FC2ブログ

韓国の田吾作②

韓国の田吾作
 産経新聞17年7月1日

 韓国議長「迷言」連発

..............................................................................................

韓国の田吾作②
 文喜相(ムン・ヒサン)韓国国会議長
 「慰安婦問題の解決には天皇の謝罪が必要」
 「天皇は戦争犯罪の主犯の息子」

韓国の田吾作②
  「鳩山元首相のように土下座して謝罪しろ」とも言ったらしい。

韓国の田吾作②
 産経新聞19年2月19日
 日本国民もやっとコリアンの異様さが分かってきたらしい。つき合いの長い人ほど嫌韓になっていく。
 それにしても、朝日新聞や弁護士の福島瑞穂、高木健一などはなんてことをしてくれたんだ!!

韓国の田吾作②
 産経新聞19年2月19日

 散々無礼な事を言っておきながら、
「日本は景気がいいのだから、査証(ビザ)を簡素化して、韓国の若者を日本企業で引き受けてほしい」と虫のいい話。非常に身勝手。




 
 韓国の田吾作②


 韓国の文喜相国会議長が日本に対して無礼な発言をした

 どういうわけか、この不細工な顔と名前に既視感がある。そこでネット検索してみた。ビンゴ!

 2017年8月26日のブログを再録します。

.......... ........... ..........


 韓国の田吾作


 日本の国会は二院制であるが、韓国は一院制らしい。日本では衆・参議院の議長ともなると、議員歴は20年以上、周りの人たちも認める、それなりの良識を備えた人がなっている。

 日本でも、市町村議会の議長あたりで、まれに田吾作、与太郎、ハっあん、熊さんのような人を見かけることがある。ところが、韓国では、唯一の国会議長であっても、そのような人でもなれるらしい。コリアン気質丸出し

 産経新聞2017年7月1日の記事を抜粋してご紹介します。


.......... ..........


 韓国議長「迷言」連発
 「平昌五輪に日本人観光客少なければ、東京五輪に韓国人行かせない」


 韓国国会の丁世均(チョン・セギュン)議長が6月7日に来日し、8日に大島理森(ただもり)衆院議長らと会談した際に、2018年平昌(ピョンチャン)冬季五輪への日本人観光客訪問を求め「もし少なかったら2020年東京五輪には一人の韓国人も行かせない」と述べるなど、不規則発言を繰り返して現場を混乱させていたことが分かった。

 それによると、韓国与党「共に民主党」幹部でもある丁氏は会談冒頭から「昨年は今回のような招待がなかった」と日本側の対応に不満を漏らした。その上で韓国の経済状態がよくないことを指摘。

 「日本は景気がいいのだから、査証(ビザ)を簡素化して、韓国の若者を日本企業で引き受けてほしい」と要求した。

 また、北朝鮮情勢が影響し、訪韓する日本人観光客が減っていることを「よくない」と指摘。「平昌五輪に日本人観光客がたくさん来るよう努力してほしい。もし少なかったら、東京五輪には一人の韓国人も行かせない」と述べたという。

 さらに、歴史問題にも言及し、先の大戦で旧日本軍の兵士・軍属として終戦を迎え、いわゆる「BC級戦犯」とされた韓国人への戦後補償についても「ちゃんとやってほしい」と取り組みを求めた。


 韓国の文喜相(ムン・ヒサン)大統領特使が5月18日に安倍首相を表敬訪問した際には、首相が座った椅子が文氏の椅子より少し大きくデザインが異なっていた。これを気にした丁氏サイドが「首相と韓国議長の椅子を同じものにしてほしい」と要請してきたため、丁氏の表敬時には同型の椅子を用意した。

 安倍首相と丁氏が「同格」であると演出する狙いがあったとみられるが、外務省関係者は「韓国大使館から杉山晋輔事務次官にまで『椅子をなんとかしてほしい』との電話がかかってきた。理解不能な反応だった」と話している。


以上


プロフィール

teccyan88

Author:teccyan88
団塊の世代(♂)。うどん県高松市生まれ。大学は京都。20数年の会社員生活(四国各地・東京・広島・福岡勤務、主として経営管理・企画畑を歩む)の後、早期退職しUターン。専門学校(3年)ののち自営業。
趣味:読書、水泳、水中ウォーキング。
尊敬する人(敬称略):空海、緒方洪庵、勝海舟、大久保利通、司馬遼太郎、盛田昭夫、小倉昌男、佐々木常夫、西原理恵子、足立康史、竜崎伸也ほか多数。

最新記事
カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
リンク
カウンター