FC2ブログ

たかが うちわ

たかがうちわ ①身の周りのうちわ
たかがうちわ ②(週刊ポスト10月31日号) やくみつるさん
たかがうちわ ③
たかがうちわ ④
 ③④秋の香川県立図書館
たかが うちわ
 ⑤ 朝日14年10月25日




 たかが うちわ


 ネアンデルタール人、もとい、松島みどりさんは、大臣になって間がない人であったが、実に話題に事欠かない人であった。

 ① 法務大臣になって初登庁時、役人の出迎えが少なかったのが気にいらず怒って帰った。慌てた役人は、庁内放送で人をかき集め、改めて大臣を拍手でお迎えした。

 ② 前法務大臣が乗っていた大臣専用車が気に入らないといって、新車に変えさせた。

 ③ ヒラ議員の時は東京都内に住まいしている議員は議員宿舎に入るべきじゃないと言っていたのに、自分はちゃっかり入っていた。

 ④ 議場で、帽子やマフラーなどは着用禁止とされているのに、赤いストールを着用してこれはスカーフだと言い張った。ちなみに、アントニオ猪木さんも議場ではトレードマークの赤いマフラーは着用しないとのこと。別にいいじゃないかとも思うが、どこかで線を引く必要はある。

 ⑤ 選挙区の祭りにうちわを配った。指摘されると「うちわ」ではなく、「討議資料」だと言い張った。柄がついているのはさすがにまずい。それでも言い切るとは、東大卒、元朝日新聞記者だけある。

 ⑥ ①から⑤のようなことを指摘されると、「雑音」と切り捨てた。

 ⑦ 漫画家のやくみつるさんや私のように、うちわに描かれたイラストが詐欺的なまでに似ていないと騒ぐヒトもいる。


 こうして列挙してみると、大臣が辞任したのは結局「うちわ」だったことになる。たかがうちわ、されどうちわ。松島さんは、これだけ個性的なこと(かのマキコさんを思い出す)がバレて、次の選挙は大丈夫かな??


 私は暑がりなのでどの部屋でも身の回りにうちわがある。鞄には扇子せんす)が入っている。扇子は持ち歩くので毎夏1本は失くし、自費で購入する。しかし、うちわは買ったことがない。しかも、うちわの長持ちすること!写真①の左2つは、東京に住んでいた時貰ったものなので18年~20年になる。東京→広島→福岡→高松と引っ越したことになる。右端は宮脇書店総本店のもので、10年以上になる。宣伝効果抜群!

 丸い厚紙で親指が入る小さな丸穴のあいているうちわ⑤がある。これは「討議資料」OKらしい。私も貰ったことはあるが、うちわとしての機能には問題があり(あまり風が送れない)、手元に残っていない。どこかにいったか捨てたか。やはりうちわは柄がついていないと。


 因みに、うどん県丸亀市は、全国のうちわの9割を産している。江戸時代、京極丸亀藩が、藩士の内職として奨励したらしい。
 ついでに、東かがわ市は白鳥町(しろとりちょう)を中心に、手袋シェア9割

 うどん県民としては、うちわが討議資料としてOKとなり、選挙の時白手袋をじゃんじゃん使ってもらい、めしどきにはさぬきうどんをガンガン食べてもらえば、これにすぐるよろこびはありません。


以上


プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子、足立康史、竜崎伸也ほか多数。

最新記事
カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター