FC2ブログ

香港雨傘革命

香港雨傘革命
香港雨傘革命
香港雨傘革命
香港雨傘革命
香港雨傘革命 四国14年11月14日





 香港雨傘革命


 中国香港に対する締めつけを強めている。それに対して学生を中心に抗議活動が行われている。新聞、TVなどの報道を見る限り、警察の放水に対し雨傘で対抗し、かなり激しいもののように映る。しかし、高松市出身の主婦で香港に住む谷川 公光子さんは実際はそうではないという。

 四国新聞11月14日の「おしゃべりカフェ」欄をご紹介します。


 雨傘革命
 「穏やかで平和的」な占拠


 9月28日に始まった、香港の金融街セントラル(中環)の占拠運動は、日本では警察とデモ隊の衝突など激しい面が報道されていたようですが、実際は穏やかで平和的

 黒いTシャツや黄色いリボンを身につけた支持者が座り込み、泊まり込みで道路を占拠しますが、その中心となっているのは10代の学生たち。交代で水や食料を配ったり、ごみを集めたりして助け合います。座り込みをしながら勉強をし、大学生がボランティアで補修を行うことも。夜になると、学校や仕事が終わってから集まる賛同者で人数は一段と増え、週末にはやじ馬も加わり広い道路が埋め尽くされます。

 警察から身を守るものが雨傘だったことから、この運動は「雨傘革命ゆーさんがっみん)」と呼ばれ、占拠地には傘を使ったアートが並び、歩道橋やビルの壁はメッセージを書いたカードや垂れ幕で埋め尽くされています。

 何万人もの人々が香港を愛する心で一つになり、声を合わせて歌ったり、携帯電話のライトを照らしたりと、その場の一体感と高揚感は素晴らしいものです。1ヵ月たった今では、初期の人出こそないにしても、断固として道を明け渡すまじと、テントが並ぶようになりました。

 しかし、主要道路の閉鎖で仕事や生活に影響を受ける人も多く、また、青いTシャツに青いリボンをつけた警察側の支援者も出てきました。デモ隊に罵詈雑言を浴びせるアンチもいますが、そんな時「生日快楽(さんやっふぁいろっ:誕生日おめでとう)」の言葉でいなします。この運動の主導者であるジョシュア・ワォンは占拠地で18歳の誕生日を迎えました。

 中国返還以来の歴史的事件だと世界中のメディアが報道していますが、デモを見たことがなく、全く影響を感じていない人もいます。私も、運行できなくなったバスの乗客が地下鉄に移ってきて混雑するようになった程度で、普通に生活しています。

 ただ、このデモは私に、香港人の香港への強い愛と、それを守ろうとする行動力を認識させてくれました。


以上



 
プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子、足立康史、竜崎伸也ほか多数。

最新記事
カレンダー
10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター