官尊民卑②

官尊民卑②



 13年5月12日のブログ「官尊民卑」で私が感じたことと同じことを、考えた人がいた。

 13年5月29日毎日新聞「コラム 発信箱」欄の学芸部 栗原 俊雄さんである。抜粋してご紹介します。



 宙に浮いた空襲被害

 今月8日、東京大空襲の被害者や遺族ら77人が国に賠償などを求めた訴訟で、最高裁は原告の上告を棄却し、原告敗訴が確定した。具体的理由を示さない、門前払いだった。

 1945年3月10日、米軍の空襲で10万人が殺された大空襲だ。原告にとって、「一億総ざんげの法理」、戦争で国民みんなが被害にあったから、みんなが耐え忍ぶべきという「戦争被害受忍論」が障害となった。

 だが国は戦後、旧軍人や遺族らに対し恩給など50兆円以上を支給してきた。そうした援護を受けなかった原告らが、「法の下の平等に反する」と感じるのは自然だろう。

 注目すべきは、2審までの東京地裁、高裁が原告の被害を認定したこと。地裁は2009年の判決で「国家の主導の下に行なわれた戦争による被害という点においては、軍人、軍属との間に本質的な違いはない原告らの苦痛は計り知れない」などと述べた。それでも受忍論を乗り越えられないところに司法の限界がある。

 今、その司法が認定した戦争被害が、何の救済もなく宙に浮いている。77人の原告の平均年齢はおよそ81歳。今後は、「空襲被害者等援護法」の制定を求めて、国会への働き掛けを加速させる。

 大空襲やシベリア抑留経験者で、国に補償を求めて裁判を闘ってきた何人かが言った。「国は私たちが死ぬのを待っている」。


以上
プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子ほか多数。

最新記事
カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター