FC2ブログ

ことば

ことばことば

 愛媛新聞12年1月23日
 二階堂ふみ

 
 ことば


 私は1日に新聞を2時間くらいは読む。その内スポーツ欄に目を通すのは10秒くらいか。大人になってオリンピックやプロ野球やプロサッカーや大相撲などどうでもよくなった。しかし、仕事が忙しくてどうにもならない場合を除いて、ここ何十年も、水泳や水中ウォーキング、自転車、腕立て伏せ、ストレッチなどは続けている。今後も可能な限り続けるつもりである。私の運動は「保健」のためである。

 ◆そんな私が驚いて珍しく隅々まで読んだスポーツ記事がある。全日本卓球で王者水谷隼(じゅん)選手がノーマークの高校生に敗れた記事である。卓球には全く興味がない。

 驚き興味を持ったのは、敗れた水谷隼選手の試合後の談話である。
 
 「相手が伸び伸びとプレーしたのに対し、自分は硬くなってしまった。彼が何かをしてくるんじゃないかと、びくびくしていた。今日の負けは一生忘れない」。

 こういう談話は聞いたことがない。この談話を見て、絶対彼は大丈夫だと思った。気になる選手になった。


 同じようなことを思った人がいた。脚本家の内館牧子さんである。週刊朝日12年3月2日号「暖簾にひじ鉄」に書いている。
 
 「水谷隼という男は、何と強いことかナマ半可な選手には絶対に口にできない談話である

 「スポーツに限らず、いい結果を得たくて粉骨砕身してきた人たちであれば、敗れて『楽しかった』はあるまいと思うのだが、そう言わないと自分がカッコ悪すぎて支えきれないのではないか」

 「マイナスの状況に置かれた時、素直に心情を語り、かつ、どこから突っ込まれても自分を支え切るということは、年配者であっても、そう簡単ではない。つい、『楽しかったです』系に走るものだ」

 「そうであるだけに、私は水谷選手の強さと卓球への真摯な態度を感じ、心うたれた


 ◆内館牧子さんの「暖簾にひじ鉄」と言えば、数年前のコラムを思い出す。秋田県が県のキャッチコピーを募集し、当選したコピーのことであった(内館さんも選考委員だったか?)。確か秋田の女子高校生の作で、その若いことば感覚を激賞していた。

 「秋田花まるっ。」

 私も、うなった。


 ◆週刊朝日12年2月24日号「21世紀の神々」に載っていた女優二階堂ふみさん(17)にも驚いた。ことばが新鮮である。

 私は二階堂ふみさんを知らなかった。写真を見た時宮崎あおいさんだと思った。映画「ヒミズ」でベネチア国際映画祭・新人俳優賞を受賞したという。

 
 「『かわいい』が褒め言葉だと思っている人たちを、これから映画を通して裏切っていきたいんです」
 
 「謙虚でありたいけど、志は『かわいい』と言わせないくらいの女優になることです」

 「私はもっと『変態』とお仕事がしたい。もちろん映画をやっている人なんてほとんどが変態だと思うんですけど(笑い)。……かく言う私も変態です」

 「映画を好きになったのは沖縄で暮らしていた少女のころ。……いまは東京で暮らしていて、共学の高校に通っています。友達もいっぱい。青春、こじらせてる真っ最中ですよ(笑い)」

 「来年は大学受験を控えていますが、やりたいことが多すぎるのが問題なんです。……でも、今は毎日、目の前にあることで精いっぱいですが、これでいいと思っています。むしろ余裕なさすぎで挙動不審なくらいがちょうどいいんじゃないかと」

 「歴史を勉強して気づいたのは、時代の変わり目には必ず大きな出来事が起きていること。たぶん今の時代は、戦後から続く時代の最後の節目になるのだろうという気がします」

 「私は日本が好きだし、本当にいい国だと思います。受験では世界史を選択していますが、日本史も学んでいます。何でも許される、自由な今の時代はすごくいいと思います。私が好き勝手をやらせてもらえるのは今の時代だからだろうし。70年代や80年代のアイドルだったら、『うんこもしません』なんていうのが当たり前だったんでしょう。(笑い)」

 「さかのぼれば、……たくさんの人が理不尽なことで簡単に殺されていた昔に比べれば本当にいい時代になっていると思う」

 「私たちの世代は、これからいろいろな現実を見て、そのたびにどんどん考えも変わっていくと思うんですけど、そのときそのときの自分の考えはちゃんと持っていたい。3年後には、ちゃんとものを考えられる大人になっていたいと思います」


 先が楽しみな人たちである。


以上
プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子、足立康史、竜崎伸也ほか多数。

最新記事
カレンダー
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター