FC2ブログ

広島市公務員「お日さん西西」?②

広島市公務員「お日さん西西」?② 毎日14年9月10日
広島市公務員「お日さん西西」?②
 実りの秋も間近か。かかしは洒落か?実効があるのか?





 広島市公務員「お日さん西西」?②


 9月7日のブログ広島市公務員「お日さん西西」?の【追記】にこう書いた。

 05年7月に東京で震度5強の地震があった時のことを思い出した。招集通知に対して、都庁近くの災害対策住宅に住む待機当番34名中13名しか出勤しなかった。都心の一等地の公務員宿舎に格安で住むという権利のみを享受し、災害の際かけつけるという義務を果たさなかった職員が6割にも及んだ

 出勤しなかった21名中正当な理由がなかったと判断された20名は、宿舎を追い出されたはずである。当然である。公務員は民間と違って潰れる不安がないだけに堕落しやすい。陰でじわじわじわじわ権利を拡大し、ある時気がつけば義務は放擲され公務員たちに都合のいいようになっている。しっかり監視する必要がある

............ .............. ............


 私は、広島市に2年間住んだのである程度は分かる。広島平野は、太田川によって形成された典型的な沖積平野(三角州)である。また実際に、15年ほど前、1999(平成11)年6月の豪雨で死者32名、住宅被害4500棟以上という被害があった。

 8月20日未明に土砂災害のあった安佐南区、安佐北区の山際の谷あいの扇状地が被害に遭いやすいということは自明であった。

 広島市の公務員である以上、当然そういう被害に備えておくべきである。少なくとも年に1回は災害訓練をすべきである。既に報道されているが、安佐南区、安佐北区の職員1名ずつが、午前3時30分ごろの招集通知の電話に気付かず、出勤が6~7時頃になり、避難勧告を聴覚障碍者にFAXで知らせるのが5時間も遅れた


 
 今朝9月10日の毎日新聞1面トップニュースを抜粋してご紹介します。


 広島土砂災害
 緊急招集 登庁半数
 区職員 増水で来られず
 退避勧告発令に影響

 広島市の土砂災害で大きな被害が出た安佐南区の区役所で、災害があった先月20日未明、災害対策本部の設置を受けて緊急招集された担当職員129人のうち、避難勧告発令までに登庁したのは半数以下だったことが、同区への取材で分かった。大半は河川の増水などが影響し、登庁できなかったという。同区は職員が不足したことで避難所の開設に手間取り、避難勧告の発令遅れにつながったことを認めている。


.................................................................................................................


(感想・意見など)

 今朝の毎日新聞では、半数以下の職員しか召集できなかったのは河川の増水が理由であったとされている(区役所の説明)。しかし、今後のこともあるので、第三者委員会できちんと調べてもらいたい。先述したように、招集通知の電話に気付かず眠っていたというふざけた輩もいる。なぜ、枕元に電話機を置いていなかったのか。公務員としての自覚がない。

 東京都の地震の例でも、出勤しなかった21名中20名が正当な理由がなかったとして、都心の一等地にある災害対策住宅を追い出されている。彼らは民間なら例えば家賃30万円以上もするような住宅に、災害時はすぐに駆けつけるという条件で、極めて格安に入居していた筈である。公務員にありがちな、権利のみを享受して義務を果たさない唾棄すべき輩というほかない。

 広島の場合、そういうことがなかったか、また、手際の悪さが色々目につくので、本来どうあるべきなのかを一から見直してもらいたい


以上

プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子、足立康史、竜崎伸也ほか多数。

最新記事
カレンダー
08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター