FC2ブログ

天才も若い時は就活に苦労した

天才も若い時は就活に苦労した
 産経新聞17年11月17日 508億円!!
天才も若い時は就活に苦労した
 毎日新聞17年9月13日
天才も若い時は就活に苦労した
 (実業の日本社文庫) 750円
 気弱なマル暴刑事(デカ)・甘糟(あまかす)達夫が主人公の新シリーズ。今野 敏さんの作品には良質なエンターテインメントが多く、はずれが少ない。
 この種の警察ものはエンタメだけで読むのではない。警察の仕事の実態もある程度知ることができる(特に濱嘉之さん)。
 例えば、文科省幹部が、「恋活バー・ラブオンザビーチ」なる店に週に3・4回も通っていたという話を読んで、この人は真正の馬鹿ではないかと思った。女性は無料で、客の半数はプロの売春婦でセミプロ(アルバイト)も多いという。店は暴力団のフロント企業かそれに近いに違いない。当然、所轄の生活安全課か捜査4課もしくは組織犯罪対策部、あるいは公安部の監視下に置かれている。そこの常連客は当然マークされている。そんなことも知らず長年呑気に遊んでいるとはお粗末極まる。
天才も若い時は就活に苦労した
 高松中央図書館前のケヤキ。
天才も若い時は就活に苦労した
 青色が薄くなり花の大きさも半分くらいになっているが、11月も下旬になろうとしているのにまだまだ咲いている。





 天才も若い時は就活に苦労した


 最近、ちょっとしたことで数人の若い人と知り合いになった。学校を出て会社に就職したものの当初思っていたことと違って悩んでいる人が多い。3カ月足らずで辞めた人もいる。いつの時代も変わらない。あの人も悩んで悩んで天才になった。

 毎日新聞9月13日の「水説(すいせつ)」、論説委員の中村 秀明さんのコラムを抜粋してご紹介します。


.......... ..........


  「万能の天才」の素顔


 レオナルド・ダビンチは、今では「万能の天才」が代名詞だが、フッィレンツにいた30歳までは有名な工房の腕利き職人にすぎなかった。大きな作品は20歳すぎに描いた「受胎告知(じゅたいこくち)」くらいで、仕事の手が遅いこともあって完成までこぎつけた作品が少なかったようだ。

 引っ越し先のミラノで宮廷に雇ってもらうために書いた10項目の自薦の文書が残っていて興味深い。

 ・とても軽くて丈夫で移動可能な橋を造れます
 ・簡単に運搬でき散弾を飛ばす大砲を考えました
 ・攻撃されても平気な装甲付きの戦車を用意します
 
 この調子で九つは新兵器など戦争に関する分野だった。やっと10項目目に「平和な時には建築、土木、絵画も手がけます」と書いている。

 芸術家ではなく、すぐに役立つ技術者として必死に職を求める思いがにじむ。晩年の肖像画などから受ける超然とした印象はない。

 西洋美術史に詳しい池上英洋・東京造形大学教授は少年時代のレオナルドについて「私生児だったため、まともな教育を受けられなかった」と、「ダ・ヴィンチの遺言」(河出書房)で書いている。左ききを直されなかったのも、そのためと言われる。

 池上さんによると、彼が残した蔵書リストには、商人の子どもたちが習うそろばんの教科書や初級ラテン語の文法書も数冊含まれる。機械工学や解剖学など科学的知識を広げるうえでの基本が欠けているのを自覚し、大人になって必死に補おうとしていたとみている。素顔を知ると、「万能の天才」と」簡単に言ってしまうのはよくないと気づく。

 さきの10項目の自己PRの後、彼はミラノの宮廷に採用された。だが、「最後の晩餐」を手がけるのは、それから10年以上も後のことだ。そして「モナリザ」はさらに10年近くたった作品である。

 教育の機会に恵まれなかった人がこつこつ知識と技能を蓄え、機会をうかがい、年とともに開花させた。そんな遅咲きの人だったのだ。

 彼が残した類いまれな結果に驚嘆するだけにとどまらず、その過程にも目をやれば決して遠い存在ではないと思えてくる。


以上


プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子、足立康史、竜崎伸也ほか多数。

最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター