FC2ブログ

NHKスペシャル「人体」★★★★★

NHKスペシャル「人体」★★★★★
 讀賣新聞17年9月30日
NHKスペシャル「人体」★★★★★
 NHKスペシャル「シリーズ人体」 久々にNスペらしいいい番組。
NHKスペシャル「人体」★★★★★
 これまでの考え方→「脳が司令塔」
NHKスペシャル「人体」★★★★★
 ところが、全く違うことが分ってきた。
NHKスペシャル「人体」★★★★★
 体中の臓器がお互いに「メッセージ物質」を出して、情報をやり取りしている。
NHKスペシャル「人体」★★★★★
 いまや、そのような「メッセージ物質」が数百種類見つかっているという。
NHKスペシャル「人体」★★★★★
 NHKスペシャル「人体」★★★★★
 全身の臓器が「メッセージ物質」を放出し、臓器同士が会話している。
NHKスペシャル「人体」★★★★★
 四国新聞17年8月20日
 間もなく血液1滴で13種のがん検診ができるようになるという。費用は2万円を予定。これも「メッセージ物質」の発見が関係している。認知症などの診断も期待されている。いよいよ人生百年時代が実現する。
 NHKスペシャル「人体」★★★★★
 例によって溜まった新聞をマックで読んだが、2階は学生・生徒・社会人の自習室状態。
NHKスペシャル「人体」★★★★★
 マックからの帰りセブンに寄ったが、秋祭りの獅子舞が終わって一休みしているところであった。
NHKスペシャル「人体」★★★★★
 子どもたちが楽しそうにアイスクリームを食べていた。





 NHKスペシャル「シリーズ 人体」★★★★★


 久々にNスペらしいいい番組である。

 讀賣新聞9月30日の「試写室」笹島拓哉さんのコラムをご紹介します。


.......... ..........


 「人体」に関する最新医学を紹介する全8回のシリーズ(17年9月30日から18年3月末)。今回は「プロローグ(序章)」と副題にあり、シリーズ全体の宣伝かと思いきや、研究の最前線について丁寧に説明し、見応えがあった。

 人体機能のイメージは「脳が全体の司令塔となり、他の臓器がそれに従う」というのが一般的だろう。

 しかし、番組では、臓器同士が「メッセージ物質」を発して、〝会話〟することで人体が成り立っていることが明らかになり、病気の新たな治療法に応用されていることなど、興味深い情報が満載だ。

 司会はタモリとノーベル賞受賞者の山中伸弥・京都大教授。タモリは医学的な知見を日常的な事象の比喩で分かりやすく伝え、山中教授は専門家の視点を平易な言葉で解説し、説得力のある番組になっていた。


............................................................................................................


 (追伸)

 今夜(10月1日)9時からは「人体①寿命を決めるのは〝腎臓〟だった」です。見逃した人は再放送が必ずありますので、是非見て下さい。

 プロローグと〝腎臓〟には石原さとみちゃんも出ているよ(8話まで出るかは不明です)。


以上


プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子、足立康史、竜崎伸也ほか多数。

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター