FC2ブログ

隠れたベストセラー

隠れたベストセラー
隠れたベストセラー


 
 新聞や雑誌やテレビ(例えば多王様のブランチ)のベストセラーランキングを見るのが好きである。

 先日、意外な本がベストセラーランキングに入っていた。フランクルの『夜と霧』である。さらに『夜と霧』を紹介したNHK・Eテレのテキストまでランキングに入っていた。同好の士を発見したような嬉しい驚きであった。

 12年9月20日号週刊文春「文春図書館」欄の記事を抜粋してご紹介します。


          *           *           *          *

 近頃ベストセラーランキングを眺めていて意外なのは、フランクルの『夜と霧 新版』があちこちの書店のリストで顔を出していることだ。

 本書は池田香代子訳の新版(02年刊)と霜山徳爾訳の旧版(56年刊・85年新装)が並売されているのだが、どちらもこのところ売れ行きを伸ばしている。ナチスの強制収容所に囚われたユダヤ人精神科医の記録であるこのロングセラーが、なぜ突然、熱心に読まれているのか。

 みすず書房によると、「旧版は、前の版からあわせればミリオンセラーで、ずっと売れ続けており、今年になって三度増刷しました。新版もこの七月、八月と二度増刷して、累計で24万部。毎年さまざまな課題図書に選定され、夏には増刷してきましたが、今年は例年になく全国から注文が来ています。やはりNHKのEテレで取り上げられたことが大きいですね」

 このブームのきっかけは、Eテレの「100分de名著」(水曜午後11:00~)だった。

 八月放送分で『夜と霧』を取り上げた番組プロデューサーの永迫英敏さんは、「『夜と霧』は強制収容所の悲惨な実態を描いた本と思われがちですが、実はそうではない。想像を絶する困難の中で、いかに人間が前向きに生きていくか、その精神の動きをとらえて感動的。そこをぜひ紹介したいと思いました」

 『夜と霧』に限らず、これまでに紹介したブッダの『真理のことば』やアランの『幸福論』なども人気があり、番組テキストは十七冊累計で百万部を突破したという。


................................................................................


(感想・意見など)

 私は『夜と霧』旧版は学生時代に買った。新版は一月半ばかり前(12年7月)に本屋で平積みになっているのを見て、新版が出たのを知って、即購入した。実は02年刊行だったとは。

 その少しあとで、NHKテキスト売り場で『夜と霧』のテキストを見つけて購入した(番組は見ない)。現在の『夜と霧』ブームの仕掛け人はNHKであった。Eテレ番組の視聴率は恐らく数パーセントである。それがこれだけの影響力を持っていたとは、嬉しい驚きである。


以上
プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子、足立康史、竜崎伸也ほか多数。

最新記事
カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター