FC2ブログ

『なぜ「反日韓国に未来はない」のか』★★★★★

『なぜ「反日韓国に未来はない」のか』★★★★★




 『なぜ「反日韓国に未来はない」のか』★★★★★


 呉 善花お・そんふぁ)さんの本である。小学館新書 777円。

 1990年に『スカートの風』を読んでからであるから、私と彼女の本との付き合いは長い。20数年になる。8割以上は買っている。韓国人で、韓国の真実を書き続けている人は少ない(現在は日本国籍)。大変な迫害を受けるからである。韓国(儒教圏?)の特徴であるが、本人のみならず家族、親兄弟、親戚までもが迫害される。事実、先日も韓国政府に入国を拒否された。テロリストでもあるまいし、韓国はとても文明国とは思えない。彼女を応援する意味でも、目についた本は買っている。

 元日に例によっていつもの宮脇書店をのぞいてみた。彼女の新しい本が出ていた。相当彼女の本を読んできたので、あまり新しいこともあるまいが応援する意味でも買ってみようと思い購入。家でパラパラと読みかけたところ、結局引き込まれて、読みきってしまった(また、本・雑誌・切り抜きの整理などやるべきことが遅れてしまう)。

 この本の新しいところは、韓国でなぜ今反日が加速しているのかを戦後の韓国の歴史をもとに詳述している点である。現在70代半ば以上のひとは、戦前の日韓併合時の良さを知っている。法治主義の良さをなつかしんでいる(悪いことをしなければ何も恐れることはない)。李朝時代は、両班(ヤンパン)・官僚階級の気分次第で何をされるか分かったものでなかった。戦後の誤った捏造史観で教育された若い人ほど反日感情が強い。

 この本と李朝時代を描いた本の2冊を読めば、ほぼここ150年の韓国・朝鮮の様子が分かる。いい本である。777円と3~4時間を費やす値打ちは充分ある。お薦めします。


 それにしても韓国は…(ため息)。週刊文春(13・10・24)によると、「安倍首相も韓国は『愚かな国だ』と周囲に漏らしています。比較論でいえば、中国の態度には背後に計算があるからまだ対応の仕様があるが、韓国は、自分たちでも何がしたいのか分かっていない場当たり的で支離滅裂な対応が相次ぐので、もう放っておけばいい、というのが首相以下、官邸全体の雰囲気です」、とのこと。全く同感である。

 性悪おばさんの告げ口外交と世界各地におかしな像を建てられないようフォローしなければならないが、あとは戦争にさえならなければいい。よかれと思ってしてあげても、すべて悪意にとる。もぅ放っとこ。南といい北といい、なんちゅう隣人やねん。あーぁ。


以上

プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子、足立康史、竜崎伸也ほか多数。

最新記事
カレンダー
12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター