FC2ブログ

「ソウルケイジ」★★★★☆

「ソウルケイジ」★★★★☆

 「ソウルケイジ」 誉田(ほんだ)哲也さん (光文社文庫) 720円


 面白い。主人公がいい。脇役がいい。会話がいい。ストーリーがいい。★★★★☆(星4っつ!)

 姫川玲子シリーズは、第1弾の「ストロベリーナイト」より第2弾の「ソウルケイジ」の方が好きである。

 このシリーズは2012年1月からフジテレビ系で放映予定とのこと。

 「ソウルケイジ」というタイトルの意味は、「解説」で知った。

 同じく誉田さんの「ジウ」(現在テレビ朝日系放映中)は、たいしていいと思わなかった。

 誉田さんの本は、これまで多くがテレビや映画になってきた。
 
 誉田さんの本で、今のところ一番好きなのは、「武士道シックスティーン」。これは、星4つ半!!

 

 最近読んだハードボイルド小説の中で、「アウトバーン」 深町秋生(あきお)さん (幻冬舎文庫) 560円も、なかなかクールで、3時間ほど楽しめた。本の厚さも1センチちょっと。スカッとしたい時にお薦めです。

 言い忘れていました。以上の本は、すべて女性が主人公です。


.......................................................................................................................

 (追記……11年8月15日)

 姫川玲子シリーズ第3弾「シンメトリー」を読み終えました。7編の佳品を収録しています。凡打は1編もありません。すべて、二塁打か三塁打です。1編30分前後で読めます。こういうのもありです。
プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子、足立康史、竜崎伸也ほか多数。

最新記事
カレンダー
07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター