FC2ブログ

コリアは国の制度・考え方に問題がある

コリアは国の制度・考え方に問題がある
 産経新聞16年11月15日
コリアは国の制度・考え方に問題がある
 四国新聞16年11月17日
 韓国は凄まじいコネ社会。コネがない人は、日本に留学して専門性を身につけ、日本企業に就職した方がいいのではないか。実力のある人は政府、企業ともウエルカムである。
コリアは国の制度・考え方に問題がある
 2016年11月12日韓国・朴槿恵退陣要求デモ。警察発表26万人、主催者発表100万人。実数は中間の60~70万人か?日本を見習ってゴミ拾いしていたのには驚いた。昔を知る者にとっては、ほとんど暴力的にもならず、成熟を感じた。
コリアは国の制度・考え方に問題がある
 (講談社学術文庫) 1782年
 英国人女性旅行家イザベラ・バードは1894年、62歳の時、朝鮮を訪れた。以後3年余、バードは4度にわたり朝鮮各地を旅した。当時は李朝末期で、日清戦争、東学党の乱、閔妃暗殺などの歴史的事件が続発していた。朝鮮を知るには必読の書。
コリアは国の制度・考え方に問題がある
 高松市国分寺町のイチョウ並木。10年前に高松市と合併した。鬼無町とともに盆栽の町として全国的に有名。





 コリアは国の制度・考え方に問題がある

 
 北朝鮮は、李氏朝鮮の朱子学と共産主義の悪いところをミックスしたような国なので論外世界最悪の国。それが核とミサイルを持っているから始末が悪い。

 韓国の今については、産経新聞11月15日の「産経抄」が上手に描写している。抜粋してご紹介します。

............ ............


 昨年から韓国の若者の間で、「ヘル(地獄)朝鮮」という言葉が流行している。彼らの多くは、幼い頃から受験勉強に明け暮れてきた。もっとも難関大学を卒業しても、財閥系の有名企業に入社できるのは一握りの学生にすぎない。

 経済不振が続いて、高止まりした若年失業率は深刻な社会問題となっている。学歴に加えてコネがないと、豊かな生活を送れない。身分が固定されていた朝鮮王朝時代のように、地獄のような国だというのだ。

 怨嗟の声が広がるなか、朴槿恵(パク・クネ)大統領の長年の友人、崔順実(チェ・スンシル)容疑者による国政介入スキャンダルが発覚した。

 崔容疑者が私物化したとされる財団には、財閥企業などから多額の資金が流れ込んでいた。その娘にも、名門女子大学への不正入学の疑惑が持ち上がっている。大統領の友人や取り巻きが、権威をかさに着て甘い汁を吸い、協力した財閥は見返りを期待する。若者が怒りを爆発させるのは当然である。

 先週、大統領の支持率はついに若年層でゼロまで落ちた。ソウルで12日に行われた大統領の退陣を求めるデモは、数十万人が参加する今世紀最大の規模となった。とりわけ、若者の姿が目立っていた。


 (日本では)今年7月の参院選の出口調査では、20代の若者の4割以上が、自民党に投票していた。そんな日本で、就職を希望する韓国の学生が増えているという。


........... ........... ..........


(感想・意見など)

 韓国の男性には2年程度の兵役の義務がある。そのうえ、財閥系か公務員以外はロクな就職口がないので、就職浪人が多く、実際に就職するのは30歳近くになることが多いという。さらにその上、運よく財閥系大企業に就職できたとしても、40代半ばまでに一定の職位(日本でいえば統括部長?以上)についていない者は「名誉退職」せざるを得ないという。退職して小さな自営業を営む者が多いが、1年で約半数が潰れる。極めてストレスフルな社会である。

 私は脱サラして15年ほどになるが、20年以上前から、私がいた会社には韓国系、中国系の人たちがいたが、それぞれに優秀な人たちであった。また、秋田の国際教養大学、早稲田大学・国際教養学部、立命館アジア太平洋大学などには多くの留学生がいて、人口減少の日本から外に打って出ようとする企業の引く手あまただという。日本企業に就職するのもひとつの手である。


 彼らは個人としてはよく勉強しているし、優秀な人も多い。しかし、国の制度、コネ社会、身内偏重、賄賂体質、物事を正しく見ようとしない態度、情緒社会、体を使う仕事を低く見ることなど、李氏朝鮮以来の愚劣な考え方・慣習が邪魔をしている

 「今日の我々の生活が辛く困難に満ちているのは、さながら李朝史(韓国史)の悪遺産そのものである」 (朴正凞韓国大統領)に、深く深く同感する。


 バードの『朝鮮紀行』から、それを立証する部分を抜粋してご紹介します。


.......... ..........


 1869年は朝鮮北部で大飢饉のあった年で、食糧不足から4500人の朝鮮人が(ロシアの)沿海州に移住したが、そのうち3800人ほどが全くの貧窮者だった。


 男たちの態度はわずかながらも確実に変わってきており、また女たちは、表向きは蟄居(ちっきょ:家にこもって外出しないこと)の習慣を守ってきてはいるものの、朝鮮本国でよく目にするあのおどおどした態度が消えている。

 本国朝鮮人の特徴である猜疑心、怠惰と慢心、目上への盲従は、きわめて全般的に、アジア的というよりイギリス的な自主性と男らしさに変わってきている。きびきびした動きも変化のひとつで、両班(ヤンバン)の尊大な歩き方や農夫の覇気のないのらくらぶりに取ってかわっている。

 金を儲けるチャンスはいっぱいあり、儲けてもそれを搾り取る官僚や両班はいない。ゆとりのあることが外見からばれても、強欲な役人に見つかることもない。儲けがあっても、それは不安材料ではなく人の信用となるのである。


 朝鮮にいたとき、わたしは朝鮮人というのはくずのような民族でその状態は望みなしと考えていた。ところが沿海州でその考えを大いに修正しなければならなくなった。みずからを裕福な農民層に育て上げ、ロシア人警察官やロシア人入植者や軍人から勤勉で品行方正だとすばらしい評価を受けている朝鮮人は、なにも例外的に勤勉家なのでも倹約家なのでもない。

 彼らは大半が飢饉から逃げだしてきた飢えた人々だった。そういった彼らの裕福さや品行のよさは、朝鮮本国においても真摯な行政と収入の保護さえあれば、人々は徐々にまっとうな人間となりうるのではないかという望みをわたしにいだかせる。


..........................................................................................


(蛇足)

 沿海州の朝鮮人は、1860年代の大飢饉から逃れて食うや食わずでロシア領に移住してきた。しかし、日ソ間の緊張が高まり、1936年スターリンの命令で17万人が中央アジアのカザフスタンやウズベキスタンに強制移住させられた。その後1991年にソ連邦が崩壊、中央アジア各国が次々独立したことによって、再び沿海州に戻った朝鮮族も多いという。


以上
 
 
プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子、足立康史、竜崎伸也ほか多数。

最新記事
カレンダー
10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター