FC2ブログ

機能不全の三すくみ

機能不全の三すくみ
機能不全の三すくみ
機能不全の三すくみ
機能不全の三すくみ


 

 いつの時代も住民・国民政治家官僚3者の関係が大問題である。朝日新聞12年10月24日「経済気象台」欄にそれに関連するコラムが載っていた。抜粋してご紹介します。



 機能不全の三すくみ


 現代社会において、住民が直接、統治の意思決定に参画することは極めて難しい。このため、住民は代表としての政治家を選ぶ。政治家は、官僚という専門家集団をその僕(しもべ)として用いる。官僚政治家の指揮命令に基づいて人民を統治する。この三すくみが機能する場合に限り、民主主義はその機能を発揮する。

 だが、この国では民主主義の基礎となる三すくみは、全く機能していない。政治家は選挙で敗れれば、失業者となる不安定な労働者。これに対して官僚は身分が保障され、かつ民間企業より恵まれた正規労働者。

 加えて、官僚政治家の黒衣(くろご)という理由で多くの場合で責任を回避している。さらに、統治メカニズムである法制度やその手続を複雑多岐にすることで、実際には政治家を操縦している。

 消費税への動きは、政治家を操縦した典型といえる。今日の日本では政治家の僕ではなく、官僚の僕に堕している。


 日本維新の会を立ち上げた橋下徹・大阪市長が注目されるのは、この三すくみをうまく機能させているからである。官僚利権団体に誘導される一部の地方議員の抵抗をものともせず、改革を進めている。これは、民意に支えられていることを自覚しているからである。

 変革を約束した民主党の現実を見て、国民は裏切られたとの思いを強くしている。今度こそは官僚支配を崩してくれると橋下市長に期待するのも、むべなるかなである。

 官僚が実権を握った現在の三すくみを突き崩さなければ、この国の未来は危うい。


..................................................................................


(感想・意見など)

 先日、石原東京都知事が辞職会見で官僚制度を痛烈に批判したが、よく分かる。私は石原さんと考え方はかなり違うが、問題意識は共通している。

 大阪市は、過去50年近く助役が市長に立候補し、市職員、組合、利権団体などが市長に就けてきた。市長と職員、組合、利権団体はズブズブの関係。地方議員とも手を結び、50年間にわたりやりたい放題。例えば、市清掃局の現業職員で年収1300万円という人がいた。馬鹿を見るのは、一般市民

 大阪市に限らない。奈良市の環境局職員で5年間で数日しか出勤せず、建設業の仕事をしていた人(ポルシェに乗っていた)がいた。給料は支払われていた。誰も自分のふところは傷まないので見て見ぬふり。

 横浜市地下鉄運転手の17%が年収1千万超だった。民間の2倍近い年収。やりたい放題。これらは氷山の一角。このようなことは全国いたるところで見られる。

 民主党公務員の年収2割カットをマニュフェストに掲げたが、全く見込みが立っていない(3つ目の写真、通称「ワニのくち」を見て下さい。何をすべきかは一目瞭然)。

 国民の税金を上げてまで実施する東日本大震災の復興事業に関連し、被災地と全く関係のない事業に予算が振り分けられた。各省庁は、一般予算にさえ入れられない事業をこれに突っ込んだ。官僚のやりたい放題。幸い週刊ポストとNHKがこれを報じたので、来年度予算からは厳しく査定されるようであるが、この種のことはいくらでもあるに違いない。


 1958~60年、毛沢東は、「大躍進政策」に失敗し、数千万人(2千万とも5千万とも)の餓死者を出し、失脚した。懲りないは、1966年から10年間に亘り「文化大革命」を推進し、紅衛兵による組織的な暴力で2千万人以上の死者と1億人にも及ぶ被害者を出した。ともに反知性主義とでもいう運動で、高度の専門的知識をもつ官僚支配から権力を奪取するのが目的であった。恐らく、毛沢東ほど多数の人間(しかも同国人)を虐殺した人はいない。

 カンボジアでは、ポルポトが毛沢東思想に傾倒、知識人の6割(100万~300万人)を虐殺した。メガネをかけているだけで知識人とみなされ殴り殺された人もいる。キリングフィールドは有名である。


 いずれも反知性主義とでもいう運動であるが、現代は統治のために高度の専門的知識、技術が必要であり、これらを持つ人たちを抹殺、冷遇すれば済むというものではない。

 結局は、情報を可能な限り公開し、住民・国民がこれを懸命かつ賢明に判断し、清廉で決断力と指導力に富む政治家を選び、ともすれば自分勝手になりがちな官僚統制するしかない。

 情報公開を求め、おかしなことがあれば住民・国民がもっと声を上げなければ、事態は悪化する一方である。その際、下の2つのグラフが示す事実(財政上の強い制約「ワニのくち」、人口減少、少子高齢化、生産年齢人口の減少)は、常にこころに留めておかなければならない。


以上
プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子、足立康史、竜崎伸也ほか多数。

最新記事
カレンダー
09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター