FC2ブログ

新しい「あかり」

新しい「あかり」 ①蛍光灯スタンド
新しい「あかり」 ②予備の蛍光管
新しい「あかり」 ③LEDスタンド
新しい「あかり」 ④LED信号機
新しい「あかり」 ⑤日刊工業14年4月10日
新しい「あかり」 ⑥けや木並木が日々新緑に




  
 新しい「あかり」


 家に同じ蛍光灯スタンドが4つあった。4つとも同じもの①。そのうちの一つが点かなくなった。予備の蛍光管②に替えたがやはり点かない。土台がダメらしい。

 同じものを買いにいって驚いた。蛍光灯のスタンドが一切ない!あるのは、LEDかインテリア用の電球か。そこには気に入ったLEDスタンドがなかったので、別の店に行った。そこも同じような状況。2番目の店で比較的気に入った③のLEDスタンドを買った。

 そういえば、去年11月に車検したとき、クルマの「ハイマウント・ストップランプが切れてましたので交換しました」と言われて見た請求書の金額が1万数千円になっているのに驚いた。電球なら数千円のはず。10年以上も前からクルマにはLEDが使われていたことになる。最近はクルマにもどんどんLEDが使われている。


 LEDの長所は、①長寿命、②消費電力が少ない、③発熱が少ない、短所はイニシャル(初期)コストが高い、などである。

 そいうえば、信号機がどんどんLEDに変わってきている。イニシャルコストこそ高いが、どんどん値下がりしているし、改良もされている。長寿命(蛍光灯の約10倍くらい)なので交換することも少ないし、消エネ(10分の1くらい)なので、ランニングコストは低い。④の写真に見るごとく軽量コンパクトなので支柱もステイも細くて済む。


 この照明業界はバカにできない。世界市場は10兆円近くもある。業界はLED一色かといえばそうではないらしい。日経新聞、日刊工業新聞などによれば、日本や欧州のメーカーは、韓国や中国など低価格を武器にした新興国メーカーの追い上げを受けて、〝ポストLED〟として有機EL照明に力を入れ始めているという。

 有機ELは薄型テレビに有望と言われながらほとんどものにならなかった。また、有機EL照明になると、今までの電器メーカーだけでなく化学メーカーも新たなプレーヤーになるらしい。有為転変は世のならい。驕る平家は久しからず。変化に対応できないものは滅び去るのみ。


以上

プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子、足立康史、竜崎伸也ほか多数。

最新記事
カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター