FC2ブログ

クリスマスのちょっといい話

クリスマスのちょっといい話
(川上未映子さん)


 徳島新聞11年12月24日「鳴潮」欄にクリスマスのちょっといい話が載っていた。ご紹介します。


(本文抜粋)

 作家の川上未映子さんは貧しい家庭に育った。朝から晩まで働く母親を見ていると、かわいそうで、あれが欲しい、これが欲しいとは言えない。クリスマスが来てもうれしくなかったという。

 そんな子どものころの12月のこと。母親とスーパーに出かけた。母親が食品売り場に行っている間、ワゴンに積まれた服の山を見ていた。小さなフリルがついた白いトレーナーが欲しくてたまらない。だが、母親の姿が見えたとたん、ワゴンの一番下に隠してしまう。

 
 それから数日たったクリスマスの朝のこと。目が覚めると、そのトレーナーが枕元に置いてあった。涙が後から後からあふれて、それから毎日、そのトレーナーを着たという。(「母とクリスマス」=エッセー集「世界クッキー」より)

 川上さんは言う。「わたしのたったひとつのクリスマスの思い出は、喜んだわたしを見て、本当にうれしそうだった、母の顔」。


... ... ... ... ... ... ... ... ... ... ... ... ... ... ... ... ...


川上未映子さん(35) 大阪市生まれ 作家、ミュージシャン

 「乳と卵」で芥川賞受賞
 「ヘヴン」で芸術選奨新人賞受賞 他

 2011年芥川賞作家の阿部和重さんと結婚。来夏出産予定。
プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子、足立康史、竜崎伸也ほか多数。

最新記事
カレンダー
11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター