FC2ブログ

民自公は大胆に妥協せよ!

民自公は大胆に妥協せよ!

 民主、自民、公明3党は大局的観点から大胆に妥協して、日本の政治を前進させるべきである。12年6月7日朝日新聞の社説が私の考えに近い。ご紹介します。



(タイトル)
一体改革、修正協議へ
次世代支援が最優先だ


(本文抜粋)

 社会保障と税の一体改革をめぐる修正協議がようやく始まる。
 なぜいま一体改革なのか。

 それは、減っていく現役世代が、増えていく高齢者を支え続けられるかどうか、その持続可能性が危ぶまれているからだ。

 改革の核心は、第一に高齢者も含めて幅広く負担を分かち合うこと。第二にこれからの世代に「支える力」をつけてもらうこと。

 前者が消費増税、後者が子育てや非正社員の若者らを対象とする次世代支援だ。
 これらの実現を、なにより優先すべきである。ほかの点は、大胆に妥協すればいい。


 民主党が譲るべきは、新年金制度の創設と、後期高齢者医療制度の廃止である。
 新年金制度について「誇大広告」だったと認め、棚上げや撤回に応ずるべきだ。
 高齢者医療も、廃止後の新制度で、財政の責任を負わされることを警戒する都道府県の理解を得るめどが立たない。

 公共事業から社会保障や教育に力点を移す「コンクリートから人へ」も、次世代支援を重視する方針も、民主党の公約だ。その実現にこだわればいい。


 自民党も、主張をごり押しするばかりではいけない。

 たとえば自民党は、民主党の社会保障政策を「バラマキだ」と批判しながら、自身は国土強靭化基本法案を国会に提出している。
 人口減少時代に道路を張り巡らしても益は少なく、後々まで維持管理費がのしかかる。

 民主党の新年金制度と同じように、現実味の乏しい「誇大広告」と言わざるをえない。取り下げるべきだ。


... ... ... ... ... ... ... ... ... ... ...



(タイトル)
一体改革、修正協議へ
自民の時代認識に疑問


(本文抜粋)

 自民党の政策はその中身を見ると、時代の変化についていけているのか心配になる。自助・自立や家族の役割を強調する社会保障政策は、単なる「先祖返り」にしか見えない。

 自民党が示した「社会保障に関する基本的考え方」で、最初に来るのが、「額に汗して働き、税金や保険料などをまじめに納める人々が報われること」。

 私たちも異論はない。だが、いま問われているのは「どこで汗して働くか」である。

 グローバル化のなかで、安定した製造業の仕事は海外に流出している。一方、サービス産業などで、自民党政権の時代から増え続けたのは低賃金の非正規雇用だ。「税や保険料を納めようにも給料が少なすぎる」ところが問題。

 自民党はまた、「家族による『自助』、自発的な意思に基づく『共助』を大事にする」ともうたっている。

 しかし、安定した仕事を持つ夫の収入で、家族全体の生活が保障される自助のモデルは崩れつつある。
 不安定雇用で収入が少なく、将来への展望が描けない若者にとっては、結婚して家族を持つことさえ難しい。

 だからこそ、社会保険に代表される共助や税金による公助の機能を強化せざるをえない。


 少子化対策でも、自民党は政府の子育て支援法案に否定的だ。株式会社などの新規参入に警戒感が強く、「現行の幼稚園、保育所等の制度を基本」にするという。

 これまで少子化を克服できなかった反省に立って、家族や地域の変容に正面から向き合う謙虚な姿勢が必要だ。

 3年前、なぜ政権を失ったのか。民主党への失望感がこれだけ広がっても、自民党への期待が高まらないのはなぜか。

 民主党の施策を「バラマキ」と批判したいがために、家族重視の保守回帰にとどまるだけなら、自民党は時代認識に欠けた「野党ぼけ」のそしりを免れない。
プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子、足立康史、竜崎伸也ほか多数。

最新記事
カレンダー
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター