FC2ブログ

北朝鮮問題セカンドベストの解決策

北朝鮮問題セカンドベストの解決策
 週刊エコノミスト18年1月16日号「闘論席」 古賀 茂明さん
北朝鮮問題セカンドベストの解決策
 毎日新聞17年12月14日
 上記古賀さんのコラムを裏付けるような記事。
北朝鮮問題セカンドベストの解決策
 ニューズウィーク日本版17年10月3日
 中国は全くいう事を聞かない金正恩を見限っていると思われる。あとは、どうすれば中国の国益の最大化を図れるかだけ。
北朝鮮問題セカンドベストの解決策
 日経新聞17年12月24日
 中国は、北朝鮮と国境を接する吉林(きつりん)省や遼寧(りょうねい)省などに5カ所の難民収容所(合計50万人を想定)を準備している。
 「ティラーソン米国務長官は、半島有事の際の難民対策や核兵器の管理についてすでに中国と協議したと明らかにした」との記事も。
北朝鮮問題セカンドベストの解決策
 産経新聞17年12月15日
 コウモリのような韓国は米中日どこからも軽んじられている。
北朝鮮問題セカンドベストの解決策
 讀賣新聞17年12月15日
 イギリスはブレグジットでEUと少し距離を置くことになり、中国の台頭もあり、「日英同盟」復活か?
北朝鮮問題セカンドベストの解決策
 毎日新聞18年1月7日社説
 結局は中国との関係が一番の問題。ロシアは、GDP(国内総生産)はアメリカ、中国、日本、ドイツ、イギリス、フランス、インド、イタリア、ブラジル、カナダ、韓国の次の12位(140兆円)に過ぎない。因みに北朝鮮は2兆円~4兆円。4兆円としても茨城県並み。そこが、200~300万人の人民を餓死させても、「先軍政治」で核・ミサイル開発を最優先させ、金王朝を守ろうとしている。金正恩は、側近幹部だけで130人以上を粛清したという。
北朝鮮問題セカンドベストの解決策
 香川県立図書館。アキニレはすっかり丸坊主。





 北朝鮮問題セカンドベストの解決策


 北朝鮮問題でベストの解決策は、北朝鮮の現在の体制を関係国が保証する代わりに、北が核兵器を放棄すること。しかし、これは望めそうもない。1990年代から約束しても何度も裏切られた。結局、北朝鮮に時間稼ぎに使われただけだった。

 最悪は、米中戦争に発展し、第二次朝鮮戦争になること。これは避けたい。

 北朝鮮は、過去、ドル札の偽造、覚醒剤の密輸出、拉致、外国銀行のハッキングで大金を不正引き出し、大韓航空機爆破、アウンサン廟(びょう)爆破、核・ミサイルで他国を脅したり…と、ありとあらゆる悪行を重ねている。このような国の核兵器を容認することは将来に大きな禍根を残すセカンドベストは、米中露で話し合ったうえ、実力行使に出るしかないのではないか。

 現に、そのような動きもある。週刊エコノミスト1月16日号「闘論席」欄、古賀 茂明さんのコラムを抜粋してご紹介します。


.......... ..........


 「北朝鮮と前提条件なく協議する用意」というニュースが世界を驚かせた。12月12日にティラーソン米国務長官がワシントンの講演で語ったというのだ。

 この発言が伝えられると、大騒ぎとなった。しかし、直後にホワイトハウスがこれを完全否定し、本人も修正して、沈静化した。

 実はこの日、ティラーソン氏は、これと同時に非常に興味深い発言を行っている。

 ティラーソン氏は北朝鮮政権崩壊時に米国にとって最重要なのは核兵器の確保だ。そのために休戦ラインを越えても、必ず38度線以南に戻ると中国に約束した」「中国は北朝鮮から難民が大挙して流入してくることに備えている」などと、両国が北朝鮮での戦争を前提にして、かなり踏み込んだ話し合いを行っていることを明らかにしたのだ。これは非常に異例のことだ。


 私はこれを聞いて、昨夏以降中国専門家の間でささやかれる米中密約説を思い出した。そのポイントは以下のようなものだ。

 米国が北朝鮮を攻撃することを中国は容認する。ただし、南北統一はせず、米中が協力して北朝鮮に新体制をつくる。中国軍も北朝鮮領内に入り、中国との国境沿いに難民キャンプを作り、そこに難民を封じ込める

 北の核を完全に抑えたら米軍は撤退し、韓国内の「終末高高度防衛(THAAD)ミサイル」は撤去、在韓米軍も大幅に縮小する――。

 そして、難民キャンプや北朝鮮復興のための費用は、大半を日本に持たせる


 ティラーソン氏の発言は、この密約説と符合する。


.......................................................................................................


(感想・意見など)

 中国は、北朝鮮との国境沿いに5カ所難民キャンプを設け、兵士たちに朝鮮語教育もしているとのこと。上記はかなり可能性が高い話である。


以上


プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子、足立康史、竜崎伸也ほか多数。

最新記事
カレンダー
12 | 2018/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター