃金」引き上げ&全国一律化なら地方と雇用が壊滅する

「最低賃金」引き上げ&全国一律化なら地方と雇用が壊滅する
 週刊ポスト2019年7月12日号「ビジネス新大陸の歩き方」大前研一さん。

「最低賃金」引き上げ&全国一律化なら地方と雇用が壊滅する
 週刊朝日2019年7月12日 野尻哲史(さとし)さん(フィデリティ退職・投資教育研究所所長)。

 「退職したら、地方の中核都市に住めば、生活水準を下げないで生活ができます。県庁所在地の都市でも東京23区と比べると、消費者物価は7%ほど低く、家賃は6割も安くなっています

「最低賃金」引き上げ&全国一律化なら地方と雇用が壊滅する
 先日、近くのスーパー、マルナカで弁当が298円(税込み322円)なのにビックリした。安すぎる!

「最低賃金」引き上げ&全国一律化なら地方と雇用が壊滅する
 日経新聞2019年7月10日 
 NEC優秀な新卒年収1000万円超ソニーも730万円とか。
 これでも世界基準では安すぎる。終身雇用・年功序列はもう無理。横並びはやめよう。
 天下りばかりを考えてやる気のない文部科学省には期待できない。企業は給与・待遇などで欲しい人材を表現しよう
......................................................................................................

「最低賃金」引き上げ&全国一律化なら地方と雇用が壊滅する
 先日、高松市役所マイナンバーカードを作りに行った。
 手続きは簡単であったが、2カ月近くかかると言われたのには驚いた(国にデーターを送信し、国が作るためとか)。このICT時代に!!国はやる気あるのか?
 税理士に言われて何年か前に住基カードなるものを作ったが、それは返してくださいとのこと。住基カードとは何だったのか?

「最低賃金」引き上げ&全国一律化なら地方と雇用が壊滅する
 高松市役所前の中央公園。昔は市民球場と消防署があった。北西角には県立図書館があったが、現在はアイパル香川(香川国際交流会館)になっている。
 高松市牟礼町にはイサム・ノグチのアトリエがあったが、現在は庭園美術館になっている。そのよしみで香川には色々なところにノグチの作品がある。この写真でもオレンジ色の遊具が見える。





 今回の参議院選の争点のひとつが最低賃金の引き上げである。それにはほとんどのひとが異存がない。ただし、①急激に引き上げることと、②全国一律にすることは大反対である。

 小西美術工藝社社長のデービッド・アトキンソンさんは、「時給1000円払えない企業は潰れるべき」と言うが、私はそこまでは思わない。①急激に引き上げると、2年間で3割近くも引き上げた韓国の二の舞になる。徐々に引き上げるべきである。

 また、②全国一律にすることも大反対である。私も東京に住んだことはあるが、家賃、住宅取得費、通勤時間など、東京と地方では大違いである。また、10年もすると、自動運転の普及など(CASE)でかなり変わることが予想される。


 大前研一さんが週刊ポスト2019年7月12日号「ビジネス新大陸の歩き方」に「最低賃金」について書いているが、共感するところが多い。抜粋してご紹介します。


.......... ........... ...........


 「最低賃金」引き上げ&全国一律化なら地方と雇用が壊滅する


 安倍政権の2019年「骨太の方針」の柱の一つが最低賃金の引き上げだ。全国平均の時給1000円を目標にするという(ちなみに、立憲民主党の参院選公約の目玉は「最低賃金1300円」)。

 都道府県によって異なる最低賃金は2016年から3年連続で約3%ずつ上がり、現在は最も高いのが東京の985円、最も低いのが鹿児島県の761円、全国加重平均額が874円だ。一部の職種を「全国一律」にするという動きもある

 最低賃金の引き上げを推し進める政府の方針に対し、日本商工会議所は「大幅な引き上げは中小企業の経営を直撃し、事業の存続を危うくする」と反対を表明したが、これは当然だ。地方には人件費が安いから成り立っている企業が少なくないもし、最低賃金が1000円や全国一律になったら、立ち行かなくなる企業が続出するだろう。

 とはいえ、最低賃金の引き上げは諸外国でも実施されている。これは一見、国民生活を支え、票につながるから政治的には正しいように思えるが、政策としては間違っている。人件費の上昇で経営が苦しくなった企業が雇用を減らし、失業率が上がりかねないからだ。

 すでに日本ではパート・アルバイトの時給が全国平均で1000円を突破して頭打ち感が出てきたと報じられたが、それは普通の正社員の給与を超えるようになっているためだ。時給1000円なら1日8時間・1か月22日間働くと、給料は月18万円弱になる。

 一方、正社員であっても賃金が安い業界や職種では、月給16万円程度のところも珍しくない。日本の場合は正社員の月給が極端に低く抑えられているのだ。

 その理由は、これまで日本企業は終身雇用・年功序列を前提とした給与体系で、最初のうちは給与を低くして年齢や役職が上がるにつれて徐々に高くしていたからだが、今やほとんどすべての企業は終身雇用・年功序列が崩壊しつつある。にもかかわらず、未だにその理屈が給与を低く抑えるために使われているのだ。


 最低賃金を全国一律にするというのも「百害あって一利なし」だ。私は以前、九州でネットスーパー事業を展開するエブリデイ・ドット・コムを経営していたが、地方では賃金が安くても生活費も安いから、十分暮らしていける。たとえば、賃貸物件で最も高額な駅前新築マンションの2LDKが5万5000円だった。

 賃金や土地が安いから雇用が生まれて地方が発展し、立地した企業が斬新なビジネスを展開することもできる。その典型は「ZARA」「Bershka」などを世界中で展開するアパレル企業インディテックスだ。同社はスペインのガリシア州ア・コルーニャ県という片田舎の創業地に今も本社を置き、大量の雇用を創出して地域の発展に寄与している。世界的なアパレル企業がこの地で成長したのは、EUの中でもとくに賃金が安かったからだ。

 ドイツ経済もそうだ。地方自治が確立していて日本のような中央政府からの補助金や地方交付税交付金は原則禁止されているため、失業率が上がって賃金が安くなった地域に次第に企業が移っていく。その結果、アダム・スミスの「神の見えざる手」が働き、日本で言うところの「国土の均衡ある発展」が可能になっているのだ。

 一方、日本は古い中央集権の政府がすべてを差配し、補助金や地方交付税交付金などをバラ撒いているから、地方がそれに依存して自助努力をしなくなっている。この状態で最低賃金を1000円に上げたら、前述したように地方の企業は苦境に陥る。私が経営者だったら、地方にいる意味がなくなるので、さっさと東京などの大都市周辺に会社を移す。最低賃金に大した差がなければ、企業は人口が多くて便利な所に立地するに決まっている。そうなれば、ますます地方経済は疲弊・衰退するだろう。

 
以上


プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子、足立康史、竜崎伸也ほか多数。

最新記事
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター