FC2ブログ

10兆円超を持ち逃げとか!

10兆円超を持ち逃げとか!


 
 今日8日から中国・北京では5年に1度の共産党大会が開かれている。10年ぶりに中国の指導者が大幅に変わる。中国はこの10年で大変発展したが、一方で貧富の格差は耐えがたいほど拡大し、1年間に起こる民衆の暴動・騒擾・デモは20万件にもなるという。腐敗・汚職も蔓延している。環境汚染もすさまじい。

 共産党が一党独裁で、立法、行政、司法(警察、検察、裁判所)、軍、国有企業などほとんどあらゆる組織を牛耳っているため、そこが腐敗していると、民衆にとっては全く救いがない。

 共産党大会の期間、当局の検閲のためインターネットは極端に繋がりにくくなり、活動家たちは自宅軟禁されたり、北京から追放されているという。

 NHKの海外向けテレビ放送「ワールドプレミアム」も、中国の貧富の格差や民主活動家に対する抑圧に触れた部分が、中国内で1分余り放送を中断されたという。

 中国人自身が、こんな腐敗した国で子どもを育てたくない、一夜にして法律が変わり財産を取り上げられるかもしれないという恐怖から、中国を逃げ出している。

 
 週刊エコノミスト12年11月6日号の記事を抜粋してご紹介します。


不正所得200億円を没収 汚職官僚はびこる中国

 中国が07年11月~今年6月までの約4年半で没収した官僚や共産党員の不正所得が約15億8000万元(約205億4000万円)にのぼることが分かった。絶大な権力を持つ役人の腐敗が、後を絶たない。

 党中央規律検査委員会監察部はこの約4年半、約660万件の通報を受け、約64万3000件を立件、約66万8000人を処分したという。

 貪官は中央、地方政府の官僚だけでなく、国有企業、国有銀行などあらゆる政府機関にはびこっている。

 1990年代中期からの約20年間で1万6000~1万8000人の政府高官が海外に逃亡。持ち逃げした金額は8000億元(約10兆4000億円)にのぼるという。妻子を海外に移住させ、賄賂や横領などで蓄財した資金を送金、海外逃亡する手口が主流だ。

 開発許認可と引き換えにマンションの部屋を役人がもらうなどは、中国で日常茶飯事。「地元の役人に日常的に付け届けを要求されている」という日本企業もあり、汚職蔓延は進出企業の悩みの種にもなっている。


以上
プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子、足立康史、竜崎伸也ほか多数。

最新記事
カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター