FC2ブログ

ユーミンあれこれ

ユーミンあれこれ
ユーミンあれこれ
ユーミンあれこれ


 
 ◆ 讀賣新聞12年11月24日「編集手帳」欄から抜粋

 美大に通う老舗呉服店の娘がひっそりとレコードデビューした。沖縄返還やあさま山荘事件などで世情騒然とした1972年のことである。

 ギターを抱えた長髪の男たちが湿度の高い男女の恋物語を歌っていた時代だ。都会的なサウンド、感性の絵筆で描いた水彩画のような詞の数々は、手を伸ばせば届きそうな女性の夢をちりばめて個性的な世界を築いた。

 そうやって第一線を走ってきた松任谷由美さんが40周年のベストアルバムを作った。1月3日にゆかりの音楽仲間と武道館ライブを開く。

 バブルの80年代、ゲレンデでマリーナで、彼女の曲が流れない日はなかった。「ど真ん中歩いてきたじゃないですか。社会現象起こして、みんな金もねえのに、スキーやらされて」。本紙(讀賣新聞)の対談で爆笑問題・太田光さんが語っていた。優れた時代の観察者ゆえに歩けた王道だろう。


 
 ◆ 日経新聞12年11月16日「春秋」欄から抜粋

 歌手の松任谷由美さんが尋ねた。「(私は)こんなにステージをやってきて、お客さんも喜んでくれているけど、この先に何があるんですか」。森光子さんが答える。「飽きないでください。それだけでいいです」。松任谷さんの対談集「才輝礼賛」にそうあった。

 松任谷さんは34歳上の先輩の言葉に「ズッシリ受け止めました」と応じた。


 
 ◆ ユーミンの夫は言わずと知れた松任谷正隆まさたか)さんである。多才な人で、音楽プロデューサー、作曲家、アレンジャーであるとともに、自動車評論家でもある。ランドローバー、プジョー、メルセデスベンツ、BMW、ポルシェなど常に複数の車を所有するカーマニアでもある。いかにも慶應ボーイ。

 私は、ユーミンのCDはほとんど購入してきたが、正隆さんがキャスターを務めるテレビ朝日系の自動車番組「カーグラフィックTV」の熱心な視聴者でもあった。もともとは雑誌「カーグラフィック」の読者。あまりTVを見る時間はなかったが、この番組は必ず録画してあとで見ていた。最近は視聴者があまりいないのか、各局自動車番組がほとんどなくなった。CGTVもなくなった。20年間ほどやっていたように思う。残念至極。BSでやっているとも聞いたが、寂しいことである。



 ◆ ユーミン・ベストアルバムは1週間で33万6千枚を売り上げ、女性アーティスト初のアルバム総売上3000枚を達成した。


以上
プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子、足立康史、竜崎伸也ほか多数。

最新記事
カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター