FC2ブログ

花粉症のため耳鼻咽喉科へ

花粉症のため耳鼻咽喉科へ



 先日京都を2日間歩き回ったためか、花粉症がひどくなってきた。いままでは「パブロン鼻炎カプセルS」で抑え込んできたが、このところいまひとつ効きが悪い。目のまわりがチカチカするし、鼻水がよく出る。くしゃみもある。

 やむを得ず、高松市南郊(多肥下町:たひしもまち)のさくらい耳鼻咽喉科に行った。徳島大学医学部を出た中年の女医さんがやっている。駐車場は20台分くらいあるが満杯。やむなく知り合いの駐車場にとめる。

 今日は土曜日だから午前中までだなと思いながら中に入ると、8畳間くらいの待合室に50人近くの人がいる。座れずに立っている人も多い。半分くらいは小学校低学年以下の子どもたち。付き添いの親もいるのだろう。この辺りはマンションも多く、子育て世代が多い。50分くらい待って名前を呼ばれた。

 先生の問診を受け、鼻、のどなどを診てもらう。相変わらず口が悪い。「マスクして 鼻出していて どうするの」 (八王子 尾崎舜二さん)。マスクをきちんと鼻まで覆うよう注意される。「暑いし、息苦しいし、メガネが曇るし」というと、マスクのワイヤーをきちんと鼻に沿わすことと、花粉防止用メガネプロテクターを薦められた。

 鼻に噴霧器をあてて、治療終了。看護師さんより「薬が合うか合わないか分からないので今回は1週間ぶんだけ出しておきます。次回はもっと出せます」との説明を受ける。治療費3割負担で1100円。

 隣の調剤薬局に行く。ここも満杯。6人の薬剤師が走りまわっている。しばらく待って3種類の薬を出される。内服用の錠剤と点眼液と点鼻薬。薬代3割負担で1640円。


 この辺りは医療機関が多い。向かいの眼科も駐車場は満杯。歯科はそうでもない。整形外科は数年前にできた時から知っているが、最初から患者が多かった。場所は商売にとって大切な要素である。


 それにしてもこのところ天気がいい。クルマの窓を開けて走りたいところであるが、花粉症が悪化するだけである。3月だというのに窓を閉めきって冷房を効かせて走らせている。


(以上)
プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子、足立康史、竜崎伸也ほか多数。

最新記事
カレンダー
02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター