FC2ブログ

「おやじがき」

「おやじがき」「おやじがき」

 「おやじがき」 内澤 旬子(じゅんこ)さん (講談社文庫) 470円


 私は「世界屠畜紀行」(11年6月29日ブログ参照)以来旬子姐さんのファンである。旬子姐さんは男マエな女性である。文筆家兼イラストレーターである。

 その旬子姐さんの周りの、気になる絶滅危惧種のおやじたちのイラストルポである。

 私はついこの間まで、自分のことをかなり理性的だと思っていた(思いたがっていた?)。しかしそうでないことが判明した(この歳でそういうことが分かるのは人生の醍醐味でもある)。

 正月だかに、NHKテレビに作家の五木寛之さんが出ていた。五木さんは、ご存じの通り、本を出せば必ずベストセラーになる人気作家である。長髪でハンサム、見た目もいい。その五木さんが、何カ月も髪を洗わないという。その時の髪の状態の変化をとうとうと語っていた。

 これで私は駄目になった。いま本屋では「下山の思想」や「親鸞」が平積みになっている。その本を手にとることができなくなった。本が汚れているわけでもないのに。女性がよく言う「生理的嫌悪感」というやつである。

 この間図書館で新聞を閲覧していたら、隣のおやじが1頁ごとにツバをつけて新聞をめくっていた。ゾッとした。

 しかしおやじはバカにできない。何十年と社会でもまれ、会社で叩かれ、それなりに真剣に仕事をしてきた人は、侮れない。私は各地を転勤し、メーカー会などで他社の人たちと交流し、そのことを知った。おやじはディープである。

 最近若い人が少なくなって、どこに行ってもおやじやオバハンだらけである。中には2㍍くらい近づいただけですえたような臭いのする人がいる。「生理的嫌悪感」はもたれない方がいい。

 おやじはすべからく「こざっぱり」「こぎれい」を心がけるべし!
 
 おやじは愛嬌、オバハン度胸、坊さんお経、おかずはらっきょ。


 おやじにもっと愛を!! 
プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子、足立康史、竜崎伸也ほか多数。

最新記事
カレンダー
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター