FC2ブログ

やはり生に限る

やはり生に限る サンポート高松(高松港)の水浴び場
やはり生に限る 沖の島は「女木島(めぎじま)」
やはり生に限る レストラン「ミケイラ」
やはり生に限る フラダンス中
やはり生に限る フェリーと赤灯台
やはり生に限る プレジャーボート
やはり生に限る マンション群
やはり生に限る 休憩中のフラダンサー





 やはり生に限る


 1と月ほど前の土曜日、首都圏から友人が来て、正午にサンポート高松の赤灯台のつけ根にあるレストラン「ミケイラ」で待ち合わせた。私が15分ほど先に着いた。「ミケイラ」の玄関のガラスドアに張り紙がしている。「本日は貸し切りです…」。「あちゃー」

 一応、中に入ってスタッフに確認した。食品会社Sトリーが借り切っているとのこと。正面で10人ほどのフラダンサーが踊っていて、Sトリーの社員大勢が手拍子を打って実に楽しそうにやっている。

 私はそれまでフラダンスには全く興味がなかった。しかし、生で見ると、何とも言えずいいテレビや映画や写真では伝えられないものがある

 阿波踊りもそうだった。私は新入社員のとき、徳島に赴任してファンになった。一度本物を見ておけば、テレビを見ても楽しめる(音響効果も重要。徳島県人はチャンカチャンカ……というぞめきやヤットサーというかけ声を聞くと居ても立ってもいられなくなるのではないか)。

 テレビ会議でもそういう経験をした。一度本人に直接会っていれば、感じ方が全然違う

 やはり生に限る。そういえば、今日から15日まで阿波踊りが開催される。400年も残ってきたにはそれなりの理由がある。もちろん歌詞にもあるように、「踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らにゃ損々…」。しかし、そう簡単には踊れない。年季とセンスによって全然違う。それもいい。

 阿波踊りはわざわざ見に行く価値がある。日本を代表するエンターテインメントである。


以上

プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子、足立康史、竜崎伸也ほか多数。

最新記事
カレンダー
07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター