FC2ブログ

丹下健三シンポジウム

丹下健三シンポジウム
丹下健三シンポジウム
丹下健三シンポジウム
丹下健三シンポジウム ロビー
丹下健三シンポジウム 知事がこだわった庭
丹下健三シンポジウム 香川県庁舎と丹下健三
丹下健三シンポジウム 左から猪熊弦一郎、丹下健三、金子正則知事
丹下健三シンポジウム イサム・ノグチと丹下健三



 
 今日、丹下健三生誕100周年シンポジウムに行ってきた。高松市玉藻町のアルファあなぶきホール香川県県民ホール)で1時から5時まで。

 第1部出演者、槇文彦まき)さん、谷口吉生よしお)さん藤森照信さん他、第2部出演者が伊東豊雄とよお)さん、藤本壮介さん、北川フラムさんなど錚々たるメンバーで、充実したものであった。理性と感性のバランスなどいろいろ考えさせられた。

 2000円と有料であったが、かなり盛況であった。今回の高松がメインで、広島、倉敷は6月にあり、9月に今治で開催される予定(いずれも丹下健三ゆかりの地)。建築科の学生か、大阪から来ていた若いグループもいた(終了後これから新幹線で帰ると話していた)。

 これだけ内容が充実しているのなら、昨日香川県庁であったシンポにも出席するんだった。残念!瀬戸内国際芸術祭ともからめ、9月23日(日)まで香川県立ミュージアム丹下健三展が開かれている。これには絶対行くぞ!


 香川には、丹下健三、大江宏、芦原義信など日本を代表する建築家の作品が多い。また、イサム・ノグチ、流正之、剣持勇などアーテイストの作品も多い。

 安藤忠雄さんは、独学で建築を学んだが、1963年卒業旅行の代わりに大阪から高松へ渡り、完成から5年後の香川県庁舎を仰いだ。「丹下さんは日本の歴史や伝統を踏まえながら、世界に類のない現代建築を作った。すごいと思い、感動した」と語る。安藤さんは香川県の直島に、地中美術館など8施設を設計。今年3月にはANDO MUSEUMを作った。

 50数年前にこの流れをつくったのが、金子正則知事と丸亀中学(現丸亀高校)の先輩で洋画家の猪熊弦一郎である。やはり、ひとである。



(以上)
プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子、足立康史、竜崎伸也ほか多数。

最新記事
カレンダー
07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター