FC2ブログ

ユニクロ・AIRismが快適

ユニクロ・AIRismが快適




 暑い!! 「言うまいと思えど今日の暑さかな」 高松は連日37度台(四万十市は連日40度超)。家から出たら汗から逃れられない。それならそれで少しでも快適にならないものかと思って、ユニクロ・AIRismを買ってきた。

 絹のような肌触りでひんやりしている。汗は出るが、天然素材(綿)はいつまでも濡れていて気持ち悪いが、AIRismは乾きが早いので快適である。

 一昔前は化繊と言ってばかにしていたが、今は合成素材のほうが優れている。アウトドアショップの人に聞いたが、いまや、山男やヨットマンで天然素材を着ている人はいないという。天然素材は、乾きが悪いので体温を奪い、時には命にかかわる。しかし、アウトドアショップの高機能合成素材で作った商品は、少ロット生産のため高価であった。

 合成素材の進歩にユニクロの貢献は大である。例えば、@500円×10万着=5千万円である。このような少ロットメーカーのために素材メーカーは真剣に新機能商品を開発しようという気にはなれない。採算が合わない。

 ユニクロ級になると@300円×1千万着=30億円である。世界に展開するとなるとその何倍もが見込める(ヒートテックは世界で年間1億着!)。東レ、帝人、旭化成など素材メーカーが新素材開発に真剣になる筈である。開発から脱落したら繊維メーカーとして先がない。

 とはいえ、今のところ、冬は高級綿の良さも捨てがたい。しかし、この先、合成素材はますます進化するだろう。


以上
プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子、足立康史、竜崎伸也ほか多数。

最新記事
カレンダー
07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター