FC2ブログ

なぜ豚(とん)コレラは拡大したか

 
 なぜ豚(とん)コレラは拡大したか

なぜ豚(とん)コレラは拡大したか
 四国新聞18年12月26日

 2018年9月に岐阜市の養豚場で国内で26年ぶりに豚コレラが発生。その後も岐阜県内で次々に発生。岐阜県内で抑えられていればまだ良かったが……。

「請求権白書」再読のすすめ
 朝日新聞19年2月7日

 日本の獣医学は、獣医学部新設を50年以上認めなかったこともあり、欧米水準から著しく遅れている

 もともとは、岐阜県が、豚(とん)コレラが中国で猛威をふるっているにもかかわらず、豚コレラと認識できなかった(当初、熱射病と判断した)ため、被害が拡大した。愛知県に飛び火し、愛知県は出荷停止措置が遅れたため、さらに5府県に拡散した日本の獣医学は極めてお粗末!!

「請求権白書」再読のすすめ
 讀賣新聞17年5月30日
 公務員獣医師、産業動物獣医師が不足している。

モリ・カケ・セクハラ、いい加減にしようよ
 月刊WILL17年9月号
 
  ベテラン朝日記者の長谷川煕(ひろし)さんはAERA記者として2000年以降、鳥インフルエンザ口蹄疫を取材した。
 
 競争のない①日本獣医学のレベルの低さに驚愕、②公務員獣医師、産業動物獣医師不足にも触れている。

 獣医師、文科省、農水省、族議員などが半世紀にわたって獣医学部の新設を阻(はば)んできたのだから当然腐敗している。新規参入を阻めば、必死に勉強する必要もないし、お互いに儲けを山分けできる。儲けたカネの一部を参入阻止のための工作資金としてばらまいて、インナーサークル内の人は左うちわ。

行政の「えこ贔屓」
 産経新聞17年7月17日

 「平成15(2003)年に文部科学省が獣医学部新設を認めないとする告示」を出している。
 この件に関し、誰が、どのような理由で、どのような経緯で、このような告示を出したのか、を明らかにする必要がある



 世界の動きは逆!!例えば、2001年に香港・マカオ・韓国などで鳥インフルエンザが大量発生し、香港だけでも120万羽の鶏を処分したという事実がある。2002年には米国各地で発生。2003年にはオランダ、ベルギーで大流行、1000万羽以上処分。2003年末には韓国で百数十万羽処分。ベトナムでも200万羽以上処分。香港、オランダ、ベトナム、タイではヒトにも感染、死亡者も出ている

 BSE(牛海綿状脳症)のこともある狂牛病は俗称。脳の中に空洞ができ、スポンジ状になる病気。1986年にイギリスで初めて発見された。その後イギリスを中心に欧州で多発。日本では2001年千葉で発生。アメリカでも2003年発生。日本はアメリカ産牛肉の全面輸入禁止の措置をとり、日米間の政治問題となった。同一病原体によるものと考えられるヒトのクロイツフエルト・ヤコブ病による死者は約170名

 私はこのころのことを覚えているが、世界は猖獗(しょうけつ)を極めた。しかるに日本はなぜ逆の動きをしたのか?日本獣医師連盟が中心となって政界・官界をはじめ様々な工作をしたとしか考えられない国民益に反する行為である。それを明らかにする必要がある。


 2010年には宮崎県で口蹄疫(こうていえき)が大発生。時の民主党政権の不手際(赤松農水相)もあり、非常事態宣言を発令。自衛隊の出動を要請。被害を受けた農場は1300軒近く、殺処分された家畜は約29万頭、県東部5町ではすべての牛と豚がいなくなった。

 このころ対岸の愛媛県の知事は加戸守行(かと・もりゆき)(在位1999年1月28日~2010年11月30日)。獣医師が足りなくて鳥インフルエンザ、口蹄疫の防疫に大変苦労し、国会でも証言したが、テレビ朝日、TBS、NHKなどテレビ各局はほとんど取り上げず、朝日新聞、毎日新聞なども証言をほとんど報道しなかった倒閣運動のためだと思われる。日本のメディアはデタラメ!!


以上


プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子、足立康史、竜崎伸也ほか多数。

最新記事
カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター