秘伝のタレ

秘伝のタレ
 讀賣新聞17年7月12日
秘伝のタレ
 郷東橋近くのネコバス。「こだわり麺や」のコバンザメ商法。ソフトクリームのようなものに色々トッピングしたものを売っている。
秘伝のタレ
 ネッツトヨタで咲いている花(青と白)。いまだに名前が分からない。





  秘伝のタレ


 讀賣新聞7月12日「ロングセラーの理由」は、エバラ食品の「黄金の味」。秘伝のタレには違いない。原材料をみて驚いた。抜粋してご紹介します。


.......... ..........


 果物でとろみと甘み


 タレを焼きたての肉に付けると、独特のとろみがよく絡む。かみしめると肉汁と一緒にほどよい甘みが口に広がる。

 発売された1970年代は高度成長を経て、日本の食卓が豊かになった時代。ホットプレートの普及も追い風となり、食べ方はそれまでのつけ込み焼きから今のスタイルと同じ素焼きに。そうした変化をとらえ「子どもでも素焼きの牛肉をおいしく食べられるタレ」を目指し開発された。

 味の秘訣はふんだんに使用した果物だ。なんとタレの原材料の3分の1はリンゴが占めている。香りの良いモモや後味がすっきりするウメも使い、とろみと甘みを表現している。

 発売39年となる今年は、初めて大幅リニューアルを行った。近年人気が高まっている赤身肉のうまさをより引き出すため、とろみを従来製品の2倍にアップさせた。工場での試作は20トンに及んだという。さらに、重い瓶からペット素材に変えた。使い切り用や小さめのサイズなどラインアップも豊富だ。

 人々のライフスタイルの変化への敏感さが、いつの時代も食卓に並び続ける理由なのだろう。


以上


プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子ほか多数。

最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター