FC2ブログ

「検察が証拠隠し」

「検察が証拠隠し」

 
 懲りない検察 またも証拠隠し 


 四国新聞11年12月17日民主党・小沢元代表公判記事(共同通信配信?)によると、16日に東京地裁で前田恒彦元検事の証人尋問が行われ、下記のように証言したとのことです。

・検察審査会による元代表の強制起訴については、検察には証拠隠しがあったと思う。検察審査会は全ての証拠を見ていない。

・陸山会事件の捜査について、想定と違う関係者の供述は調書にはせず、取り調べメモにして隠していた

・別の検事が担当した元私設秘書石川知裕衆院議員の弁護人が取り調べに問題があると抗議したが、その書面は元代表を不起訴とした記録には入っていなかったこれが検察審査会に送られていれば、石川さんの調書の信用性が減殺されていた可能性がある。

・大阪地検から東京地検特捜部に応援に入った時主任検事から「この件は特捜部と小沢の全面戦争だ。小沢をあげられなかったら負けだ」と言われた。捜査の見立てには問題があった

元代表が用意した4億円の原資はゼネコンからの裏献金とした特捜部の筋書きは妄想である。

積極的に小沢につなげたいと考えていたのは一部の幹部で、現場は厭戦ムードだった。


 
 同日の毎日新聞によると、「起訴議決した検察審査会に、検察から捜査資料が十分に提供されていないとして『私が裁判官なら無罪判決を書く』と言い放った」とのこと。

 また、朝日新聞によると、「特捜部長らは妄想を抱いて夢を語っていた小沢氏の立件に積極的だったのも特捜部長、主任検事、最高検検事の3人だけだった」という。


... ... ... ... ... ... ... ... ... ... ... ... ... ... ... ...


 11年12月18日の朝日新聞社説を紹介します。

(見出し)
うその報告書
検察は経緯を検証せよ

(本文抜粋)

 驚き、あきれてしまう事実がまたもあきらかになった。

 小沢一郎・民主党元代表の政治資金をめぐる裁判で、秘書だった石川知裕衆院議員を取り調べた東京地検の検事が、事実と異なる捜査報告書を上司に提出していたことを認めた。

 あえて不利なことを認めた理由として石川氏が語ったという、報告書の中の生々しい言葉は、実は架空のものだった。

 捜査員がねじまげた調書を作ることが問題になっている。それでも調書の場合、調べられた当人が署名しなければ証拠にならない。だが報告書は部内資料のためルールは甘く、捜査員が署名するだけだ。そこにうそを書く。ある意味で、調書のねじまげより罪深いといえる。

 なにより真実でない報告を受ければ、上司は捜査の方針を誤るだろう。

 自覚と緊張感のなさは、報告を受けた側も同様である。

 元代表の刑事責任の有無を考えるうえで、石川氏はカギを握る重要人物だ。再聴取の様子をしっかり確認していれば、今になって「報告書は事実と違う」という話が出てくることなど、およそなかっただろう。

 確かなのは、検察不信がまた深まったということだ。

 なぜうその報告書が作られ、チェックもできなかったのか、経過を解明・検証して国民に説明する作業が欠かせない。「公益の代表者」の名が泣いている。再生の道は、はるか遠い。


................................................................................................


(感想・意見など)

 日本の刑事裁判は99%以上が有罪という極めて異常なものである。わたくし的には、99%の中の少なくとも1割程度は誤判・冤罪ではないかと思っている。警察・検察ばかりでなく裁判所にも問題がある。

 冤罪防止には、①取り調べの全面可視化(録音・録画)②警察・検察の集めた証拠の事前全面開示③重大犯罪でなくとも否認すると何百日にも及ぶ勾留が続く人質司法」の解消など、刑事司法制度改革が必要である。


その他思いついたこと。

三井環(たまき)大阪高検公安部長が、土肥孝治(どいたかはる)元検事総長などの幹部が何億円もの調査活動費等(裏金)を私消していた事実をマスコミに公表しようとした当日に口封じ逮捕された。
 
 強権でもってあったことをなかったことにし、告発者の罪をでっち上げて牢屋に押し込め、検察官・裁判官(一部政治家も加担)が口をつぐんでいる検察は説明責任を果たしていないし、責任もとっていない。ただひたすら時間の経過とともにみんなが忘れてくれることを乞い願っている。おてんとう様の下を胸を張って歩けないみじめな犯罪者集団

 このとき検察は時の政権に借りをつくり、「国策捜査」が増えたといわれている。(三井環さんの著書を読むかネット検索して下さい)。


田中森一(もりかず)元大阪・東京特捜部検事の著書による。大阪時代に、数千万円に及ぶ汚職を事件化しようとする寸前に関西検察のドンの土肥孝治に「お前はたかが数千万円で大阪をまた共産党府政に戻すつもりか」と潰された。
 東京時代には、自民党を含めて国会議員の逮捕を視野に入れて捜査を行っていたが、検察上層部の政治的配慮によって事件が潰された

 ⇒私は、ここ何年にも及ぶ小沢一郎さんに対する検察の攻撃は、検察上層部の政治的配慮だと思っている(個人的には小沢さんは嫌いです。しかし、それとこれとは別のことです)。


・「司法記者」 由良 秀之さん(ペンネーム) 講談社 1680円
 
 若手検事Aは、憧れて入った特捜部の捜査・取り調べの暴虐ぶりに愕然とする。あらかじめ出来上がった筋書きに沿って無理やり事件を構築し、容疑者に自白を強要するひどいものだった……。

 この小説は、元検事が、現在の司法のあり方に疑問を持って書いたと言われている。ご一読下さい。

 
 「てっちゃん 雑文集 司法」でブログを見て下さい。



以上
プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子、足立康史、竜崎伸也ほか多数。

最新記事
カレンダー
11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター