公務員労組とは?

公務員労組とは?
 産経16年1月16日
公務員労組とは?
 椿




 公務員労組とは?


 「SEALDs」(シールズ)が安全保障論議の最中に突然現れて、ラップ調、中にはへそ出しルックで歌ったり踊ったり、ネットを活用したりと、若者の新しい抗議活動として脚光を浴びてきた。

 私はズーッと不審感を持っていた。NHKの日曜討論で共産党の志位和夫さんだったか小池晃さんだったかがシールズを盛んに賞賛、国民に運動への参加を呼びかけたり、左傾傾向の強い複数の新聞が全面を使ってシールズの言い分を載せたり、街宣車は全労連から借りてきたり。活動を続けるにはかなりのカネがかかるし。どうにも腑に落ちなかった。

 ところが、何かで読んだ一言でストンと腑に落ちた。それによると、「シールズは民青の別動隊(フロント?)である」と。私は民青(=日本民主青年同盟)には馴染みがある。共産党の青年(下部?)組織である。大学生時代、大学の寮に1年半ほど入っていたが、3分の2くらいは民青員であった。ある時期には学部自治会の委員長(民青員)と同室であったこともある。「赤旗」を配っている人もいた。

 私には「思想」と呼べるほどのものはないが、彼らと思想は違っていたが、いい人たちが多かった。また、会社員時代、労働組合はなかったが、労組に興味がなくもない。

 労働組合といっても、赤字が続けば会社が潰れる民間企業の組合と、その恐れのない公務員労組とでは、また違ったものだと思われる。


 産経新聞1月15日に、西宮市役所に18年間勤め、その後衆議院議員でもあった杉田 水脈(すぎた・みお)さんが、公務員労組について書いている。抜粋してご紹介します。


  日本共産党
  血税を使って支える公務員労組の「正体」



 私が18年間務めた(西宮)市役所の労働組合は自治労連の傘下にありました。地方公務員の労働組合には民主党系の「自治労」共産党系の「自治労連」があります。

 大阪市や京都市のように1つの自治体の中に自治労と自治労連が共存しているところもありますが、ここに紹介するのは、京都市の労働組合が新入職員向けに作った組合の説明パンフレットです。

 「労働組合の正体」と題したこのパンフレット、公務員労組の実態を知るにはもってこいです。


 組合費は給料天引き

 私が勤めていた市役所では水道局以外の部署の組合は「自治労連」(共産党系)でした。私が入庁した頃は新人研修が20日間くらいあり、その中に労働組合の時間というのがありました。
 
 専従の職員が来て、「労働組合に加入しないのは無責任な人間である」といった説明が行われ、新入職員はその場で加入申込書を書かされます。4月1日に入庁し、20日に初めて給料が出るわけですが、給与明細の中に組合費の欄があり、そこにはしっかり金額が記載されています。組合費は給料天引きなのです。

 私が入庁した当時の組合加入率は97%ほとんどの職員は文句を言うことなく、給料から自動的に組合にお金を払い続けているわけです。資金はこうして調達されます。

 次に組織です。各課に1人、組合の「職場委員」が存在します。主に若手がやらされます。職場集会の周知、お弁当の数の取りまとめなどのほか、「動員」も担当します。メーデーの集会や共産党系の平和イベントの参加は組合から動員がかかります

 「1割動員」=10人の職場の場合、1人がそのイベントに参加しなければいけません。「2割」だと2人です。組合のイベントに参加するときは「離席承認扱いとなります。上司が離席を承認しているという意味で、欠勤にもならず、有給休暇も減りません

 近場で行われるイベントは駆り出された一般の職員が参加しますが、遠方のイベントには組合の幹部や専従の職員が参加します。交通費などの諸経費はもちろん、組合費から出ます。


 特定政党とかかわり

 いわゆる公務員の労働組合は労働基準法や労働組合法に規定されている労働組合ではありません。公務員には労働三権が認められていませんが、「公務員も労働者である」という考えの下、「職員団体」をもつことは許されています。

 職員団体はそこに働く自治体職員の福利厚生や労働環境を議論するために存在しているわけです。でも、実態は自治労連が日本共産党というように特定の政党と深いかかわりを持ち、国会周辺のデモや沖縄の基地反対運動に参加するなど政治的な活動を行っています

 そもそも公務員の政治活動は禁止されているのに、なぜ職員団体である「自治労連」や「自治労」は政治活動をおこなっているのか衆議院総務委員会ではこの素朴な疑問に対し、「公務員の職員団体には職員以外の者も加入しており、その人たちが活動している」という苦しい答弁が返ってきました。それもおかしな話です。

 ここのところをきちんと調べて、公の場で追及していけば、ある程度、日本共産党をはじめとする左翼政党への資金や人員の流れを断つことができると私は考えています。


以上


 
プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子ほか多数。

最新記事
カレンダー
12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター