FC2ブログ

玉川徹、青木理のジャーナリスト生命は終わり

 玉川徹、青木理のジャーナリスト生命は終わり

玉川徹、青木理のジャーナリスト生命は終わり
 2019年9月10日テレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」

 玉川徹はまた、日本とドイツを比較したらしい。本当にドアホウ
 テレビで嘘ばかりを言っている玉川徹、青木理(おさむ)両人のジャーナリスト生命はあと10年ももたないだろう。

玉川徹、青木理のジャーナリスト生命は終わり
 2019年9月11日テレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」

 これは、たまたまじかに見た。評論家の田崎史郎氏と玉川徹が論争しだした。玉川のものの知らなさには呆れた

 ドイツはポーランドに電撃侵攻した。日本は当時東アジアの問題児であったコリアを国際世論(米英など)の後押しもあり、コリア内部にもそれを望む声があり、「併合」し、朝鮮総督には首相級の人物を充て、実に真面目に近代化に務めた。投じた資金は今の価値にして60兆円にものぼるという。

玉川徹、青木理のジャーナリスト生命は終わり
 
 この2冊を読んだだけでも日本の左翼の言ってきたことが嘘であることが分かる。ここに書かれていることは私の亡き父が言っていたこととも合致する。
 それにしても、玉川、青木ともになんで勉強しないのだろうイザベラ・バードの『朝鮮紀行』さえ読んでいないのかしら?半世紀前から左翼が言っていた嘘からまるで進歩していない。

 金完燮(キム・ワンソプ)さんはこの本を書いたせいで韓国で文字通り袋叩きに遭っている。真の愛国者。こういう人がいることは希望。
.........................................................................................................

玉川徹、青木理のジャーナリスト生命は終わり
 連日35度超で近くの神社の猫たちもグッタリ。
玉川徹、青木理のジャーナリスト生命は終わり
 それでも、口笛を吹けば尻尾を立てて寄ってきた。黒を見るのは久しぶり。




 連日、玉川徹がテレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」で嘘を連発している

 それについて、小林よしのりさんが書いている。私は小林よしのりさんとはしばしば意見は一致しないが、この件に関してはほぼ一致している。転載します。


.......... ........... ...........


日本の韓国併合は、ドイツのポーランド侵略と全く違う
2019.09.10(火) 小林よしのり


今日の羽鳥慎一モーニングショーで、青木・玉川の左翼コンビが出ていたのだが、玉川徹がまた間違った発言をしていた。

ドイツのポーランド侵攻でドイツ大統領が謝罪をした、ドイツはずっと謝罪を続けているのだから、日本も韓国にずっと謝罪し続ければいいというやつだ。

何度も何度もこの「日本-韓国」を「ドイツ—ポーランド」に重ねて述べる無知左翼がいるが、左翼ってどうしてこんなに勉強しないんだろう?
真実を知りたいという欲求がないのだろうか?
デマを信奉しておくのが快感という精神状態なのかな?
ようするにカルト信者みたいなものか?

ドイツはポーランドに「軍事侵攻」という手段で侵略したのだが、日本は韓国を「併合」したのであって、当時の韓国内からもそれを望む勢力がいたのであり、国際法では合法であった。
当時は諸外国もこの日韓併合に賛成している。

ドイツはナチスのユダヤ人虐殺の非を認めて謝罪をしているが、戦争に関しては謝罪や賠償はしていない。
だから今頃になって、ポーランドが戦争の賠償を要求しているのであり、ドイツはそれに応じはしない。

日本は韓国と戦争をしていないから、そもそも韓国は「戦勝国」でもないし、日本に「賠償請求」はできない。
それでも日本は「請求権」という名目で8億ドル、当時の韓国の国家予算の2.3倍の金額を払っている。
「漢江の奇跡」は韓国政府がこれを個人賠償に当てず、インフラ整備に使ってしまったから起きたのだ。

こういう歴史認識を、青木・玉川は「歴史修正主義」と言うのだろうか?
これは完全に事実であって、青木・玉川こそ「歴史ねつ造主義」と言うべきだろう。
彼らはもう「リベラル」ではなく、「左翼」と言った方が正確だなと思うようになった。


..........................................................................................................................


(感想・意見など)

 過去、ドイツの大統領などが謝罪しているが、彼らの言い方を分析した人の話によると、「ドイツ人一般とナチスを分けていて、ナチスが悪いことをした」という言い方だという。


 金完燮(キム・ワンソプ)さんの『親日派のための弁明②』の「まえがき」から。

 日帝時代は法がなくても生きられる社会だったという。これは私(金さん)の親戚がいってくれた言葉である。

 「あの時代を狂おしいほどに懐かしむ人たちも多い。だから集まるたびに演歌をむせび泣くように歌う」。これは私の両親がいってくれた言葉である。

 「『今よりあのころの方がよかったと思わないか?生きる楽しみもあって』というと、同窓の99パーセントは同意する」。これは私に1930年生まれの先輩がいってくれた言葉である。

 「北海道に徴用に行った朝鮮人の賃金は、当時の日本人ホワイトカラーの月給の3倍から5倍で、勤労時間も徹底して遵守され、朝鮮人は幸せだったように思える」。これはチェ・ギホ先生が私にいってくれた言葉である。


 そういえば、呉善花(オ・ソンファ)さんの済州島のお母さんやおばさんたちも「日本統治時代は良かった」と言っていたという話をどこかに書いていた。


 韓国で、数年前に、90歳代のおじいさんが「日本統治時代は良かった」と言ったために、30代の男に殴り殺された。


 私の父は若いとき広島の呉時代が長かった。呉は海軍基地。周りにいい仕事を求めて半島からコリアン(当時は日本人)が沢山来ていたという。仲良くしていたし、幸せそうだったと話していた。


以上


テレ朝「そもそも総研」がひど過ぎる

 テレ朝「そもそも総研」がひど過ぎる


テレ朝「そもそも総研」がひど過ぎる
 2019年9月5日(木)『羽鳥慎一モーニングショー』の中の「そもそも総研」がひどかった!
 玉川徹コメンテーターの独善全開!!プロパガンダ番組!
 (昔は公務員の無駄遣い指摘などでは冴えていたが…)

テレ朝「そもそも総研」がひど過ぎる
 例の『週刊ポスト問題』でここが叩き時だと思ったのだろう。
 緊急特集だとさ。
テレ朝「そもそも総研」がひど過ぎる

 私はこの「呆韓論」「儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇」も読んだが、いい本である。蒙(もう)を啓(ひら)かれることが多かった。繰り返すが、有益な本である。お薦めします。
北朝鮮の気味悪さ(8割方李氏朝鮮)、韓国が何故いつも混乱しているか、コリアンの民族性などの一端が分かります。

テレ朝「そもそも総研」がひど過ぎる
 木村なんちゃらとかいう見知らぬ人が愚にもつかぬ解説をしていた(後ろに映っている高山正之さんの本も全般的にいい)。
テレ朝「そもそも総研」がひど過ぎる
 わたしの書棚のごく一部。偏ってはいけないのでいろいろな人の書いた本を読むようにしている。

テレ朝「そもそも総研」がひど過ぎる
(講談社学術文庫) 1782円 ★★★★★★(5点満点の6点)

 玉川徹にかかれば、この本も「嫌韓本」「ヘイト本」ということになる。私が覚えている限りでは、イザベラ・バード女史がコリアのことを称賛している箇所は2カ所くらいしかない。120年以上前に書かれた本であるが、コリアの本質をえぐった素晴らしい本である。

 (因みに韓国語の『朝鮮紀行』の翻訳はデタラメらしい。確かめたわけではないが、ありそうな話である。何しろ文在寅政権は学校教科書から「漢江(ハンガン)の奇跡」を削除したそうだから。朝鮮戦争が北からの南進によって始まったことも教えないらしい。彼らが言う「歴史の見直し」とはこういうこと。一事が万事)

 




 朝日新聞の30数年間にも及ぶ慰安婦捏造報道を主導したひとりの市川速水(はやみ)報道局長は「①社会主義幻想と②贖罪意識に加えて、③南の軍事政権と対峙していると考えて目が曇った」と反省しているとか。

 このような人たちが日韓関係をぐしゃぐしゃにした張本人である。朝日新聞が主導したが、毎日新聞にも、岩波書店やその他の出版社にも、テレビ朝日にもTBSにもNHKにも、政治家にも、大学教授にも、弁護士にも、沢山いた。

 その人たちの価値観は、ソ連、中国、北朝鮮を崇拝し>韓国>日本が共通点。「善隣友好」「一衣帯水」「話せば分かる」と言うだけ。これらの人たちが戦後長らく日本人を騙してきた。現在は、その一部が剥がれてきているに過ぎない。「事実」が明かされてきている。

 玉川徹は、自分が気に入らない本を「嫌韓本」「ヘイト本」と決め付け、中に書かれていることが「事実」か「事実でない」かは全く問題にしない。朝日新聞と同じ態度。こんな奴がコメンテーターとは!

 何事も「事実」から出発しなければ。「事実」が知りたいだけ。それをさせない奴が多過ぎる。


以上


「全力でお尻を噛みたい妻」


 「全力でお尻を噛みたい妻」 


 10月20日深夜12時半ごろか、そろそろ風呂に入ってから寝ようと思ってテレビを見たら、小さな男の子が「ちゅらい(つらい)」というようなことを言っていた。そこで風呂を優先することにして、番組は録画した。

 風呂を上がってから録画を見た。録画は番組の途中から。頭の内容は知らない。番組は瀬戸内海テレビ(KBS、テレビ朝日系列)、制作は大阪の朝日放送テレビの「探偵!ナイトスクープ」


「全力でお尻を噛みたい妻」
 依頼人は松山のご夫婦。依頼は、「妻がひとのお尻を全力で噛んでみたい」というもの。これまで夫と3歳の息子のお尻を噛んできたが、満足できていないらしい。探偵は橋本直さん。

「全力でお尻を噛みたい妻」
 そこで商店街(恐らく銀天街)で他人に頼んでみることにした。この写真は息子とお母さん。

「全力でお尻を噛みたい妻」
 お母さんは息子がいいのであれば問題なし、ということで脇道で試してみることに。小さな丸い穴を開けた赤い布を下半身にかぶせて、お尻を噛む妻。

 同様なことを何人かに試したが、全力というわけにはいかず、満足できない。

「全力でお尻を噛みたい妻」
 そこで、夫の幼馴染の親友に頼んでみることに。かなり強く噛めたが、全力とまではいかず…。

「全力でお尻を噛みたい妻」
 最後は、ボディビルジムへ。2人のボディビルダーのお尻を噛むことができた。

「全力でお尻を噛みたい妻」
 妻が全力で噛んだお尻の噛みあと。満足したという。また、ここに来れば全力で噛むことができるという安心感も。

................................................................................

「全力でお尻を噛みたい妻」
 整形外科で支給された、ロキソプロフェン(消炎鎮痛剤)、レバミピド(胃薬)、外用鎮痛消炎剤の3点セット。 

 雑草刈りで右母指球が痛み出して6日目。自発痛(何もしなくても痛む)は2日でなくなったが、右親指を使ったり押さえるとまだ少し痛む。

 
........................................................................................................


(感想・意見など)

 日本はなんと平和で自由な国であることか!


以上


NHKスペシャル「人体」★★★★★

NHKスペシャル「人体」★★★★★
 讀賣新聞17年9月30日
NHKスペシャル「人体」★★★★★
 NHKスペシャル「シリーズ人体」 久々にNスペらしいいい番組。
NHKスペシャル「人体」★★★★★
 これまでの考え方→「脳が司令塔」
NHKスペシャル「人体」★★★★★
 ところが、全く違うことが分ってきた。
NHKスペシャル「人体」★★★★★
 体中の臓器がお互いに「メッセージ物質」を出して、情報をやり取りしている。
NHKスペシャル「人体」★★★★★
 いまや、そのような「メッセージ物質」が数百種類見つかっているという。
NHKスペシャル「人体」★★★★★
 NHKスペシャル「人体」★★★★★
 全身の臓器が「メッセージ物質」を放出し、臓器同士が会話している。
NHKスペシャル「人体」★★★★★
 四国新聞17年8月20日
 間もなく血液1滴で13種のがん検診ができるようになるという。費用は2万円を予定。これも「メッセージ物質」の発見が関係している。認知症などの診断も期待されている。いよいよ人生百年時代が実現する。
 NHKスペシャル「人体」★★★★★
 例によって溜まった新聞をマックで読んだが、2階は学生・生徒・社会人の自習室状態。
NHKスペシャル「人体」★★★★★
 マックからの帰りセブンに寄ったが、秋祭りの獅子舞が終わって一休みしているところであった。
NHKスペシャル「人体」★★★★★
 子どもたちが楽しそうにアイスクリームを食べていた。





 NHKスペシャル「シリーズ 人体」★★★★★


 久々にNスペらしいいい番組である。

 讀賣新聞9月30日の「試写室」笹島拓哉さんのコラムをご紹介します。


.......... ..........


 「人体」に関する最新医学を紹介する全8回のシリーズ(17年9月30日から18年3月末)。今回は「プロローグ(序章)」と副題にあり、シリーズ全体の宣伝かと思いきや、研究の最前線について丁寧に説明し、見応えがあった。

 人体機能のイメージは「脳が全体の司令塔となり、他の臓器がそれに従う」というのが一般的だろう。

 しかし、番組では、臓器同士が「メッセージ物質」を発して、〝会話〟することで人体が成り立っていることが明らかになり、病気の新たな治療法に応用されていることなど、興味深い情報が満載だ。

 司会はタモリとノーベル賞受賞者の山中伸弥・京都大教授。タモリは医学的な知見を日常的な事象の比喩で分かりやすく伝え、山中教授は専門家の視点を平易な言葉で解説し、説得力のある番組になっていた。


............................................................................................................


 (追伸)

 今夜(10月1日)9時からは「人体①寿命を決めるのは〝腎臓〟だった」です。見逃した人は再放送が必ずありますので、是非見て下さい。

 プロローグと〝腎臓〟には石原さとみちゃんも出ているよ(8話まで出るかは不明です)。


以上


テレ東「ご本、出しときますね?」

テレ東「ご本、だしときますね?」
 TSCテレビせとうち17年3月26日深夜、テレビ東京系『ご本、出しときますね?』(30分)
テレ東「ご本、だしときますね?」
 どういう訳かテレビせとうちでは次回は放送しないらしい。
テレ東「ご本、だしときますね?」
 高松市太田上町バイパスが3月25日(部分)開通した。空港通りからインテリジェントパークまで。この辺りは、南北の通りは沢山あるが、東西が少ないので、待望の開通。





 テレ東『ご本、出しときますね?』


 たまたま昨夜、この番組を見つけた。オードリーの若林が、作家2人とトークを繰り広げる。昨夜のゲストは窪美澄さんと柴崎友香さん。本音全開、毒のあるトークで面白かった。

 窪さんが、『村に火をつけ、白痴になれ、伊藤野枝伝』(栗原 康)を薦めていた。

 次回ゲストは角田光代さんと西加奈子さんだが、テレビせとうちでは放送しないらしい(テロップが入っていた)。放送してほしい。

 もともとはBS向け?それにしてもテレビ東京は、低予算にもかかわらず、結構面白い番組が多い。


以上


プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子、足立康史、竜崎伸也ほか多数。

最新記事
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター