FC2ブログ

哀悼:住田正二さん

哀悼:住田正二さん
 讀賣新聞18年1月6日「編集手帳」
哀悼:住田正二さん
 讀賣新聞18年1月6日「住田正二氏評伝」
哀悼:住田正二さん
 讀賣新聞18年1月6日
哀悼:住田正二さん
 住田正二さんの著書 左:朝日新聞社、右:読売新聞社
 私は20年くらい前にこの2冊を買って読んだ。驚いたことに、元運輸事務次官が書いた本である。「官」のデタラメについてこれほど正確な本はない。JR東日本初代社長の時に、「国鉄時代と反対のことをすればうまくいく」と発破をかけた人である。
 『お役人の無駄遣い』の「はじめに」ではこう書いている。「この本を書いた動機は、…愛国心からである。今のような予算の無駄遣いが続いていると、日本は本当に駄目になってしまうのではないか、そういう心配をどうしても打ち消すことができないからである」。
 振り返ってみると、臨時行政調査会(臨調)華やかなりし頃は、多くの人が行政改革(行革)に真剣であった。その1人が住田正二さんであった。あの熱気はどこへ行ったのだろう?朝日新聞は、本来なら違法な天下りに熱心で獣医師界とも癒着していた前川喜平前文科次官を弾劾すべきであったのに、安倍内閣打倒という自らの目的のために、「正義の人」と持ち上げてしまった。事務次官経験者でも、住田さんと前川とでは月とスッポン。この変化の激しいICT・AI時代にこそ、住田さんのような人が必要なのに。
 哀悼:住田正二さん
 本津川のマガモとコサギ。




  哀悼:住田正二さん


 驚いたことに、NHKは今夜7時のニュースのトップに星野仙一さん逝去のニュースを取り上げた。国民の関心はそうなのかもしれないが、住田正二(すみた・しょうじ)さんの方が国のために余程大きな仕事をされた。


 ◆讀賣新聞1月6日の「編集手帳」をご紹介します。


.......... ..........


 かつて大事件の陰で波紋を広げる人事があった。

 社長含みで全日空常勤顧問に就任した元運輸事務次官、住田正二さんは突然、会社を追われた。

 ロッキード裁判・全日空ルート裁判で、運輸官僚時代に大臣側から受けた〝圧力〟を証言した後の出来事だった。当時、推理作家の三好徹さんが本紙上で述べている。なぞを呼んだ追放劇は「彼一人が政治家を恐れず事実を証言した」からにちがいないと。

 あるべき道義と自らの地位を、てんびんにかけることをしなかった人だろう。直言で知られた住田さんが95歳で亡くなった。

 空を離れてからは陸上輸送の大改革、国鉄民営化に取り組んだ。JR東日本初代社長としてその難事業を軌道に乗せたのち、上梓(じょうし)した『お役人の無駄遣い』(1998年小社刊)は話題を集めた。整備に何百億円とかけながら、利用する船舶はなく「釣り堀」と化す港…そこに列挙した港湾事業の「無駄」は役所の後輩たちを真っ青にさせた。

 「大義、親を滅す」とも記している。道義のために私情を捨てよ――聞かないことばではないが、それを貫徹した人の口から出ると、説得力がちがう。


.......... .......... .......... .......... .......... ..........


 ◆讀賣新聞1月6日の「評伝」をご紹介します。


.......... ..........


 JR東の多角化 推進
  住田正二氏 規制緩和訴え続け


 昨年12月20日に亡くなったJR東日本初代社長の住田正二氏は、役人出身ながら「無駄な公共事業はやめるべきだ」と行政を批判するなど、思い切った直言で知られた。

 旧運輸省の事務次官を務めた後、国鉄民営化に道筋をつけた。1987年、JR東日本社長に就任すると、規制強化など、行き過ぎた行政の介入が企業の自主性を縛り、市場経済をゆがめてきたと指摘した。経営感覚のない「お役所体質」を批判し、規制緩和を訴え続けた。官民双方の問題点を熟知した上で、古巣に苦言を呈した。

 JR東日本では、「国鉄時代と反対のことをすればうまくいく」と社員に呼びかけ、顧客サービスの改善やコスト削減に取り組んだ。駅ビルやホテルなど関連事業の展開で、経営の多角化を推進し、今の収益を支えるビジネスモデルの礎(いしずえ)を築いた。  (工藤彩香さん)


以上



  
プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子、足立康史、竜崎伸也ほか多数。

最新記事
カレンダー
12 | 2018/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター