法律、裁判はいい加減

法律、裁判はいい加減
 讀賣新聞17年5月25日
法律、裁判はいい加減
 野田池 柵などない。
法律、裁判はいい加減
 半田池 柵などない。注意書きのみ。
法律、裁判はいい加減
 友常池 同上。
法律、裁判はいい加減
 こういう水路が至る所にある。防護柵はない。
法律、裁判はいい加減
 本津川。交通量の多いところだけガード柵がある。
法律、裁判はいい加減
 香東川(こうとうがわ)の河川敷で遊ぶ小学生。防護柵はない。
法律、裁判はいい加減
 わが家の庭には何匹かの猫が自由に出入りしている。
法律、裁判はいい加減
 ヨドコウ物置の下に3匹の子猫がいた。
法律、裁判はいい加減
 2日間ほど子猫を見かけたが、今夕帰ってきたら、いなくなっていた。昨日かまい過ぎて、親猫が心配してどこかへ連れて行ったのかも。





  法律、裁判はいい加減


 最近、〝法律や裁判はいい加減だな〟と思う事例があった。もとより、1+1=2、2×3=6など、厳密なことは期待していない。しかし、それにしても、と思わされた。

 讀賣新聞5月25日の記事を抜粋してご紹介します。


.......... ..........


 ため池5歳死亡 賠償命令
 高松地裁判決 「管理者は土地改良区」


 香川県三豊(みとよ)市のため池で2015年3月、矢野龍毅ちゃん(当時5歳)が溺死したのは安全対策が不自由だったためとして、父親の雅一さん(47)が県と市、地元の豊中町土地改良区などに約3000万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、高松地裁(森実将人裁判長)は24日、土地改良区に約1100万円の支払いを命じた


..........................................................................................................


(感想・意見など)

 香川県には14000~16000のため池がある。なぜそんなにいい加減な数なのかというと、みかん山などに個人所有の小さなため池があったりするからである。数では日本3位、単位面積当たりでは1位(香川県の特徴は、面積最小で降水量が少ないこと)。私の家を中心に半径500メートルくらいですぐにため池5つくらいは思いつく。そして、写真のように、ため池に安全柵などまずない。費用的に引き合わない

 水路も、基本的には柵はない。川にあるガード柵は、主としてのクルマためである。

 実際、水路でクルマが脱輪したり、自転車で落ち込んだり、散歩中に落ちて入院した、という話は結構聞く。近所のおばあさんも三輪自転車で2度水路に落ち、2度目にそれが原因で寝つき、しばらくして亡くなった。それでもどこかを訴えたという話は聞かない。ほとんどの人が、ため池も、水路も、も、そういうものだと思っている。すべてに柵を設けることは不可能なことを知っている。


 この例が特殊だと思われるのは、①2010年に姉(当時3歳)が同じように死亡していること、②そのためフェンスが設置されていること(普通、ため池にフェンスは設置していない)。先の事件があったためフェンスを設置したが、たまたま東側の一部のフェンスが設置していないところから弟は入り、死亡した。

 ここから先は全くの私の推測であるが、裁判官が、姉・弟2人を亡くした親に同情したこと、土地改良区の財政が豊かで、弔慰金としてそれくらいは出せるだろうと判断したのではないか(私が自治会長をしていたとき、他の自治会長数人から土地改良区とか水利組合は財政が豊かだと聞いたことがある。私は商店街で育ったので、こういうことが分からない)。

 判決の形をとっているが、「和解」と言えなくもない。ただ、控訴の途は残されている。まだ確定判決ではない。


以上


プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子ほか多数。

最新記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター