FC2ブログ

羨ましい仕事…「鉄腕DASH」

羨ましい仕事…「鉄腕DASH」 朝日14年4月20日
羨ましい仕事…「鉄腕DASH」 (三五館)1512円 
羨ましい仕事…「鉄腕DASH」 ため池のゆる抜き(手前の黒いのは魚)
羨ましい仕事…「鉄腕DASH」 1メートル級の鯉がうようよ




 羨ましい仕事…「鉄腕DASH」


 私はひとの仕事を羨ましいと思ったことはほとんどない。なんであれ仕事となると大変といえば大変だからである。その少ない羨ましい仕事のひとつが「鉄腕DASH」。それほど熱心に見ているわけではないが、あれは羨ましい。お金を貰いながら人間として基本的なさまざまな技能が身につくからである。米や野菜を作ったり、家畜を飼ったり、魚を釣ったり、料理をしたり、舟をこいだり、家を造ったり…。自給自足ができる。ロビンソン・クルーソーである。

 その出演者の一人、国分太一さんが朝日新聞に載っていた。抜粋してご紹介します。


........... .......... ..........


 毎日の積み重ねの先に


 ジャニーズ事務所に入ったのは13歳の時。姉が送った書類が通り、じゃ、やってみようかって感じで。デビューは遅くて20歳。

 TOKIOでデビューした当初は音楽に関心が高く、もっとアーティスト寄りの活動になると思っていましたが、気付いたら楽器と同じくらい畑でくわ)を持ってました(笑)。僕たちくらい鍬を持ってる芸能人はいないんじゃないかな?「鉄腕DASH」はTOKIOにとって本当にデカイ番組です。

 ナインティナインの岡村さんとも「ぐるナイ」で20年近いお付き合い。最初の頃は「お前全然ちゃうやろ!」って説教されたなぁ。人を笑わせることに真剣で、僕らにまで芸人さんなみに指導してくれて感謝してます。最近は僕が「なんで振ったのに答えてくれないんですか!」って怒ってますけどね(笑)。


........... .......... ..........


 そういえば、これを書いているいま、横のテレビで「ぐるナイ」をやっているけど、この番組もいいなぁ。ご飯を食べて結構な視聴率を稼いでいる(笑)。国分さんはいい番組を持っている。

 昨日だったか、新聞に人気番組の視聴率が出ていて、「鉄腕DASH」が確か19.9%とかになっていた!この番組は相当昔からやっているそうで、平均視聴率は15%くらい取っているとか。制作にあまりお金もかからないし、「笑点」と並んで、日テレのドル箱番組。自給自足的な生活に憧れている人が多いのだと思う。


 私は、街中の商店街で育ったため、人間として必要な基本的な技能が欠けているのではないかという不全感がずっとある。小学生低学年のころだったと思うが、祖母の里に行って、近所の同年代の子ども達とため池や川で遊んだことがある。この子たちは毎日このようなことをしているのかと思うと羨ましかった。

 そのような子の一人に、カヌーイストの野田知佑ともすけ)さんがいる。小さいころは熊本県に住んでいて、毎日学校が終わるのを待ちかねて、鞄を放り投げて、川で遊んでいた。大きな岩や橋の上から何回も何回も飽きずにとび込んだり、川魚を手づかみしたり、釣っていたという。

 長じては、早稲田に学び、編集者になったりしたが、小さい頃の遊びが忘れられず、日本中・世界中の川をカヌーで旅して、ライター・作家として生計をたてている。

 現在は徳島県に住み、吉野川で「川の学校」校長として川ガキ養成講座を開いたりもしている。今では、川ガキOBたちは同窓会もやり、その中からスタッフとして子どもたちをボランティアで支えている人も多い。野田さんは、先日もアウトドア雑誌「ビーパル」に寄稿していた。相変わらず世界の川を旅しているようである。

 「川の学校」のカバーのそでにこうある。「川遊びをする。何をやってもいい。自由だ。だから、自分で決めた遊びを責任をもってやること。細かい指図はしない。だから、自分で考えて、自分で判断して遊ぶこと」。

 こういう子ども時代を送りたかった!こういう子ども時代を送った人は、大人になっても少々のことで挫けたりせず、「万一の場合は、あそこに戻ればいいだけだ」と、頑張れると思う。

 
 私は3年あまりため池のすぐそばのワンルームアパートを借りていたことがある。窓の向こうベランダのすぐ下はため池である。色々なが見られる。鯉やフナなどもいる。年に1回のゆる抜きの時は大変である。池の水を抜くので、鳥にとっては大変なごちそうの時。大騒ぎである。1メートル以上ある鯉がうじゃうじゃいる。鳥と魚が格闘しているのを見たこともある。

 この池に沿った道は、小・中学生の通学路にもなっている。しかし、子ども達はほとんど関心を示さない。1回だけ小学生が池に石を投げているのを見たことがある。恐らく、学校や大人たちが「危ないから」と禁止しているのだろう。

 川や池や海や山で遊ばず、遊ぶすべを知らず、に通い、ゲーム機やスマホで遊び、ある程度大きくなってからはゲーセンやカラオケルームやROUND-1などで金を使って遊ぶ。絶対間違っている。吉野川の川ガキのほうがずっとまともで幸せである。

 小学生の2~3年間だけでも、サマースクールか何かで、そういう環境を作れないものかと思う。


以上

プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子、足立康史、竜崎伸也ほか多数。

最新記事
カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター