FC2ブログ

国家は具体的な官僚によって運営されている

国家は具体的な官僚によって運営されている
国家は具体的な官僚によって運営されている




 高知新聞13年8月13日に、旧日本陸軍の荒木貞夫大将ら4人のA級戦犯が自らの戦争責任などについて語ったラジオ番組の音源がこのほど見つかった、との記事が載った。


 私のライフワークのひとつは、何故日本は負けると分かりきっているのにあの馬鹿げた戦争を始めたのかを、突き止めることである。対象とする期間は、日露戦争(1905年)から敗戦(1945年)の約40年間である。

 いろいろな本を読んでも登場人物の名は限られている。昭和天皇、陸軍、海軍、政治家、官僚などキーマンは30人くらいか。同じ名前が何度も何度も出てくる。

 作家で元外務省主任分析官の佐藤優まさる)さんの言葉を思い出す。「国家は抽象的な存在ではない。具体的な官僚によって運営されている」



 高知新聞から2名の言を抜粋してご紹介します。

■ 橋本欣五郎氏きんごろう:陸軍大佐、大政翼賛会常任総務)

 「戦争をやるべくおおいに宣伝したということは事実ですよ。そうして、これが負けたということは誠に、僕は国民に相済まんと思っておるですよ。そりゃ、はっきりしとりますよ。けれども、外国に向かって相済まないとは、一つも思っておらない」


■ 荒木貞夫氏(陸軍大将)

 「(米軍が戦争に)勝ったと僕は言わせないです。まだやって勝つか、負けるか、分からんですよ。あの時に(米軍が日本本土に)上陸してごらんなさい…彼らは(日本上陸作戦の)計画を発表しているもんね。九州、とにかくやったならば、血は流したかもしれんけど、惨たんたる光景を、敵軍が私は受けたと思いますね。そういうことでもって、終戦になったんでしょう」

 「だから、敗戦とは言ってないよ。終戦と言っとる。それを文士やら何やらがやせ我慢をして終戦なんと言わんで、『敗戦じゃないか』『負けたんじゃないか』と言っとる。そりゃ戦を知らない者の言ですよ。簡単な言葉で言や、負けたと思うときに初めて負ける

 「(対米開戦をしなければ)ジリ貧と言った東条(英機)君の言葉も、必ずしも一人を責めることはできんじゃないかと。どうせしなびてしまうようにさせられるなら、目の黒いうちにイチかバチか(戦争を)しようというのは、普通の人の頭じゃないかと、こう、私は言いたいのです」

 「戦争中にあったことは、いつまでもグズグズ言うのは、これは間違いだ



..................................................................................


(感想・意見など)

 
 私に言わせれば、橋元欣五郎も荒木貞夫も一種の狂人である。これらの人が陸軍の中枢にいた。

 橋本欣五郎は、三月事件、十月事件を計画するも失敗に終わり、二・二六事件にも関与が疑われている。趣味が「革命」である。常に、何か大きなことをしたいと考えていたらしい。性格はヒステリックで狷介、現役時代に受けた懲罰は60回以上にも及ぶという。離婚3回。


 荒木貞夫は、陸軍大学校を首席で卒業した(官僚組織では非常に大きな意味をもつ)。皇道派の重鎮。二・二六事件を起こした青年将校らのカリスマ的存在。文部大臣として、軍国主義教育を強力に推し進めた。あだ名は「慢性非常時男」「精神家」。口癖は「非常時」「皇国」「皇軍」。


 2人の言葉をみても分かるが、日米で圧倒的な国力差があるのに事実を直視せず詭弁と欺瞞と自己欺瞞に満ちている

 例えば、1944(昭和19)年7月にサイパンが陥落した時点で、客観的に見て、敗戦は確実であった。この時それを認識し、終戦にもち込んでいれば、軍民合わせて310万の戦死者の内約65%の200万人が死なずに済んだ特攻、沖縄戦、空襲、原爆―悲劇の多くがこの間に起きている。しかるに荒木貞夫はじめ多くの軍人が九州本土決戦を叫んだ。そうなっていれば、さらに何十万人もの悲劇を生んだはずである。

 ひとの痛みが全く分からず、行動原理は自分が何か大きいことをしたいという自己肥大欲求のみである。無責任の極み。組織はそういう欠陥者を早くから見抜いて排除すべきであるのに、中枢に入れて、日本を破滅に導いた。日本人は、いまに至るもきちんとした総括ができていない


以上

プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子、足立康史、竜崎伸也ほか多数。

最新記事
カレンダー
07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター