FC2ブログ

隕石撮影の裏事情

隕石撮影の裏事情



 ロシアに落ちた隕石には驚いた。もうひとつ驚いたのは、様々な映像が残されていることである。10年前ならあり得なかった。今ではほとんどの人がカメラ付き携帯を持っている。さらに驚いたのは、ドライブレコーダーの映像が沢山残されていること。一般的にはそれほど豊かとは思えないロシアで、ドライブレコーダーが日本よりずっと普及している。なぜなのか?

 産経新聞13年2月22日にその答えが載っていた。それによると、ロシアで、昨年売れたドライブレコーダーは130万~150万台にものぼるという。世界で、最もよく売れている国の一つ。

 理由は名誉なものではない。事故の際、自らの正しさを証明するためだとか。ロシアでは警官や裁判官は、簡単に権力や賄賂になびく存在だと考えられているのだという。信用されていない。

 交通トラブルに起因する暴力沙汰も非常に多い。そのため、野球のバットが自動車用品店で売られているという。路上での襲撃、防御のためだという。


 
 それなら中国ではどうなのか?警官が警棒で叩き壊し、そんな映像は最初から無かったものとするかもしれない。


(以上)
プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子、足立康史、竜崎伸也ほか多数。

最新記事
カレンダー
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター