FC2ブログ

気が狂ったか自民党!

気が狂ったか自民党!気が狂ったか自民党!気が狂ったか自民党!気が狂ったか自民党!

上段左:讀賣新聞12年5月27日
上段右:朝日新聞12年5月30日
中断:日経新聞12年5月27日
下段:四国新聞12年5月26日


讀賣新聞12年5月27日の記事をご紹介します。


(タイトル)
自公が大型公共事業計画
自民200兆円、公明100兆円
身内からバラマキ批判


(前文)

 自民、公明両党が相次いで巨額の公共投資計画を打ち出した。いずれも防災対策が目的で、総投資額は自民党が10年間で200兆円、公明党は同100兆円に上る。両党は次期衆院選政権公約(マニフェスト)の目玉にしたい考えだが、党内からは「財政が厳しい折に、有権者からバラマキとの批判を受けかねない」との不安の声も出ている。


(本文抜粋)

 自民党は23日の国土強靭化総合調査会で、10年間で200兆円の投資を柱とする「国土強靭化基本法案」を決定した。

 公明党も21日に10年間で100兆円の公共投資を目指す「防災・減災ニューディール」の策定を決めた。

 ただ、両党とも計画には高速道路の整備など、旧来型の公共事業も目立つ。公明党が21日に開いた県代表懇談会では、出席者から「国も地方も借金がたまるだけではないか」との指摘が出た。



...................................................................


(感想・意見など)

 昨年の3.11東日本大震災以降、「防災」を名目に国交賞や建設族議員などが暴走しだした。民主党も凍結していた高速道路、4車線化、新幹線、ダムなどの予算を相次いで復活した。近場では、徳島県の飯泉(いいずみ)知事が四国新幹線を言いだした。

 学界でも、「まさか日本でマグニチュード9クラスの地震が起きるとは思わなかった」「まさか30㍍を超える津波がくるとは思わなかった」との反省から、多めの予想数字を相次いで発表するようになった。実際、気象庁には「あのとき水圧計を重視して津波の高さを10~30㍍と発表していたら死者不明者約1万9千人のうち1万人が助かっただろう」という声がある。3~5㍍との予報を聞いて、多くの人が防潮堤もあるしたいした津波ではないと思い、逃げなかった。人災の面が強い。

 12年5月24日のブログ「維持・更新に重点を!」にも書いたように、今後は、1000兆円の借金と少子高齢化で、一人当たりの負担は増えざるを得ない。現有のインフラの維持・更新さえおぼつかないというのに。自民党・公明党は一体何を考えているのだろう。突然の先祖返り。気が狂ったとしか思えない。

 「コンクリートから人へ」は正しい。非正規雇用の共働きで年収合計400万円の夫婦が、子ども2人をキチンと育て上げられる社会にしたい。子育てや介護の社会化により、雇用も増えるはずである。


以上
プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子、足立康史、竜崎伸也ほか多数。

最新記事
カレンダー
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター