FC2ブログ

韓国はメチャクチャ

韓国はメチャクチャ
 産経新聞18年8月28日
韓国はメチャクチャ
 韓国・文在寅(ムン・ジェイン)大統領
韓国はメチャクチャ
 朝日新聞18年10月31日

 2015年末に交わした国と国との「不可逆的」約束を早くも破った
 ソウルの慰安婦像を撤去するどころか釜山にも作り、世界中に作っている。
 コリアンとはこういう人たちである(朝日新聞さん、あなた方の30数年にわたる捏造、誤報がもたらした結果です。責任を取って下さい)。

韓国はメチャクチャ
 讀賣新聞18年10月31日

 文在寅大統領の師匠筋にあたる盧武絃(ノ・ムヒョン)大統領ですら、徴用工問題は1965年の日韓基本条約で解決済みで、徴用工に対する賠償責任は韓国政府にあると言っていた文大統領は、最高裁判所の裁判官を文在寅派(左派)で押さえ、この度の判決となった。師匠ですらしなかったこと。全く信じられないメチャクチャな国。以上は嫌韓の説ではない。事実である。

.................................................................................

韓国はメチャクチャ
 クックチャム。お惣菜の店。マダム連中が大勢来ていた。
 どのようなお店かかねてから気になっていたのでいってみた。
韓国はメチャクチャ
 他にも色々あったが、4点で909円。



 
 韓国はメチャクチャ


 韓国はメチャクチャである(北は輪をかけているだろうが)。どうしようもない国。

 その証拠は、例えば2005年の反日法(親日反民族行為者財産の国家帰属に関する特別法)一つをとっても分かる。近代国家とは言えない。従北派の盧武絃(ノ・ムヒョン)政権が押し進めた過去清算の一環で、かつて日本に協力して財産を作った者の財産を没収するというもの。文在寅氏も幹部として関係しているはず。

 60年以上前のことなので、財産は子孫が受け継いでいる。完全な事後法法の不遡及の精神に反する。対象はほとんどが子孫なので連座制となり、財産権の侵害となる。しかも、盧、文とも弁護士。近代国家ではあり得ない話。

 例えば、当時は最高速度が60キロだった道をお父さんは60キロで車を走らせていた。60年後に過去にさかのぼって最高速度を40キロにしましたので、お父さんは違反していました。子孫のあなたが罰金を払って下さい、と言われたようなもの。信じられないようなことが平気で通用する国。国民の7割が逃げ出したがっているというのも分かる気がする。


 その文在寅大統領が、韓国の歴史をますます捏造しだした。ますます救いがたくなりだした。


 産経新聞18年8月28日ソウル駐在客員論説委員の黒田勝弘さんのコラムを抜粋してご紹介します。
 
.......... ..........


 対日解放 自力で勝ち取った?


 韓国で「光復節」と称される今年の「8・15記念式典」で文在寅大統領が行った演説に気になっている部分がある。

 「光復節」は1945年8月15日、日本の支配・統治から解放されたことを記念する祝日だが、日本支配からの解放(光復)はどのようにもたらされたのかという歴史的事実関係について、これまで教科書などで教えられてきた〝定説〟とは異なる解釈というか主張を語っているからだ。

 「わが国民の独立運動は世界のどの国よりも熾烈でした。光復は決して外から与えられたものではありません。先烈たちが死を恐れず共に闘い勝ち取った結果でした。すべての国民が等しく力を合わせ成し遂げた光復でした

 これまでは各種の教科書によると「光復」というのは「連合国の対日戦勝によってもたらされたものだが、同時にわれわれの粘り強い独立運動の結果でもある」と記述され、教えられてきた。

 ところが(文の)演説は、解放は米ソなど連合国の対日戦勝、つまり日本の敗戦の結果である「外から与えられた」ことを否定し「自分たちの手で勝ち取った」ということだけを強調した


 韓国の歴史学者や教科書執筆者は「8・15」の歴史については昔から悩んできた。日本統治時代の歴史は「独立闘争の時代」として描かれ、日本に対し抵抗し戦ったことが詳細に語られてはきたが、結果的には日本の支配を自力で打ち破ることはできず、日本の敗戦を待つしかなかった

 この鬱憤こそが韓国人にとっては最大の「歴史的ハン(恨)」であり、いまなお執拗に展開されろ〝反日現象〟の背景でもあるのだが、その結果、教科書などでは「同時に独立運動の結果でもある」と両論併記にして「鬱憤(恨)晴らし」の一助にしてきた。


 それを大統領演説は一気に「光復は自力だった」としてしまった韓国では政権が代われば歴史認識や記述も変わるこれから教科書でも「光復は連合国の対日戦勝でもたらされた」という部分(事実)は削除されるだろう。

 大統領の「8・15演説」というと思いだすのが1981年の全斗煥(チョン・ドファン)大統領で、「光復」について連合国の対日戦勝という「民族外的要因」を指摘し「過去を真実以上に美化することによって空虚な自尊妄大に陥ってはなりません」と自戒を述べている。

 37年前のことだが、歴史認識という意味では民主化闘士の文在寅氏より軍人出身の全斗煥氏のほうがはるかに正直で余裕があったということになる。

 それに日本支配からの解放(光復)を語るのなら当然、なぜ日本に支配されたのかも語らられなければならないはずだが、文大統領演説には去年も今年もそれはない

 全斗煥演説はそれを語り、金大中(キム・デジュン)大統領も「支配を受けた根本原因はわれわれにある」(2000年の6・25朝鮮戦争記念日演説)と語っていたのだが。


 文政権は「3・1抗日独立運動100周年」の来年、盛大に記念行事をやるという。政府主導で日本に対する「勝った、勝った」という、悩みや自戒抜きの歴史イベントが展開されそうだ


..............................................................................................................


(感想・意見など)

 日本統治下で教育を受けた朴正煕、三金、全斗煥氏あたりまでは、まだ事実を事実として謙虚に見なければという意識があった。しかし、その後に反日教育を受けた人たちは事実を事実として見ようとせず、おかしな方向に突っ走っている。今後の韓国の行く末がますます危ぶまれる。


以上


プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子、足立康史、竜崎伸也ほか多数。

最新記事
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター