FC2ブログ

PC機種交換

PC機種交換 PC DEPOT 東バイパス店





 PC機種交換をすることに


 最近PCコンピューター)の調子が悪い。プリンターもそろそろ買い換える時期でもあったし、点検をしてもらおうとPC DEPOTにPCを持って行った。2時間ほど預けて再度訪店した。ウイルス感染がかなり深刻な状態だという。

 費用が4万数千円かかり、4・5日預かる必要があるという。結局PC自体の調子が悪いこと、プリンターがそろそろ買い換え時期であったこともあり、PC,プリンターとも買い換えることにした。計13万6千円程度(内、本体価格は73%、残り27%はデーター移行手数料、設定料などのサービス料)。

 買い換える場合も、各種設定や旧PCから新PCにデーターを移すために数日預かる必要があるという(その間ブログは休みます)。


 先日インターネットの回線業者NTTから四国電力の子会社STNetPikaraに変えた。

 その際にも困ったことであるが、コールセンター、営業、工事業者が縦割りで、その都度同じような説明をしなければならない。ワンストップショッピングという訳にはいかない。わたしの自宅まで来て一番事情を知っている営業の青年は、受け持ちエリアが中四国・九州で、おんぼろ軽自動車スズキワゴンRで走り回っている。携帯もなかなかつながらない。やっとつながって話したら、いま佐賀にいて、四国に行くのは1と月後になりますと言う。

 やっと1と月後の夕方に来てもらって、30分ほど説明を受けちょっと作業をしてもらった。うす暗くなる中、これから瀬戸大橋を通って山口県の柳井(やない)まで行きますという。


 PC DEPOTでも、店舗内ではあるが、修理部門、営業部門、契約部門と分かれていて、同じような話を3回した。専門性のためか、牽制のためもあるのか、こちらはどっと疲れる。

 前回、前々回PCを買い換えた際は、家に出張してくれて説明・データー移行に1時間程度で済んだ。同じようにならないのか尋ねてみた。データ量も増えていて、かかりきりになったとしても数時間はかかると言う。それと正直、3~5件を掛持ちしながらやっているので、どうしてもそのくらい時間がかかると言う。

 契約部門のその人も、私ともう1人のお客さんを掛持ちで説明していた。消費税増税前の駆け込み需要とXPのサポート終了に伴う買い換えでお客様も増えていると言う。

 PC DEPOT内でのスタッフ人数も以前に比べるとかなり減っている。サポートサービスに入らないとそれは出来ないとか言われたりして、半強制的に月額○○円のサービス契約をさせられた。経営がうまくいっていないのか、以前に比べて強引で、サービスレベルも落ちているように感じた。


 10年以上も前の話。私の知人がある音響メーカーのヘルパーとして家電量販店で働いていた。四国内に5~6人のヘルパーがいて、ヘルパーを統括している正社員は大阪支店にいる。関西の一部も担当エリアだという。普段はPCや携帯で指示がきて、報告もPCや携帯でする。正社員は、月に1度くらい車で回って来ると言う。昔のことなので、今はもっと厳しくなっているかもしれない。


 1人に説明したら、短時間でスムーズにことが運ばれていた時代がなつかしい。昔、欧米はサービスの悪い不便な社会だと聞いたことがあるが、いつしか日本も同じようになりつつあるのかもしれない。


以上

プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子、足立康史、竜崎伸也ほか多数。

最新記事
カレンダー
02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター