NHK ETVにサムズ・アップ!

ETVにサムズ・アップ

 NHK ETVにサムズ・アップ!(thumbs-up)
 

 このところNHK教育放送で「統合失調症」を取り上げることが多くなっている。大変いいことだと思う。

 私は数十年前に精神病について少し学んだことがある。その時は、呉(くれ)秀三教授の「わが国の精神病者はこの病を受けたる不幸のほかに、この国に生まれたるの不幸を重ぬるものというべし」という言葉や、当時の武見太郎医師会会長の「精神医療は牧畜業」という言葉にショックを受けた。

 最近ETVを視て、この数十年間で、精神病の治療がかなり進んだことを知った。

 会社員時代、事務長のような仕事をしていたが、1997~8年ごろから、がん・くも膜下出血などとともに、うつ病・メニエール様の症状など精神疾患が多発しだした。会社所属の産業医は、日本中を飛び回って大忙し。長引く景気停滞に伴うリストラで年々仕事が強化されてきたこと、最も層の厚い団塊の世代の人たちが30年近くの勤めで心身ともにストレスが蓄積していること、更年期(男女ともある)、などが原因として挙げられる。うつ病は、中高年齢層に多い。

 統合失調症は、15歳~24歳での発症が3分の2を占めるという若い人の病100人に1人という身近な病気でもある。不登校・ひきこもり・リストカット・自殺・家庭内暴力などよく聞く話である。

 シリーズ第2回目でやっていたが、小学校高学年ないしは中学校で、年に1度でいいから、精神病に関する授業をやってもらいたい。教師の休職理由の6割は心の病だという。精神病の知識を持つことによって救われる人は、本人・家族など回りの人を含め、少なくないと思う。

 国は予算措置も含め、制度化すべきである。早期であればあるほど、治りやすく、本人・家族にとってもいいし、医療費削減にもなる。働くことができれば、納税もできる。

 11年2月26日のETVワイドでは、多くの患者ご本人・ご家族が、本名・顔出しで出演していた。スタッフのご苦労と世の中が変わりつつあるなあと思った。

 ETVでは、個人的には、ETV特集(賛否はあるが「日本と朝鮮半島2000年」「あるコメ農家と霞が関の半世紀」など)、日曜美術館、仕事学のすすめ、白熱教室、あしたをつかめ、きょうの健康、サイエンスZERO、10min.、高校講座などを楽しみにしている。

 視聴率をあまり気にせず、良質な番組を作りつづけていただきたい

 
  ・thumbs-up=賛成、承認
プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子ほか多数。

最新記事
カレンダー
01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター