FC2ブログ

卵子は急速に老化する!

卵子は急速に老化する!卵子は急速に老化する!卵子は急速に老化する!卵子は急速に老化する!卵子は急速に老化する!

 昨日、12年2月14日のNHKクローズアップ現代産みたいのに産めない 卵子老化の衝撃!」は、私が10年以上待ち望んだものであった。

 
 私はこのことを10数年前に専門学校で学んだ。

 女性は、母親のおなかの中にいる間(胎児の時)から自分のおなかに卵子のもとになるものを宿している。教科書によって書いていることが異なるが、それは、胎児の時は200万~100万個⇒思春期4万個~1万個⇒生殖可能期500~400個と減っていく。50歳前後でゼロになる。少し端折って分かり易く言えば、40歳の女性の卵子は40歳である。年をとるほど急速に妊娠しにくくなる(それに対して、男性は、60歳・70歳代でも毎日どんどん新しい精子を作っている)。

 AERAだったかに、山本モナさん(36)が、このことを私も最近知ったというようなことを書いていた。
 クローズアップ現代で「いくつまで自然に妊娠できる?」というアンケートをとったところ7割近い人が40歳~60歳と答えているとんでもない!!

 30歳までと答えている人が1割強いるが、この人たちは看護師・医師・薬剤師などの医療関係者だと思われる。子供はできれば20歳代で、遅くとも35歳くらいまでに産むのが望ましい!

 マスコミは、服や化粧品やサプリメントや雑誌やその他のものを売りたいがために、財布のひもを緩めさせるために、人はどんどん自由になり、いつまでも若く美しくいられるような幻想を振りまくが、だまされてはならない。自然の摂理というものは厳然としてある。このことは、終末期医療についても言える。

 困ったことに、優秀な人ほどこの世は努力で叶わぬものはないと思っている。自民党の野田聖子衆議院議員などその最たるもの。しかし、白虎隊の十訓の最後「ならぬことは、ならぬものです」は真理である。

 
 文部科学省は中学生時代(義務教育中)にこのことを教えるべきである厚生労働省は、不妊治療の助成事業を行っているが、順番が違う。まず「卵子は老化する」ということを周知する必要がある今は全く知らされていない。元から断たないと。

 非正規職の若い男女2人が安心して子育てができる環境も整えるべきである国家戦略として取り組むべきことである。


 最後に。微妙な問題であるためか、NHKの番組が触れていなかった大事なことを。卵子の老化≒劣化である。
 
 一例として、手持ちの「病理学」(医学書院)から引用する。

 「ダウンDown症候群は、染色体異常による疾患としては最もよくみられるものである。本症では、21番目の染色体が1つ多いこと(21‐トリソミー)が明らかにされている。ほとんどの場合、卵子を形成する際に染色体の分離がうまくいかないことが原因となっており、母親が高齢になるほど発生する頻度が高くなる

 「母親の年齢が30歳未満では1500回の出産に1例ほどであるが、母親の年齢とともに発生頻度は高くなり、45歳以上では50回の出産に1例(30歳未満の30倍!)ほどの割合でダウン症がみられる」

 ただちに周知から始めるべきである。


... ... ... ... ... ... ... ... ... ... ... ... ... ... ... ...

(追記)

 手持ちの別の教科書「病理学概論」(医歯薬出版)ではダウン症候群について以下のように書いている。

 「母親の年齢が進むとともに、発生率が上昇する。20歳代の母親では、約2000回の出産で1回であるが、40~44歳では、100回に1回45歳以上では、45回に1回というように急に増えるから、高年の出産は、high risk groupである」。


以上
 

 
プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子、足立康史、竜崎伸也ほか多数。

最新記事
カレンダー
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター