FC2ブログ

あぁ残業。

あぁ残業。
あぁ残業。



 
 昨日は爆弾低気圧が駆け抜けて、日本中がかき回された。2・3日前にサラリーマン時代の出張のことを書いたこともあり、あることを思い出した。

 十数年前である。その時私は広島で勤務していた。広島はいい街であるが、2つ不満があった。一つは空港のこと。広島空港は尾道や福山の近くの山の中にあり、広島市内からリムジンバスで約1時間かかる(それに比べ福岡は最高)。しかも山の中のためか、欠航が結構多い。(もう一つはテレビ東京系が映らないこと)。東京出張時飛行機、新幹線の利用は半々であった。

 あるとき、高輪本社での会議が終わり、最終便に間に合わせるべく羽田に急いだ。しかし、「広島空港付近が雨」という理由で、全国で唯一東京→広島便が欠航になった。これから東京駅に行っても新幹線の最終便に間に合わない。

 仕方なく、翌朝の第一便狙いで、飛行機、新幹線両にらみで、ビジネスホテルの多い大田区の蒲田かまた)に泊ることにした。重い鞄をかかえてビジネスホテルを駆け巡ったが、どこも「満員」。10軒も回ったところでフロントの人に聞いた。「もう10軒も回ったが、どこもここも満員。どうしてなんですか?」

 フロントの人の答―「どこもそうだと思いますよ。実は会社の予約で埋まっているんです。10時になるとキャンセルが入り、お泊めできる可能性が出てきます」


 考えてみると、蒲田は世界に冠たる大田区中小企業の集積地であり、多摩川を渡ると川崎市であり、京浜工業地帯のどまん中。周辺には東芝、ソニー、NEC、富士通、キャノンなど世界的な大企業の研究開発拠点や工場がいっぱいある。世界の最先端で切磋琢磨している人たちが大勢いる

 東京で働いている人の平均通勤時間は片道1時間30分くらいである(私と同じフロアで働いていた人の最高は3時間半!)。例えば、夜11時くらいまで働いて、1時間半かけて自宅に帰り、5時間くらい寝て、翌朝また1時間半かけて出勤するより、夜12時まで残業して、近くのホテルでビールでも飲んで寝たら、1時間長く働けて、1時間~1時間半長く眠れて、健康にもよい。ホテル代は通常6千円台であるが、会社契約で常連となれば5千円以下になり得る。合理的な判断である。
 (それを誰が負担するかという問題と、家庭はどうなるの?という問題は残るが。)

 その話を聞いて、妙な連帯感を抱いた。蒲田は諦めて、その夜は東急池上線のもう一方の最終駅、五反田のビジネスホテルで泊った。

 
 「その夜景 支えているのは残業族」 (サラリーマン川柳)


以上
プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子、足立康史、竜崎伸也ほか多数。

最新記事
カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター