FC2ブログ

さあ次は、電力会社のリストラだ!

さあ次は、電力会社のリストラだ!
さあ次は、電力会社のリストラだ!さあ次は、電力会社のリストラだ!


上段:毎日新聞12年8月11日……今後、消費税引き上げなどにより年収500万円の家庭約30万円の負担増となるという。これから「大増税時代」に突入する。経済が右肩上がりの時代の諸々の制度ややり方はすべて見直さなければならない


            *            *            *          *

下段左側:朝日新聞12年7月26日の記事

電力値上げ 各社も恐々
給与削減・経営改革…東電になるのイヤ

(前文)

 32年ぶりとなった電気料金の値上げ審査では、東京電力をはじめとする電力会社の経営の実態が次々に明らかになった。原発停止が長引き、各社も値上げを検討し始めているが、そうなれば、社員給与の引き下げなどは避けられない。電力業界はこれまでの経営を変えないと、消費者からの理解を得られなくなっている。


(本文抜粋)

 政府が値上げを審査した際、東電が最も批判されたのが人件費の高さだ。

 全国の電力会社員の平均年収は677万円で、大企業平均より約2割も高い。充実した福利厚生の費用も電気料金でまかなっている。健康保険料を会社が6割負担(今後は5割負担)したり、余暇への補助や利息がいい社内預金制度を続けたりする費用だ。

 また、施設などをつくる時、入札をしないで、グループ企業に高い工事費でやらせている実態も指摘された。これらは東電に限った話ではなく、業界全体に共通している。

           *           *          *          *

下段右側:高知新聞12nenn8月9日の記事

電気料上げ
リストラ前倒し前提
経産相 電力各社をけん制


(前文抜粋)

 枝野幸男経済産業相は、原発の長期停止に伴い電力各社が電気料金値上げを申請した場合、東京電力と同様の基準で査定し、経費の削減配当抑制などを求める方針を表明した。値上げ幅を圧縮するため、前倒しでリストラを実施したかどうかも検証する。


(本文抜粋)

 経産相は、東京電力の値上げで人件費を2割、設備関連費用は1割の削減を求めた専門家委員会の査定方針を他社の申請でも適用する構え。


 電力改革の柱となる発送電分離では、発電・送電部門を別会社にする「法的分離」が有力だとし、来年の電気事業法改正案の提出を目指す考えを示した。


..............................................................................


(感想・意見など)……12年5月31日のブログ「電気代値上げに異議あり!」から再録

 今回の東電福島第一原発の事故で、日本の電力会社が抱えているいろいろな問題が露わになった。電気は文明社会の基盤である。国際競争力を規定する重要な要素の1つである。露わになった問題点をひとつひとつ検証し、改善すべきである。

 「地域独占」に問題はないのか?

 「総括原価方式」による料金は適正なのか?原価に盛り込まれた費用に問題はないのか?


 例えば「人件費」。従来より20~25%カットしたとはいえ、賃下げ後の給与水準でも従業員千人以上の公益企業の平均以上である。しかも、東電は多くの企業が労使折半している健康保険料を企業側が73%も負担していたという。驚くべきことに、ことここにいたっても企業側が60%負担しているという。なかなか表に表れにくい「福利厚生」などめちゃくちゃ恵まれていたことが想像できる。地方では断トツの給与水準・待遇。「地域独占」で競争がない企業ならではである。

 発電所なども「総括原価方式」のためピーク時でさえ2割も過剰につくられてきたという。将来の見通しがはずれ、設備が無駄になっても、電気料金から回収できるからである。

 「広告宣伝費」や「寄付金」などもこれまでは「原価」としてノーチェックで認められてきた。政界、官界、財界、学界、原発立地地域、マスコミなどにばらまかれてきた。経済産業省ほかの官僚の天下りを大量に受け入れてきた。

 傘下に子会社・ファミリー企業を膨大に抱え、多くは随意契約で割高に発注しているという。「総括原価方式」のため値切る動機がない。この仕組みが電力会社の甘えにつながっている。あらゆる部分がズブズブである。


 東電に限らず、以上のような仕組みが諸外国に比べ割高な電気料金につながっている。競争を促進するような仕組みを上手に導入すれば、中長期的には電気料金は今より何割も安くなるはずである。そうなれば、家計も助かるし、産業競争力も強化される。この際思いきって改善すべきである



以上
プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子、足立康史、竜崎伸也ほか多数。

最新記事
カレンダー
07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター