FC2ブログ

時代とともに変わる家族形態

時代とともに変わる家族形態 毎日14年1月8日




 毎日新聞14年1月8日に中央大学教授 山田 昌弘さんの興味ある記事が載っていた。家族社会学専攻で「パラサイト・シングル」や「婚活」という言葉を造り流行させた人である。われわれがいかに事実を知らないか、思い違いをしているかを思い知らされる。抜粋してご紹介します。


 
 時代とともに変わる形態
 日本の「伝統」家族


 家族を研究していると、「日本の伝統家族」といっても、どの時代、どの地域を基準にするかで、内容は違ってくる、と感じる。

 例えば結婚制度。平安時代は「源氏物語」で描かれているように、妻問婚つまどいこん)が行なわれていた。男性が女性の家に通い、子どもが生まれれば妻の実家で育てた。

 鎌倉時代以降、女性は結婚したら男性の家に入る嫁入り婚が一般化したが、それでも「大奥」に典型的にみられるように、富裕層の間では一夫多妻が普通だった。1898年の明治民法施行で、キリスト教の伝統に従い一夫多妻は法的に廃止されたが、習慣は根強く残っていた。一夫一婦制が定着するのは戦後になってからである。

 
 夫婦の性も同じだ。「夫婦同姓が日本の伝統」という人がいて、びっくりしたことがある。日本は今の中国、韓国と同じように、伝統的に夫婦は別性だった。明治維新後も夫婦別姓が続いたが、明治民法の制定時、欧米の慣習に合わせて夫婦同姓になった。「伝統日本の慣習は野蛮」と、1000年以上続く伝統的な慣習を捨て、無理やり夫婦同姓に変えたのである。夫婦同姓は、日本ではたかだか100年少しの歴史しかない

 
 「夫は外で仕事、妻は家事・育児」という性別役割分業は、さらに新しい。戦前までは、ほとんどの庶民は農家など自営業で、男女が生産労働に従事しており、家事や育児は手のすいた人が片手間に行なっていた。富裕層は乳母(うば)や子守を雇って子どもの面倒を見た。家事育児を専らにする専業主婦が一般化したのは、19世紀の英国社会であり、西洋文明の広がりとともに全世界に広がったのである。

 日本では、工業化が進んだ戦後の高度経済成長期に、米国のテレビドラマが放映されたのとともに専業主婦が普及

 一方、専業主婦の本家本元であった欧米社会では、1980年代に社会構造の転換とともに女性の社会進出が進み、専業主婦は少数派になった。

 欧米に遅れて専業主婦が一般化した日本では「夫は外で仕事、妻が家事育児」という分担が、あたかも伝統であるかのように言われている学問的にみればおかしいことである。


 時代とともに家族形態は変わる。どの形態が良いとか悪いとかではない。日本でも時代に合わせて、家族に関わる制度や、税制や社会保障のあり方を変えることが必要になっている。


.............................................


■ 共働き世帯の増加
 厚生労働省の「平成24年度版 働く女性の実情」によると、夫婦共働きの世帯は1980年代から増加傾向にある。
 97年以降は専業主婦世帯を上回り、2012年に1054万世帯と過去最多となった。
 一方、専業主婦世帯数は減少傾向にあり、12年は787万世帯で過去最低だった。



以上

プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子、足立康史、竜崎伸也ほか多数。

最新記事
カレンダー
12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター