FC2ブログ

ドイツの構造改革

ドイツの構造改革

 

 毎日新聞12年7月25「水説(すいせつ)」欄、専門編集委員の潮田 道夫さんのコラムが興味深い。ご紹介します。



 ドイツの構造改革


(本文抜粋)

 スペイン国債が再び急落、利回りはユーロ発足以来の高率になった。資金繰りは困難になる一方だ。

 ユーロ危機はドイツが乗り出さないと収まらない。ドイツ人が渋る気分も分かる。

 彼らが「欧州の病人」から「独り勝ちのドイツ」に至るには、血と汗と涙の物語があるのだ。

 ウォールストリート・ジャーナルに先ごろ、シュレーダー前首相のインタビューが出ていた。ドイツはこの人が98年に政権を取って推進した「アジェンダ2000」という改革プログラムで、経済再生をなしとげた

 シュレーダー氏は左派なのに、やったのは企業の活力を引き出す自由主義的改革だ。

 ①所得税率のフラット化
 ②法人税の引き下げ
 ③社会保障給付の引き下げ
 ④労働市場改革など。③④が大きかった。

 
 それまでのドイツでは、勤労者は50歳代半ばで退職し悠々自適の生活に移行した。いまドイツの平均引退年齢は63歳。そこまで働かないと年金がもらえないようにした。

 ドイツの年金制度は手厚かった。そこで国は「失業者」に「職」をあてがい、それを拒否する人は「失業」認定しないことにした。失業手当が出ないから求職活動するほかない。

 こうした改革で国と企業の負担が減り競争力が強化された。ドイツは年寄りも女性も働く国に国家を改造した。それが「強いドイツ」の原動力だ。ドイツも人口減少国家だが、労働参加率を急激に引き上げてカバーした。

 政敵だったメルケル首相は就任演説で「シュレーダー氏に感謝したい。あなたの改革によってドイツは新時代に適合できるようになった」と述べた。

 メルケル首相は援助を求める国々に、ドイツ流の改革を断行せよと迫っている。

 ドイツは運もよかった。改革に踏み出したとき周辺国は「バブル」。輸出が増えて改革がうまくいった。

 さはさりながら、50歳代で楽隠居の国だったのに10年長く働かされる国になった。ユーロ危機に次々とカネを出せば、臨終の前日まで労働せずばなるまい。救済を渋って当然だね。


.................................................................................


(感想・意見など)

 ドイツのすごさはここにある。考えて考えてこうすべきだという結論が出たらやり切ってしまう。国民も苦いクスリを受け入れる。ものごと100㌫メリットばかりということはありえない。最善の策でもメリット70、デメリット30くらいであろう。

 日本の場合、マスコミや野党はその30のデメリットばかりを問題にし、選挙民の反応を気にして与党の議員でさえ反対して、結局ものごとが進まない。「失われた20年」の真の原因はここにある。韓国の鼠(チウイ)大統領に「日本はたいした国ではない」と言われてしまう。

 ドイツを見習って、覚悟して、お互いに苦いクスリを飲むべきである。


以上

プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子、足立康史、竜崎伸也ほか多数。

最新記事
カレンダー
07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター