FC2ブログ

香東川(ごうとうがわ)の亀

香東川(ごうとうがわ)の亀
香東川(ごうとうがわ)の亀
香東川(ごうとうがわ)の亀
香東川(ごうとうがわ)の亀
香東川(ごうとうがわ)の亀




 このところ天気がいい日は努めてバイク(スーパーカブPRO)に乗るようにしている。12月~2月は寒い、3月~4月は花粉症のシーズン。バイクにのるなら今でしょ。

 今日、バイクに乗って香東川の潜水橋を渡っていたら、を見つけた。亀が2匹ひなたぼっこしている。


 そういえば大分昔、この河川敷でを拾ったことを思い出した。甲羅の長径が20㌢くらいあった。今の家の前の家に住んでいた頃、父が池を作るといって、2㍍×3㍍、深さ30㌢くらいの穴を掘って池を作りかけていた。そこに亀を放りこんで飼っていた。竹輪とか鶏肉を与えていた。池の周りの葉っぱも食べていたように思う。慣れてくると、足音がすると寄ってくる。かわいいものであった。

 かなり経ってから、やはり香東川の河川敷でを見つけた。今度のは甲羅の長径が12㌢くらいの小さなものであった。1匹では寂しいだろうと思って拾ってかえり、池に放りこんだ。大きいのが小さいのを追いかけ回したりして、微笑ましいものであった。


 数年してから、家を建て替えることにした。2匹の亀は、飼い主に断りもなく、怪しからぬ振る舞いに及んでいたことが判明した。建て替えのため近くに家を借りて家具などを運び込んだ頃、池の周りの土から子亀が何匹も這い出てきた。

 池は未完のままであったが、このころには父は池作りの情熱をすっかり失っていた。次の家では池は作らない予定であった。また、解体業者や大工など作業員が出入りして危ないので、親亀2匹と子亀何匹かをつかまえて、近くのため池に放った。

 近くのため池には、何代か後の子孫が住んでいるはずである。「亀は万年」とも言う。当時飼っていた亀もいるかもしれない。



以上
プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子、足立康史、竜崎伸也ほか多数。

最新記事
カレンダー
06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター