FC2ブログ

「である」と「べき」の峻別を!(続き)

「である」と「べき」の峻別を!
 朝日15年12月3日
「である」と「べき」の峻別を!(続き)
 産経12年12月25日
「である」と「べき」の峻別を!(続き)
 毎日15年12月25日
「である」と「べき」の峻別を1(続き)
「である」と「べき」の峻別を!(続き)
 報道ステーション13年10月9日
「である」と「べき」の峻別を!(続き)
 週刊文春13年10月10日
「である」と「べき」の峻別を!
 日経15年12月5日
「である」と「べき」の峻別を!(続き)
 ホームドアの例





 「である」と「べき」の峻別を!(続き)


 昨日の続きです。

 今朝の朝刊に古館伊知郎(61)さんの「報道ステーション」降板のニュースが載っている。

 ● 産経新聞 「キャスターが意見を言ってはいけないことはない。基本的に、偏らない放送はできないとの思いでずっとやってきた」などと自説を展開した。

 ● 毎日新聞 「キャスターが意見を言ってはいけないことはない。偏っていると言われれば私は偏っている」 

 恐らく、この問題に記者の質問が集中したものと思われる。古館さんの言い分は、何をか言わんや、である。少し匂わすくらいならまだしも、しつこ過ぎる。これでは「報道ステーション」はニュースショーである。ニュースではなく、エンターテインメントである。

 「これからは娯楽の方でしゃべり倒したい」などとも言ったらしい。古館さんには、やはりプロレス中継がお似合いである。

 
 いい企画もあった。13年10月12日のブログ「新聞、TVで分からないことも多い」に書いたが、13年10月9日の「JR北海道の問題」は特に印象に残っている。秀逸であった。新聞、TVは労組の反発を恐れてこの種の企画をやりたがらないが、いい番組であった。

 つい先日も毎日新聞JR北海道の問題が載っていたが、労組の「ろ」の字もなかった。主旨は政府はもっと支援すべきだというものであった。記者が労組の問題を知らないはずはない。これを書いた記者も腰が引けている。


.......... ............ ............


 話題は変わる。東京に行く度、どこかのが変わっている。ホームドアが順次設置されている。一駅の改装に3億円から10数億円かかるらしい。本当にあんな重装備が必要なのかと思ってしまう。もっと簡単な方法はないのかとずっと思っていた。


 日経新聞12月5日のコラム「春秋」は興味深いものであった。抜粋してご紹介します。

 酔っている人はどのようにしてホームから線路に転落するのか映像データの分析で明らかになった結果は意外なものだ。JR西日本によると、イメージが浮かびやすい「千鳥足でホームの端を歩いているうちに足を踏み外して……」というのは1割ほどしかなかった。

 全体の6割を占めるのは、「ホームのベンチから突然立ち上がってまっすぐ歩き、そのまま数秒で転落」というパターン。そこで同社は新大阪や広島など71の駅で、線路と平行に並んでいたベンチを垂直の向きに変えた。これならベンチを立って直進していっても線路に落ちることはない。実際、効果が表れているという。

 昨年度は全国で3730人がホームから落ちた。6割近くが酔客である。上半身を前後に揺らす、柱や壁にもたれかかる、ふらふら歩く、といった「前兆行動」をカメラで察知して、駅員に知らせるシステムなども広がりつつあるようだ。ちょっとした工夫や知恵で、こうした事故を減らせる余地はまだあるかもしれない。

 転落防止にはホームドアが一番だが、コストやスペースの問題で、いますぐすべての駅に設置するのは難しい。


............................................................................................................


(感想・意見など)

 いきなり何億円もかけてホームドアにいくよりも、転落した人の行動分析をしなかったのだろうか。このごろのことだからビデオ映像が残っていそうなものである。藻谷さんが言うように、われわれは思っている以上に思い込みにとらわれ過ぎていそうである。

 ホームのベンチを平行から垂直に変えるのは駅員2人でできることである。「前兆行動」をカメラで察知して駅員に知らせるシステムも数百万円で出来そうである。まず事実をキチンと押さえることが重要だとあらためて思った。


以上


プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子、足立康史、竜崎伸也ほか多数。

最新記事
カレンダー
11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター