FC2ブログ

「毎日かあさん」卒母…残念!!

毎日かあさん」卒母…残念!!
尊敬する西原(さいばら)理恵子さんの「毎日かあさん」は、第14巻「卒母(そつはは)編」でフィナーレ。月曜日の毎日新聞で見、本になっても買っていた。非常に残念!!人生の真理、教訓が詰まっていて、しかも面白い。
毎日かあさん」卒母…残念!!
 P5 西原さんは、自立するとき月収20万円、将来に備えて10万円貯金、計30万円が目標だったとか。30年後の今と価値観が違わないのが悲しい。「お金を稼ぐということは自由を手に入れることだった」は至言。
毎日かあさん」卒母…残念!!
 P22 西原さんは武蔵野美術大学(ムサビ)卒業。芸術的天才・秀才がゴロゴロしている。彼らと同じ土俵で戦っても勝ち目がないことを早くから自覚し、独自のポジションを築いたのが成功につながった。
毎日かあさん」卒母…残念!!
 P29 高度成長期は専業主婦でもどうにかなった。今後はAI、IoTなどで変化はますます激しくなることは間違いない。「人生百年時代」にもなる。「手に職をつける」ことは重要である。看護師などはいい選択。「大きく変えることは出来なくても少しずつ良い方向へ」。
毎日かあさん」卒母…残念!!
 P36 「底辺校の先生たちの『何とかせにゃ』の物語」「工業高校のおじいさん先生の口グセが『この子らあを食べていける人にせんといかん』」…泣ける。
毎日かあさん」卒母…残念!!
 P57 「息子が中学の時ダチョウ牧場で働いた時の作文」…「どんな仕事でも必ず面白いとこがあって」「そこを早くみつけるのがコツと思います」…中学生でそれが分かるとはスゴイ!
 私はわりと小さい時から父親が何かするとき強制的に一緒に仕事をさせられた。そのときは嫌々だったが、終えたときのすがすがしさを教えてもらった。学生時代にいろいろ(20種類くらい)アルバイトしたのも良かった。社会人になってから、嫌々仕事をする人がいるのを知った。その人は不幸そうに見えた。周りも迷惑する。
 ほとんどの人は、泣いても笑っても生きていくために、何十年間は仕事をせざるを得ない。どうせなら懸命に仕事をしたほうがいい。西原さんの息子さんが言うように、「どんな仕事にも必ず面白いとこがある」。時間が経つのも早い。人生をハッピーに送るコツのひとつである。


 などなど、面白くためになる本である。【毎日新聞出版 980円】 是非買ってお読みください。


以上


プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子、足立康史、竜崎伸也ほか多数。

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター