FC2ブログ

作り手による「物語」

作り手による「物語」



 毎日新聞13年5月5日「時代の風」欄、京都大学教授(霊長類学者)山極 寿一やまぎわ・じゅいち)さんのコラムを抜粋してご紹介します。非常に重要なことを語っているように思われます。



 作り手による「物語」
 多様な視点から解釈を


 芥川龍之介の作品に「桃太郎」という短編がある。有名な昔話を鬼の側から描いた話だ。

 豊かで平和な暮らしを突然たたきつぶされた鬼たちがおそるおそる、何か自分たちが人間に悪さをしたのかと尋ねる。鬼たちは自分たちが征服される理由がさっぱりわからないままに皆殺しにされてしまう

 つい最近まで、いや現在でもこれと同じことが起きていないだろうか。私が子どもの頃、アメリカのインディアンは白人と見れば理由もなく襲ってくるどう猛な民族で、力を合わせて撃退し滅ぼすことが美談とされていた。

 アフリカのマウマウ団と言えば、呪術を用いて人々を暗殺する危険な集団で、平和な暮らしを守るために撃退しなければならない悪の根源と見なされていた。

 しかし、物心ついて世界の歴史を読みあさるようになると、これらの考えが土地を侵略した側が作った身勝手な物語であるとわかってきた。住んでいた土地を奪われ、不公平な取引をさせられ、伝統と文化を捨てることを強いられた人々が抵抗している姿を、悪魔の仕業のように語っていたのである。私は物語を作った側にいただけなのだ。


 こういった理不尽な物語民族と民族の間にだけあるのではない。人と動物の間にもある。ゴリラは、19世紀にアフリカの奥地で欧米人に発見されて以来、好戦的で凶暴な動物と見なされてきた。それは初期の探検家たちが作り上げた物語がもとである。

 発見以来100年以上たってから、野生のゴリラの調査が始まり、彼らが平和な暮らしを営む温和な性質をもつことが明らかになった。

 こういった物語はアフリカを暗黒大陸、ジャングルを悪の巣窟と見なしたがった欧米人の幻想だった。それは欧米各国がアフリカに植民する括好の理由になった。暗黒の世界に支配されている不幸な人々に光を当てるためというわけである。


 今もこうした誤解に満ちた物語が繰り返し作られている。9・11の後、アメリカはイラクが大量破壊兵器を持ち世界の平和を脅かすと決めつけて戦争を始めたアルカイダはアメリカ人をアラブの永遠の敵と見なして自爆テロを武器として戦うことを呼びかけているイスラエルとパレスチナも互いに相手を悪として話を作り、和解の席に着こうとしない

 人間は話を作らずにはいられない性質を持っている。言葉を持っているからだ。私たちは世界を直接見ているわけではなく、言葉によって作られた物語の中で自然や人間を見ているのだ。

 人間が過去の怨恨を忘れずに敵を認知し続け、それを世代間で継承し、果てしない戦いの心を抱くのは、それが言葉による物語として語り継がれるからだ。

 言葉の壁、文化の境界を越えて行き来してみると、どこでも人間は理解可能で温かい心を持っていることに気づかされる。

 グローバル化した現代、私たちはさまざまな地域や文化の情報を手に入れることができるようになった。物語を作り手の側から読むのではなく、ぜひ多様な側面や視点に立って解釈してほしい新しい世界観を立ち上げる方法が見つかるはずである。



以上
プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子、足立康史、竜崎伸也ほか多数。

最新記事
カレンダー
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター