FC2ブログ

注目の自治体…武雄市

注目の自治体…武雄市
注目の自治体…武雄市
注目の自治体…武雄市
注目の自治体…武雄市
注目の自治体…武雄市
(2段目:四国新聞12年12月25日)

 
 私が注目している自治体のひとつに、佐賀県西部の武雄市たけおし)がある。人口は5万人余。武雄温泉陶磁器(唐津焼、有田焼、伊万里焼)で有名。私は、福岡に着任して間もなく、仕事で1・2度行った記憶がある。

 何より有名なのは、樋渡 啓祐ひわたし・けいすけ)市長(43)。東大経済学部→総務省→大阪・高槻市出向→武雄市長。武雄市民病院民間移譲の件でリコールされ、再選。現在3期目。アイデア市長であり、ツィッター、フェイスブック好きでも知られる。

 最近では、武雄市立図書館の管理者に、TUTAYAを運営するCCC(カルチェア・コンビニエンス・クラブ)を指定。現在改修工事中で、4月オープン予定であるが、利用者目線に立った運営で、図書館のあり方に新風を吹き込むことが期待されている。


 
 日経新聞13年1月24日の武雄市に関する記事を抜粋してご紹介します。


 市職員給与、税収と連動
 佐賀・武雄市 14年度導入を検討


 佐賀県武雄市は23日、職員給与の一部を税収に連動して増減させる制度を2014年度にも導入することを検討している。初年度は基本給の50%の部分に税収の増減を反映させる方針。

 これまでは他の大半の市町村と同様、人事院勧告や県人事委員会の勧告に準拠して基本給を決めていた。

 新制度では毎年実施する俸給表の改定に、人事院や県人事委の勧告だけでなく、税収も反映させる。

 樋渡啓祐市長は「国家公務員に準じて職員給与が決まるのはいかがなものか。納税者である市民の所得と連動した形にしたい」と説明。一方で「人件費の削減が目的ではない」とした。


....................................................................................


(感想・意見など)

 このまますんなりといくかは分からないが、いいアイデアである。普通の民間企業は、ほぼ100%お客様からいただくお金だけで運営している。業績が悪くなれば、社員は給料を減らされ、あるいはリストラされ、会社は潰れるしかなくなる。当たり前のことである。

 今日の新聞で、13年度国の一般会計予算の歳入は、税収が43.1兆円程度で、新規国債発行額は42兆円台とする方向だという。

 1千兆円の借金を抱えながら、税収とほぼ同額の新たな借金を重ね、なおかつ公務員には民間企業平均の何割も高い人件費を費やし続けている。狂っているとしか思えない。



以上 
プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子、足立康史、竜崎伸也ほか多数。

最新記事
カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター